トロッコ列車で里山の春を満喫

 昨年11月中旬、運行スタートした小湊鉄道のトロッコ列車。車輪部分の一部が破損し、運行休止となるトラブルに見舞われたものの、昨年中には安全確認は終了し、当初の予定通り、3月18日の運行再開となった。これからの季節、沿線の菜の花や桜を楽しみに乗車を待ちわびた人は多いことだろう。
 運行日は3月18日(金)から12月23日(金)までの(金)・(土)・(日)と(祝)(※6月17日、9月16日、12月16日は除く)と、3月28日、31日、7月21日から8月29日までの(月)・(木)。
 トロッコ列車は定員制。全ての車両の天井は大部分がガラス張りで明るさが自慢。窓ガラスのない開放感抜群の展望車は40名、窓付きの車両は32名。
 受付は乗車日の1カ月前の午前10時から2日前の午後4時まで。インターネット及び予約電話にて(里山トロッコ係 TEL0436・23・5584 受付時間10~16時)。ネットや電話で予約し、乗車当日、トロッコ乗車駅で整理券を購入する。団体(25名以上)受付は専用の申込用紙をウェブよりダウンロードしてファックスで送る(FAX 0436・22・7650)。また、あらかじめ、電話で空席の確認を。
 運行は金曜が2往復、土日曜・祝日は3往復の予定。乗車券の他に整理券(500円)が必要。当日券は空席のある場合のみ発売。
 トロッコ列車の運転区間は、上総牛久駅から養老渓谷駅。五井駅から乗車の場合は、トロッコ接続列車に乗車。上総牛久駅で接続する。トロッコ列車の停車駅は、上総牛久駅、里見駅、養老渓谷駅。それ以外の駅での乗り降りはできない。
 各駅停車でなくとも、沿線住民の皆さんの歓迎ムードは温かく、トロッコ運行日、列車が通ると線路沿いの庭先や畑から、笑顔で乗客に手を振る姿が多く見られた。
 さて、列車の旅といえば駅弁。基本的に毎週土日曜に、里見駅で駅喫茶と産直野菜販売を行っている、地元のボランティア団体・喜動房倶楽部の皆さんが『里山トロッコ弁当』の販売を始めた(500円)。1日30食限定。また、列車内にテーブルはないため、弁当を食べやすくと、『マイ盆』も(800円)。首から下げるタイプなので、両手が使えて便利。弁当を置く以外にも色々使い道はありそう。里山トロッコ弁当の他にも、里見駅限定販売品として人気があるのは、タブレットキャリア型キーホルダー。要チェック。
 春の週末、是非、話題のトロッコ列車に乗って、車両を吹き抜ける風に里の春を感じてみては。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る