VONDS通信 vol.7

7月2日(木)、市原市役所に表敬訪問

 市原市からは、6月7日の市原市長選挙で見事当選された、市原市長小出譲治様にお迎えいただき、当選のお祝い、VONDS市原現況報告、今シーズンの躍進を誓いました。
 VONDS市原会長 星野伊久雄、一般社団法人VONDS市原代表理事 下原正規、株式会社VONDS市原代表取締役 田中智志、取締役 永野佑一、ゼネラルマネージャー 西村卓朗、監督 木村哲昌、選手 坂本和哉、濱屋祐輝の8名。
 坂本キャプテンより「必ずJFL昇格し、僕たちが市原市の広告塔になり市原市を宣伝していきたい。またVONDS市原の選手が活躍し、子ども達の憧れとなるようなチームを目指しますので応援を宜しくお願いします。」と力強い挨拶。VONDS市原オリジナルTシャツも贈呈させていただきました。

【サッカー市民クラブVONDS市原】

VONDS市原FCは市原市で生まれ、地域の皆様に支えられて活動している市民クラブです。目標はJリーグ参入。市原市民の皆様と共にJリーグ昇格へ向けて奮闘しています!!今季、所属リーグは関東リーグ1部でJ3まであと1歩。そのリーグでは単独首位をキープしています。
魅力あるサッカーをお観せしますので、ぜひ会場にVONDS市原の試合を観戦に来てください!!

第51回全国社会人サッカー選手権大会遠征費、
寄付によるご支援のお願い

 2015年10月17日(土)~21日(水)岩手県で開催される「第51回全国社会人サッカー選手権大会」への出場が決定致しました。
 岩手県への遠征で選手・スタッフの遠征費用も大きな負担となっており、VONDS市原FCを応援してくれる皆様に遠征費用の寄付を広く募りたいと考えています。寄付金につきましては遠征費の補助に充てさせていただきます。何卒ご協力の程、よろしくお願い致します。
寄付金 1口 3000円~
振込先 千葉銀行 牛久支店 普通 3440779
株式会社VONDS市原 代表取締役 田中 智志
 
 また試合会場、イベント会場でも募金箱を設置し、寄付を募らせていただいております。
 皆様のご支援が、必ず選手の力になります。JFL昇格を達成する為にご支援をよろしくお願い致します。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  2.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  3.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  4.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  5.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  6.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  7.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  8.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る