これぞ、乙女心をくすぐる可愛らしさ

 市原市宿在住の田中エツさん(89)は、数年前から始めた『貝のお雛様』と『九難猿』作りをしながら毎日イキイキと暮らしている。『貝のお雛様』は、ハマグリやホンビノスに顔と着物となる布をボンドで付けたお人形。『九難猿』は苦難が去るという縁起物で、南天の木に九匹の猿を乗せた可愛らしい置物だ。
 「どちらも人から貰った実物を見て、これなら私にもできそうだと見様見真似でやってみたのが始まりです。猿の頭はふうせんかずらの実で作っていますが、実自体が猿の顔なんです。最初に考えた人はすごいですよね」と田中さん。2年前に開催されたいちはらアート×ミックスにも出品をし、「珍しくて可愛い!」との声が多かったとか。「じっとしているより手を動かしているほうが楽しいし、集中できるから時間があっという間なんです」と笑う田中さんが作り上げた作品は数え切れず、色とりどりの着物を身に付けたお雛様や猿は、「プレゼントとしてあげると、とても喜んでもらえる」という。常連の姉ケ崎にある和食料理屋に提供した時には、「外国人のお客さんが来た時に、とっても可愛いと言われて、お店の方がプレゼントしてしまったみたいなんです。また持って行ってあげなくちゃ」と嬉しそうだ。
 型紙や針、糸を使わずに作れる『貝のお雛様』や『九難猿』。裁縫が苦手な人や子どもたち、お年寄りでも、慣れて根気が続けば作業できるのが魅力的。作品は内田未来楽校内のカフェで入手可能。もしくは田中さんへ直接問合せを。

問合せ 田中さん
TEL 0436・92・1546

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る