部屋の雰囲気ががらりと変わる オシャレな壁棚作成

7月5日(日)、市原市の加茂公民館で開催された『木工教室 壁棚を作ろう』に集ったのは男女8名。講座は、講師の伊藤三男(いとうみつお)さんによってセットされた地元産の杉板4枚を組み立てて壁棚を作る作業。
「簡単だと思ったけど、意外と難しいね!」と参加者が口々に話すほど緻密な作業は、約4時間に及んだ。まず、板2枚の中心を測り、印をつける。そして、両脇に取り付ける板の幅と8カ所の穴の位置を定める。電動ドリルで板に穴を開ける時は、初めて体験する女性に「機械は噛みつかないからゆっくりで大丈夫ですよ」と優しく話しかける伊藤さん。穴にネジを埋め込み、眼隠しとなるように、さらに木栓を詰める。ネジの埋め方次第で、中段に設置する板の具合に誤差が生じるので、板同士が直角にならないとやり直し!ここが一番の難関だったのでは。組立てができたら、電動やすりで全体をなめらかにして、ニスを塗って完成だ。「木目を綺麗に出したいので色はあまりつけませんが、スプレーで絵抜きをしても可愛いですね」と伊藤さんのアドバイス。「鎖をつけて、壁につるすのが楽しみです」、「家に帰ったら、これは自慢できますね」、「細かいところにも気を付けたので、愛着が湧きます」など、出来上がった作品に参加者も満足の表情だった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る