世代交代を繰り返し 北上するトンボ!! ウスバキトンボ

 開放的な湿地や水田の上、群れをなしてほぼ休みなく、比較的速い速度で飛翔する薄いオレンジ色のトンボがいる。アカトンボの仲間、ウスバキトンボである。後羽の基部が薄いオレンジ色であることから、「薄羽黄」が名前の由来であるとされる。日本全国で見られ、世界的にも広く分布する。
 特徴は、著しく早い成長と移動力、繁殖力であろう。成虫は夏から秋にかけて見られるが、他の多くのトンボ同様、冬前に死滅する。越冬するヤゴ(トンボ幼虫)だが、ウスバキトンボのヤゴは、文献によると、水温が7度以上でないと生息できないとされる。すなわち、本州では冬を越せない。では、どのように分布を広げているのであろうか?
 台湾や先島諸島といった冬でも比較的暖かい地域で羽化した一部が、気温の上昇とともに北へ飛来する。一気に長距離を移動するのではなく、交尾、産卵、羽化と何度も世代交代をしながらの移動である。文献によると、産卵から羽化まで30日前後、羽化後1週間ほどで交尾、すなわち約1カ月半で世代を繰り返す。その結果、お盆以降はおびただしい数となり、本州のあちこちで群飛する姿が見られる。しかし前述したように寒さに弱く、12月になると幼虫も含めピタッといなくなる。これまでの調査で、南方に戻るという行動は確認されていないようである。正に、北方への片道切符である。
 ウスバキトンボは、古くから日本人に親しまれ、お盆以降、多く群れ飛ぶ姿が見られることから、信心深い昔の人は「精霊(ショウリョウ)トンボ」や「ホトケトンボ」と呼び、「ご先祖様の霊がトンボに乗って里帰りされた」と大切に迎え、採ったりいじめたりすることを戒めてきたと言われる。生き物を大切に慈しみながら自然と共生してきた日本人独特の感性を、大切に継承していきたいものである。

(ナチュラリストネット/岡嘉弘)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る