シャガ 日陰に咲く虹

 これからの季節、人家近くの雑木林の林縁や道端などの湿った木立の日陰で、可憐で輝くように咲くシャガを見ることができます。暗いところで見るとパッと明るい感じがします。名前も知らずにはじめて見た時は、繊細なフリル状の花弁、白、オレンジ、青紫の鮮やかな色合いに思わず目を引かれました。
 シャガは、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブなどと同じアヤメ科。林内などに群生することが多い常緑の多年草。花期は4月から5月、花は朝開いて夕方にはしぼむ。葉は光沢のある平べったいシャープな剣形をしています。学名はアイリスジャポニカ。アイリスはギリシャ語で虹を意味します。つまり「日本の虹」です。名前からして日本を代表するようなとても美しい名ですが、原産地は中国で、古い時代に日本に渡来した帰化植物と言われています。
 シャガは、結実しないため種子繁殖しません。それは細胞内の染色体が3倍体であるためです。種子繁殖する植物は、通常、2倍体の偶数倍数体で、減数分裂をして正常な生殖細胞を作ることができますが、3倍体は減数分裂がうまくできず、生殖細胞が正常にできないため種子ができません。その代りに根茎を伸ばし、その先に芽を作って繁殖しています。このため日本のシャガは、遺伝子的に均一であるかもしれないと言われています。
 ほぼ全国に分布するシャガは、種子繁殖できないことから、古い時代から何らかの方法で人の手によって分布が広がったと考えられています。どんな人がどんな思いでその場所に植えたのか。悠久の時間の中で人とのかかわり合いを感じる植物です。

ナチュラリストネット/時田 良洋

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る