知って損することはひとつも無い!あなたは大丈夫?

 5月30日(土)、市原市勤労会館(Youホール)では市原市主催で『消費者のつどい いちはら2015』が開催された。昭和43年5月に国民の消費生活の安定と向上を確保することを目的とした『消費者基本法』が制定され、10周年にあたる昭和53年から毎年5月30日は『消費者の日』とされ、さらに10年後の昭和63年からは5月を『消費者月間』と定めた。以後毎年、さらに消費者保護を推進するために統一のテーマを掲げ、全国的に消費者月間記念行事が行われている。平成27年度のテーマは『みんなでつくろう!消費者が主役の社会!』。市原市では2時間半にわたって、ぷろぺら雑技団による寸劇と粂智仁さんによる講演会がプログラムに盛り込まれた。
 ぷろぺら雑技団による寸劇は、『わたしは大丈夫!?悪質商法、詐欺があなたを狙っています』と題して、加藤明さんと千春さん夫婦、そして娘の郁美さんの3人が演じた。近年社会問題にもなっている『オレおれ詐欺』や、まさか詐欺だとは思わない『大当たり商法』、不幸が起こるとついすがりついてしまうかもしれない『霊感商法』など様々な詐欺をコミカルに分かりやすく紹介。千春さんのギターに合わせて、明さんが「電話を切って、家族に電話。絶対金は振り込まない」など歌いあげ、詐欺の撃退方法を声高に訴えた。1つが周知されるとまた新たな手口が生まれる詐欺商法。劇を終えた3人は、「これを見たことで、少しでも気をつけようと思ってもらえたら嬉しい」と声を揃えた。
 また、行政書士として活躍する粂さんは、『老後の備え。上手な人生のたたみ方』をテーマに講演を行い、超高齢化社会でいかに上手に生きていくかを紹介。『介護保険の仕組み』や『遺言書の大切さ』、『生前贈与のポイント』などを流暢に解説、聴講者からは驚きや時には笑いの声が聞こえた。「身内が亡くなって3カ月のみ相続の放棄は可能です。プラスの財産はいつでもいらないと言えるけど、借金などマイナスのものはそれを過ぎると逃れられません」、「相続税の申告は10カ月以内にしなければならないが、手続きはいつでもいいんです。ただ、放っておくと相続人は増えてしまいますよ」など普段はなかなか得ることのできない知識に、メモを取る人の姿も見られた。「これからどう動くのか、そのきっかけにしてもらえたら」という粂さんに、聴講者からは「成年後見人は誰がなれるんですか。契約費用はどれくらいなんですか」などの質問が飛んだ。身を守るための知識、家族を守るための法律、聴講者たちはかけがえのない情報が得られただろう。『消費者月間』に限らず、自らが知識を得ようとする姿勢が、今の社会では一番必要なことなのかもしれない。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る