市原市で初の試み 介護就職面接会開催

 2月27日(金)、市原市勤労会館で『介護就職面接会』が開かれ、市内周辺介護事業所12社が集まり、介護の仕事への就職を希望する人たちから相談を受けたり、面接を行うなどした。
 市原市と千葉南公共職業安定所(ハローワーク)が共催で、介護に特化した面接会を行うのは初めてのこと。千葉南公共職業安定所の担当者は「このように多くの事業所が一堂に集まることは滅多にない。同じ介護福祉といっても事業所によって違いもある。是非、どんどん声を掛けて1人2、3社は相談だけでもしてみてほしい」と開会式で求職者に呼びかけた。
 会場内は事業所ごとに仕切られ、求職者は事前に配布された今回の求人一覧表を手に、希望する事業所のブースを回った。ある事業所の担当者は「今回は看護師とケアマネの求人を。看護は若い人の場合、新しい医療を学びたいと病院へ流れてしまい、中高年の有資格者が夜勤のない仕事をと施設に流れてくることもあり、うちもそうだったのだが、欠員が出たので求人を」と話した。
 また、求職者の1人は「昨春まで会社勤めで、介護の仕事は未経験だし資格も持っていない。でも、高齢の母が歩けなくなり、夫は脳溢血で左半身麻痺となり、2人の介護が必要で会社を辞めたものの、収入を得るために働かなくては。家族の介護でヘルパーさんに来てもらったことがあり、その時に明るく世話をしてくれる姿を見て、自分もこんなふうに仕事ができたらいいなと思った。それと今後、症状が悪化するかもしれない家族の介護にも役立つと考えた」と語った。
 他の求職者は「1回で何社も話しができて効率が良い。文面ではわかりづらいことも説明を受け理解できたし、個別の相談にものってもらえ有意義だった」と満足げな様子だった

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る