VONDS通信 vol.7

7月2日(木)、市原市役所に表敬訪問

 市原市からは、6月7日の市原市長選挙で見事当選された、市原市長小出譲治様にお迎えいただき、当選のお祝い、VONDS市原現況報告、今シーズンの躍進を誓いました。
 VONDS市原会長 星野伊久雄、一般社団法人VONDS市原代表理事 下原正規、株式会社VONDS市原代表取締役 田中智志、取締役 永野佑一、ゼネラルマネージャー 西村卓朗、監督 木村哲昌、選手 坂本和哉、濱屋祐輝の8名。
 坂本キャプテンより「必ずJFL昇格し、僕たちが市原市の広告塔になり市原市を宣伝していきたい。またVONDS市原の選手が活躍し、子ども達の憧れとなるようなチームを目指しますので応援を宜しくお願いします。」と力強い挨拶。VONDS市原オリジナルTシャツも贈呈させていただきました。

【サッカー市民クラブVONDS市原】

VONDS市原FCは市原市で生まれ、地域の皆様に支えられて活動している市民クラブです。目標はJリーグ参入。市原市民の皆様と共にJリーグ昇格へ向けて奮闘しています!!今季、所属リーグは関東リーグ1部でJ3まであと1歩。そのリーグでは単独首位をキープしています。
魅力あるサッカーをお観せしますので、ぜひ会場にVONDS市原の試合を観戦に来てください!!

第51回全国社会人サッカー選手権大会遠征費、
寄付によるご支援のお願い

 2015年10月17日(土)~21日(水)岩手県で開催される「第51回全国社会人サッカー選手権大会」への出場が決定致しました。
 岩手県への遠征で選手・スタッフの遠征費用も大きな負担となっており、VONDS市原FCを応援してくれる皆様に遠征費用の寄付を広く募りたいと考えています。寄付金につきましては遠征費の補助に充てさせていただきます。何卒ご協力の程、よろしくお願い致します。
寄付金 1口 3000円~
振込先 千葉銀行 牛久支店 普通 3440779
株式会社VONDS市原 代表取締役 田中 智志
 
 また試合会場、イベント会場でも募金箱を設置し、寄付を募らせていただいております。
 皆様のご支援が、必ず選手の力になります。JFL昇格を達成する為にご支援をよろしくお願い致します。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…
  2.  現在ブームが続いているキャンプ。アウトドアで密にならないこともあり、キャンプ場だけでなく、自宅の庭などで楽しむ手軽なタイプも人気だ。ただ、…
  3.  千葉市緑区のホキ美術館では11月7日(日)まで、『STORIES─永遠の人物画展』を開催中。写実絵画を専門とする同館で最も所蔵が多い人物画…
  4. 木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9…
  5.  市原市在住、須田和人さんのスポーツ指導者としての実績が素晴らしい。市内の高校陸上競技部顧問として15年連続、計62種目、延べ128名をイン…
  6.  長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『…
  7.  皆さんはアリにキノコが生えるのをご存じですか? この写真はムネアカオオアリに寄生しているマルミアリタケです。森の中の朽木からミニチュアのミ…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る