楽しく脳トレ、認知症予防

 5月19日に、ちはら台コミュニティセンターで主催講座『脳トレクラブ~若返り脳をつくろう』が開かれ、19名の参加者が、認知症の予防につながり治療法ともなる脳トレを体験した。市がシルバー人材センターに委託している事業『脳の健康教室』の一環で、継続して行うことが重要であることから、受講をきっかけに地域に根差したサークルの立ち上げにつなげようというもの。
 脳トレに先立ち、市高齢者支援課の職員が同事業と認知症について説明。国内では10年後、認知症の有病者数は約700万人と推計される。65歳以上の5人に1人が認知症になる可能性があるという。認知症予防に効くとされているのは運動、人との交流、バランスのとれた食事とあともうひとつ、脳を使う生活習慣をつけること。公文教育研究会学習療法センターの研究では、読み書きや簡単な計算の繰り返しが認知症の予防に役立つというデータが出ている。
 実践として、参加者2名につきシルバー人材センターのスタッフが1名つく形態で、小学1年生で習うような簡単な計算、音読、1から100までの数字が書かれたマグネットをランダムに取り、数字板に順に並べていくトレーニングが行われた。時間を計るものもあり「緊張するけど楽しいわね」と参加者。一通りトレーニングが終わると「どこにお住まい?」など他愛ない世間話に夢中になる。市内各地で開かれている『脳トレクラブ』に何度も参加しているという男性は「スタッフがいつも明るく笑顔で迎えてくれ、対応してくれるので楽しい気分になる。人とコミュニケーションがとれるいい機会になっている」と話した。
 最後は4×4のマス目に果物の名前を書いていくビンゴゲームで大盛り上がり。「あった、ビンゴ!」と笑い声と活気あふれる雰囲気で今回の講座は終了。脳が活性化されたこと、間違いなし。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る