楽しく脳トレ、認知症予防

 5月19日に、ちはら台コミュニティセンターで主催講座『脳トレクラブ~若返り脳をつくろう』が開かれ、19名の参加者が、認知症の予防につながり治療法ともなる脳トレを体験した。市がシルバー人材センターに委託している事業『脳の健康教室』の一環で、継続して行うことが重要であることから、受講をきっかけに地域に根差したサークルの立ち上げにつなげようというもの。
 脳トレに先立ち、市高齢者支援課の職員が同事業と認知症について説明。国内では10年後、認知症の有病者数は約700万人と推計される。65歳以上の5人に1人が認知症になる可能性があるという。認知症予防に効くとされているのは運動、人との交流、バランスのとれた食事とあともうひとつ、脳を使う生活習慣をつけること。公文教育研究会学習療法センターの研究では、読み書きや簡単な計算の繰り返しが認知症の予防に役立つというデータが出ている。
 実践として、参加者2名につきシルバー人材センターのスタッフが1名つく形態で、小学1年生で習うような簡単な計算、音読、1から100までの数字が書かれたマグネットをランダムに取り、数字板に順に並べていくトレーニングが行われた。時間を計るものもあり「緊張するけど楽しいわね」と参加者。一通りトレーニングが終わると「どこにお住まい?」など他愛ない世間話に夢中になる。市内各地で開かれている『脳トレクラブ』に何度も参加しているという男性は「スタッフがいつも明るく笑顔で迎えてくれ、対応してくれるので楽しい気分になる。人とコミュニケーションがとれるいい機会になっている」と話した。
 最後は4×4のマス目に果物の名前を書いていくビンゴゲームで大盛り上がり。「あった、ビンゴ!」と笑い声と活気あふれる雰囲気で今回の講座は終了。脳が活性化されたこと、間違いなし。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る