重曹が魅せる本当の底力を知っている?

 年末の大掃除に向けて、昨年末に八幡公民館主催で行われたのは『エコ掃除法』講座。公民館の綺麗なコンロやグリルに汚れをつけるため、初めに受講者たちは簡単な調理を行った。その後、講師の栗城禅さんがエコ掃除法を伝授。「今回は重曹とウーロン茶を使った掃除法を紹介します。テレビで有名になった掃除法でセスキ炭酸ソーダなどがありますが、まずは重曹を試すことをオススメします」と栗城さん。
 重曹はしつこい油汚れ・こげつき・茶渋を落とす効果がバツグン!使用方法は以下の通り。スプーン数杯分に水を少しずつ混ぜ、クレンザーほどの柔らかさにする。調理で使用したグリル部分の扉・下火カバーを分解したらそれぞれに重曹を適量垂らす。ラップで包んで5分ほど放置したあと、取り外したラップをスポンジ代わりに使って汚れを落とす。
 「口に入れても大丈夫なものだから安心ですね!」、「一見わからないけれど、こんなに汚れていたんですね」との受講者の声に、栗城さんも「シンク周りもこれで綺麗になります。使用したラップを使うのもエコですよ」と話す。
 また、油汚れに強力な効果を持つのがウーロン茶。食卓の食べ残しなど汚れた部分に数滴垂らし、全体的に塗り広げてからふき取るだけで油がスッキリ除去されていた。「ウーロン茶は賞味期限が切れていないけれど開封して日にちも経ってしまい、飲むのが心配なのを使うとこれもエコ!」と小さな知恵も。簡単にできるこの掃除法を普段からしていれば、年末の大掃除は必要ないかも!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る