重曹が魅せる本当の底力を知っている?

 年末の大掃除に向けて、昨年末に八幡公民館主催で行われたのは『エコ掃除法』講座。公民館の綺麗なコンロやグリルに汚れをつけるため、初めに受講者たちは簡単な調理を行った。その後、講師の栗城禅さんがエコ掃除法を伝授。「今回は重曹とウーロン茶を使った掃除法を紹介します。テレビで有名になった掃除法でセスキ炭酸ソーダなどがありますが、まずは重曹を試すことをオススメします」と栗城さん。
 重曹はしつこい油汚れ・こげつき・茶渋を落とす効果がバツグン!使用方法は以下の通り。スプーン数杯分に水を少しずつ混ぜ、クレンザーほどの柔らかさにする。調理で使用したグリル部分の扉・下火カバーを分解したらそれぞれに重曹を適量垂らす。ラップで包んで5分ほど放置したあと、取り外したラップをスポンジ代わりに使って汚れを落とす。
 「口に入れても大丈夫なものだから安心ですね!」、「一見わからないけれど、こんなに汚れていたんですね」との受講者の声に、栗城さんも「シンク周りもこれで綺麗になります。使用したラップを使うのもエコですよ」と話す。
 また、油汚れに強力な効果を持つのがウーロン茶。食卓の食べ残しなど汚れた部分に数滴垂らし、全体的に塗り広げてからふき取るだけで油がスッキリ除去されていた。「ウーロン茶は賞味期限が切れていないけれど開封して日にちも経ってしまい、飲むのが心配なのを使うとこれもエコ!」と小さな知恵も。簡単にできるこの掃除法を普段からしていれば、年末の大掃除は必要ないかも!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る