重曹が魅せる本当の底力を知っている?

 年末の大掃除に向けて、昨年末に八幡公民館主催で行われたのは『エコ掃除法』講座。公民館の綺麗なコンロやグリルに汚れをつけるため、初めに受講者たちは簡単な調理を行った。その後、講師の栗城禅さんがエコ掃除法を伝授。「今回は重曹とウーロン茶を使った掃除法を紹介します。テレビで有名になった掃除法でセスキ炭酸ソーダなどがありますが、まずは重曹を試すことをオススメします」と栗城さん。
 重曹はしつこい油汚れ・こげつき・茶渋を落とす効果がバツグン!使用方法は以下の通り。スプーン数杯分に水を少しずつ混ぜ、クレンザーほどの柔らかさにする。調理で使用したグリル部分の扉・下火カバーを分解したらそれぞれに重曹を適量垂らす。ラップで包んで5分ほど放置したあと、取り外したラップをスポンジ代わりに使って汚れを落とす。
 「口に入れても大丈夫なものだから安心ですね!」、「一見わからないけれど、こんなに汚れていたんですね」との受講者の声に、栗城さんも「シンク周りもこれで綺麗になります。使用したラップを使うのもエコですよ」と話す。
 また、油汚れに強力な効果を持つのがウーロン茶。食卓の食べ残しなど汚れた部分に数滴垂らし、全体的に塗り広げてからふき取るだけで油がスッキリ除去されていた。「ウーロン茶は賞味期限が切れていないけれど開封して日にちも経ってしまい、飲むのが心配なのを使うとこれもエコ!」と小さな知恵も。簡単にできるこの掃除法を普段からしていれば、年末の大掃除は必要ないかも!?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…
  2.  12月13日(日)、山武市蓮沼交流センターにおいて同センター主催の『米粉いらずのお米蒸しパン教室』が開催された。新型コロナ感染予防のため、…
  3.  里山では紅紫色の花が咲き始める頃である。高さ20~50センチのケシ科キケマン属でムラサキケマン(紫華鬘)。「華鬘」とは仏前にいつも花が飾っ…
  4.  毎年11月から翌年4月くらいまでの、いまだ気温が低いうちに、ハーブをたっぷりと刷り込んだベーコンを数回に分けて作りおきしています。真空パッ…
  5.  菜の花ACはスポーツの普及、振興、強化ならびに健康づくり活動の支援事業を目的に昨年10月設立。千葉県を中心として活動している。同時に陸上競…
  6.  水辺でよく見かけるアオサギ。日本で見られるサギの仲間の中で最も大型で、長い首とスラリとした足が特徴だ。体長95センチ前後、翼を広げると1メ…
  7. 「梅ケ瀬」それは広く知られた紅葉の景勝地、そして市原には珍しい、つららを始めとする氷の渓谷でもある。養老渓谷駅の先を右に回って進み大福山の下…
  8.  森の中での生活に薪ストーブは欠かす事は出来ません。木々に囲まれた生活をする理由の1つには薪で暖を取りたい事も含まれていました。木は二酸化炭…
  9.  2015年に運行を開始したトロッコ列車「房総里山トロッコ」は、土休日を中心に五井~上総牛久~養老渓谷間を走り、開放感あふれる車窓から、春は…
  10.  国の天然記念物で、国際地質科学連合IUGSが国際境界模式地(GSSP)として承認した地磁気逆転地層・チバニアン。市は多くの人が来訪し交流で…

ピックアップ記事

  1.  山武市南部の海沿いに位置する緑海(みどりみ)地区。同地区を流れる木戸川の堤防沿いには、120本のカワヅザクラが植えられている。並木は同地区…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る