茂原市で初開催! もばらキッズラクロス体験会【茂原市】

 皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴム製のボールを奪い合い、相手陣のゴールに入れることで得点を競う球技です。日本ではまだマイナーなスポーツですが、漢字で棒網球または袋球と表記されます。

 11月13日(日)、茂原市では初めての「もばらキッズラクロス体験会」が茂原市民体育館で開催されました。講師は大学でラクロス部に所属していた社会人10名。4歳から10歳までの幼児、小学生11名が参加しました。

 まずは参加者でラクロスの試合の模様をYouTubeの動画で視聴。「すごい」「意外と激しい」「格闘技みたい」といった感想が聞かれました。この後、準備体操を兼ねて腰のベルトに付けた紐を奪い合う「シッポ取り」という鬼ごっこや、クロスでボールを投げるための練習として、ボンバーというビニール袋を投げたりしました。

 次はクロスでボールを受け取るパスキャッチの練習。最初は講師が子供たちの持つクロスをめがけてボールを投げていましたが、慣れてくると子供たちは、自分で動いてクロスにボールをキャッチ。講師からも「凄い!」「上手!」等、ほめられていました。

 続いて子供たち同士で、ボールを投げる人とクロスでキャッチする人に分かれての練習。さらにクロスでボールを投げてクロスでキャッチする練習も行いました。少し高度になり、子どもたちもなかなか簡単にはできない様子です。クロスの扱いにだいぶ慣れたところで、クロスの中のボールを少し離れたゴールへ投げ入れるシュート練習もしました。シュートが決まった子どもたちは、嬉しそうにガッツポーズ!

 最後に赤チームと青チームに分かれ、初めてのラクロスの試合を経験。ジャンケンでボールを持つチームを決めると、子どもたちはすぐに相手ゴールめがけて突進します。途中でボールを奪うと、今度は反対側のゴールに突進。皆でボールを追いかけて右往左往、大騒ぎです。子どもたちの走る方向が目まぐるしく変わり、観戦していたお父さん、お母さんたちからは「頑張って」の声援とともに、「凄い」と驚きの声も上がっていました。結果は、最初の試合が3対1で赤チームの勝ち、2回目の試合は1対1で引き分けでした。

 初めてラクロスを体験した子どもたちは、「面白かった!」「すごくきつかったけど、またやりたい!」「みんなと一緒に試合がやれて、すごく楽しかった」などの感想で、大好評のうちにイベントは無事終了。次回の体験会は来年1月15日㈰、茂原市民センターで開催されます。ラクロスに関心ある方はぜひご参加ください。(文・井上仁志)

 

問合せ:もばらキッズラクロス体験会・井上
Tel.080・2213・9215

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  2. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  3.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  4.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  5.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  6.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  7.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  8. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る