大切なのは、勝ちたいと思う気持ち

県内で唯一の中学生女子ソフトボールクラブチーム『市原コスモジュニア』

 昨年末に東海大学付属望洋高校で行われた『第9回望洋杯ソフトボール大会』。予選リーグを3勝1敗で勝ち抜き、リーグ決定戦と決勝リーグを圧勝で制し見事に優勝を決めた『市原コスモジュニア』。県内で唯一の中学生女子ソフトボールクラブチームだ。現在の選手は男子1名を含む、わずか12名。男子は公式試合に出ることはできないが、練習を共にしている。小学生の頃、全国大会に出場した選手を中心に、君津市、八千代市、千葉市など県内各地から集まってきた。と書くと、厳しい練習を毎日こなしている強豪チームを思い浮かべるかもしれないが、練習風景を見たところ、特にがむしゃらに頑張っているイメージはない。「もちろん厳しくする時には厳しくしますが、普段はのびのび、仲良くやっている感じですね」と監督の石峯玄規(げんき)さんと監督のサポート及びチーム世話役の金城弦(きんじょうげん)さん。練習は毎週土日と祝日のみ。八幡運動公園サッカー場ほかのグラウンドで行っている。あとはランニングや素振りなど、放課後それぞれの生活に合った自主練を行っているだけ。「特別に厳しい練習はしません。強さの秘訣は勝ちたいと思う気持ちの強さ」と話すが、優勝を決めた『望洋杯』1日目の予選リーグでは、その勝ちたいという気持ちが見えなかったという。ゆえに船橋市立船橋中学校に1敗を喫した。「立ち上がりの雰囲気が悪いことが多く、序盤に先制点を許してしまうことが課題」だと石峯さん。しかし、その反省を生かし、2、3日目からは好スタートを切ることができた。守備時にもしっかりと掛け声が出ていて、プレー一つひとつに丁寧さが見られた。結果、決勝リーグでは市原市立国分寺台中学校に5対0で、習志野市立第二中学校には10対1という大差をつけての勝利となった。
『市原コスモジュニア』の創設は平成23年。市原市内の中学校ソフトボール部の減少を危惧した千葉県ソフトボール協会事務局長の鈴木恒行さんが立ち上げた。現在、市内の中学校でソフトボール部が設けられているのは5校だけだという。小学生の頃にソフトボールをやっていても、卒業後に続けられる環境がない。続けてプレーしたいと思っている子たちのためにと創られた同チームは男子1名、女子1名でのスタートだった。以降、市原市ソフトボール協会からの支援を受け、一般のレディース大会に参加するなど地道に活動を続け、徐々に部員を増やしていった。そして2014年度に漸く9名に達し、チームとして試合に参加できるように。当時在籍していた男子は現在、千葉敬愛高校の男子ソフトボールクラブに所属し、国民体育大会やインターハイにも出場している。
 2014年度は『全日本中学生大会』千葉県予選で準優勝した。現在は、今年の8月に行われる同大会に向けて練習に励んでいる。
 勝浦市立北中学校2年、キャプテンの中村奏さんは同チームメンバーのことを「一人ひとり個性があって、ソフトボールに熱い情熱を持っている。お互いのことを思いやり、認め合っているいい仲間」だと話す。勝利の喜びを共に分かち合う瞬間が最高に楽しいのだとか。唯一の男子選手、市原市立辰巳台中学校1年の佐久間輝くんはピッチャー。「様々なタイプのバッターから三振を取れるようなピッチャーになりたい」と抱負を語った。
 同チームの監督とコーチは、市原市ソフトボール協会公認の現役選手と監督の6名。全国大会経験者ばかりで信頼が厚い。県内のソフトボール普及に尽力している鈴木さんは「千葉県内で強いソフトボールチームを作ることが目標。将来、ソフトボールがオリンピック種目に認定されるかもしれない。未来のオリンピック選手を輩出できれば」と話し、『市原コスモジュニア』について「チームワークがよく、和気あいあいとした雰囲気です。経験者でなくてもソフトボールが好きなら楽しくやっていけますよ」と笑顔で呼びかける。少年野球経験者も大歓迎。3月15日(日)に市原市の八幡運動公園サッカー場で午前9時から体験練習会あり。

問合せ 鈴木さん
TEL 090・1421・8198

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る