せ み 遠山あき

 夏の夕方、涼風が心地よいころになると、いつも何処か遠くへと誘われていくような、そうして一抹の悲哀をかもし出すような、ヒグラシの「カナカナカナ」という啼き声を聞く。幼かった私はその啼き声に魅せられ、いつまでも立ち尽くして、その声に聞き入ったものだ。
 一匹が啼き出すと、誘われて森中のヒグラシが声を揃えて啼き出す。澄み切った声で、同じリズムで、同じ音程で山を一つにして声をそろえる。透明で、大きくはないのに遠くまで響きわたる啼き声だった。きっと、あれは私の生まれる前にも聞いた声なのかもしれないし、私の心のふるさとからの声なのかもしれない。理屈なしにそう思えてしまう。
 蝉は、七年もの間、地中で樹の根の栄養を貰って動かず生き続けて(あるいは眠り続けて)いるという。どうして地上へ出る時を知るのであろうか。七年という時間が何で分かるのだろうか。「その時」が来ると自ら掘り進み、地面に穴を開けて地上に這い出る。硬い茶色の殻を着ているが、やがてその背中が割れる。自分で割るのだろうか?そうして私たちの見る「蝉」になる。
 あの啼き声は、蝉の羽と羽をこすり合わせて出すのだという。でもその羽は、茶色のアブラゼミ、透明なミンミンゼミ、ヒグラシ、ツクツクホウシとあって、小型のもいるし、大ぶりのもいる。それぞれ自分の持った啼き声で歌う。声をそろえる蝉たちは、間違いなく仲間たちと同じ啼き方をする。ツクツクホウシにいたっては複雑な啼き方なのだが、どの蝉も絶対に啼き方を間違えない。地方によっていろいろに聞きなしているが、私は「オーシンチョコチョコ、オーシンチョコチョコ、チョコジンヨー、チョコジンヨー、ジーーー」と啼くのだと教えられた。
 どの種類の蝉も、同じリズムで同じ声で、心地良さそうに声を揃える。あの小さな羽根をこすり合わせるだけで、その蝉たちの固有な啼き方で歌い出すのだ。七年もの地中の生活からようやく出ても、地上での生命はわずか七日程度であるという。だからこそ、あんなに命の限り啼くのかもしれない。それぞれの独特の歌い方で啼きつくす。蝉の生命の、おのずからな叫び声なのだろうか……。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る