百人一首 新春に響く笑い声

 「きみぃーがぁーためぇー」こぶしをきかせた風情のある読み方に、やや気を引き締めながら札を目で追う。そして、「はい!」かけ声とともに元気よく手を伸ばす。
 1月23日、市原南ライオンズクラブ主催の『新春かるた会(百人一首)』が南総公民館で行われた。参加者は13名。上の句を読み上げている間に下の句が書かれた札を探すというルールを知らない人から、小学生以来久しぶりという人や競技かるた経験者まで様々。お手つきもOKの勝敗にこだわらないカルタ取りを楽しんだ。
 初戦は円になって乱取り。お気に入りの札を手に入れて喜ぶ人、「おーっと!」目の前の札を取られて悔しがる人、笑い声あふれる和気あいあいとした戦いが繰り広げられた。昼には同クラブ会員手作りの具だくさん豚汁を食べ、午後からは2チームに分かれて行う源平合戦を。後半は慣れてきたのか素早く手が出るように。勝敗にこだわらないとはいえ、札が残り少なくなると前のめりになり真剣な表情になる。最終の源平合戦では白熱した戦いを見せた。
 途中、近隣の小学校などで俳句の指導をしている白鳥忠俊さんが尾形光琳筆、金箔で縁取られた百人一首札のレプリカを披露し、その美しさに一同、目を見張る場面も。
 大人たちの間で奮闘していた小1の男子は「楽しかった。頑張って句をもっと覚えたい」と、ある女性は「初めは2枚しか取れなかった。この会に参加するために勉強しているのよ。古典に触れる楽しさがある」と笑顔で話した。
「老若男女問わず、かるたの輪が広がっていくといい。子どもの頃から百人一首に親しんでおけば、高校での古典の勉強もなじみやすいしね」と同クラブ会長の青木良光さん。来年の開催が楽しみだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る