職人の気質を貫くことで味がでる

伝統工芸士 最首 實さん

 いすみ市大原在住の最首實さん(78)は、千葉県指定伝統工芸・建具組子の作り手として現在も作品を作り続けている。組子とは釘を使わずに木を組み立てる技法で、建具や欄間の格子などを構成する。
 建具店の長男として旧大原町に生まれた最首さんは、中学2年生の進路を定める時点で建具屋として生きていくことを決意していた。「親がやっていたので自然にあとを継ぐ環境にいました。とはいえ、親も内心やらせたいと思っていたみたいですが」と話す最首さん。3月1日から大原駅近くにある北土舎で開催されていた『最首實建具組子展』で、自身が制作した組子コースターを眺めながら、ひとつずつ過去を紡いでいく。「修業期間5年のうち、2年間は作業をさせてもらえなかった。見て覚えろ、というのが職人の教えだった」そうで、内心は『俺にもやらせろ!』と意気込みながら修業を積み、結果4年で仕事を覚えることができた。その後、都内の建具店に就業し多くを学び、25歳の時に最首建具店に戻ってきた。「親に教わったイイ仕事は残し、東京で視野を広くできた」と話す最首さん、職人気質の父親の教えは『人より速く、うまいものを作れ。お金はもらうものではなく、取るものだ』だったそうで、「職人には執着心が必要。ご飯の時間だからと言ってすぐ休憩するのではなく、考えがまとまるまで粘ることが大事」と続ける。
 現在は、家の構造から和室や床の間が大幅に減少している。そのため、繊細な技術に目を奪われるほどの建具組子とはいえ、高額なこともあり人々からは遠ざかりがちだ。だが、最首さんの組子は一味違う。組子コースターやサイコロ、知恵の輪のように組み合わせるパズルなど、初めて目にするものは多い。知恵の輪パズルは大人も子どもも楽しめ、脳の体操にもなる。『建具組子展』で行われた組子コースター作りの体験に訪れた一家。対象年齢より低い子どもが来た時にも、暇をもてあまさないように四角い木を渡してあげる。サイコロの目を書くように促し、どんな年齢であっても木で楽しめるような心づかいを忘れない。目で楽しむ、触って楽しむ。これが組子の最大の魅力なのかもしれない。
「今は建具店を息子に引き継ぎ、私は畑仕事に勤しんでいますよ。草むしりしたり、ね」と笑うが、作品への探究心は続いている。現役時代から『出来ないというのは職人の恥。まずはやってみる』という強い意志を持っていたので、図面が書けなくても制作に励んだ。「昔の職人は教えずに物だけ残したんです」という通り、どうすればうまくできるのかと考える力が自然と身についたのだろう。だからこそ、制作するのは『綺麗』なものばかりではない。最近一番嬉しかったのは、「組子展の最中に、外国人の方が売り物ではない飾りをとても気に入ってくれたこと」だとか。それは最首さんが『こうしたらどうなるかな』という好奇心から作った飾りで、目的をもった『形』ではない組子。それでも、「売り物でもなく、ただ置いておいただけなのに興味を持ってくれた。それが何かと聞かれても自分でわからない。それでも品物を認めてくれたようで幸せでした」と嬉しそうに語った。
 40歳の時に建具制作一級技能士資格を取得し、同年に千葉県技能検定金賞を受賞。63歳で千葉県伝統的工芸品に指定され、生粋の職人として生きてきた。そんな最首さんが危惧するのは、大事な物の観点をどうとらえるかということ。物が大量生産され、手が込んでいるからと重宝されなくなった。「手を抜くことは田舎でも浸透し、明日壊れてもいいから安くしてといわれることもあった」そう。加えて、「畳のへりを踏まないこと、障子が天気でしわになることなど知らない若者もいる。大学を出ても、自分たちが当たり前の知識として持っていたことを知らないと驚いてしまう」と話す。核家族が進んでいるのは現代の社会現象というものの、実際は老若男女が共に過ごし、知識を分け与えていくのが理想なのだろう。(松丸)

問合せ 北土舎 松村さん
TEL 090・6658・4898

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る