写真を通じて市原の魅力を再発見!

 今夏、市原市写真連盟による合同写真展が、市内TTEC(ティーティック)ビル1階夢ホールにて開催された。
 同連盟は2008年、市原市内で活動する写真愛好家相互の親睦と技術の向上を図り、地域の文化・観光・産業・教育等に貢献する活動をすることを趣旨に設立された。
 主な活動は、合同写真展をはじめ、研修会や講演会などの実施と同時に、行政機関や団体との連携で、景観の創出やPRに協力すること。
 連盟には、姉崎写友会、市原市写真集団サイクルフォト、市原写友会、出光千葉写真部、辰巳写友会、フォトクラブ遊写、フォトサークルあゆみ、南市原写真クラブ(五十音順)の8団体が加入している。
 会場となった更級にある複合施設のホールは、道路に面したガラス張りのスペース。市原の町なかにあり交通アクセスも良く、施設の大きな駐車場も完備された、今、人気のコミュニティスペースだ。
 8月4日のオープニングセレモニーには、小出市長も訪れ挨拶をし、続いての関口武会長の挨拶のあと、テープカットを。その後、会場に展示された145点の作品を1点ずつ丁寧に観て回った。
「どうやったら、こんなふうに撮れるのですか?」、「水墨画のようですね。これが○○の場所とは驚きです」、「素晴らしいですね!こういう撮り方で、また違った印象になる」等、感想を述べたり質問をして、熱心に鑑賞した市長は全て観終わると「あらためて市原の魅力を伝える写真展だと思いました」とコメントし会場をあとにした。
 開催期間中は、市内外から大勢の来場者が訪れ、ゆったりと鑑賞していた。小学生の孫と来た男性は、「自分も写真に興味があり撮影もするので、勉強になると思い来ました」と言い、お年寄りの女性は「美しい郷土の写真を観ると誇らしい気分になるし、心が和みますね」と微笑み、女性2人組は「夫婦で撮影を楽しんでいます。一緒に撮影に行き、私がモデルになることも(笑)」と話した。
 また、来年も開催予定。クラブに入会希望の方はお気軽に問い合わせを。

問合せ 市原市写真連盟事務局 石川さん
TEL 0436・22・2277

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…
  2.  島根発祥の『2歳のお誕生日会』。メモリアルワークを通じて、2歳児のイヤイヤやイタズラの本当の理由を知り、子育てを楽しもうというもので、主に…
  3.  最近、街中の池でもよく見られるようになったオオバン。白色の嘴と額以外ほぼ全身黒色をした全長36センチ位の水鳥である。全身に斑や縞模様等が少…
  4.  古いレトロな郵便局の建物を活かし、まちづくりや育児サークルの活動、ギャラリーなどに使えるレンタルスペース『ギャラリー・プロジェクト長南』。…
  5.  千葉県内各地で福祉施設の運営を行っている社会福祉法人佑啓(ゆうけい)会。平成5年に市原市で開所した知的障害者施設・ふる里学舎をはじめ、通所…
  6.  以前、八十三歳になる恩師が、「出来の悪い子ほど親孝行。自分の足りなかったところを教えてくれた」と、我が子の子育てを振り返られて仰っていまし…
  7.  7月の日曜日の午後のひととき、上総更級公園の公園センターで、ハーブの活用法「ハーブクラフト」講習会が開催された。参加費、材料費は一切無料。…
  8.  新型コロナウイルスの感染拡大と昨年の台風被害から、今年は多くのイベントが中止。緑豊かな里山に囲まれた長柄町でも、多くの農園や組合、工房など…
  9.  関東鉄道協会主催、鉄道沿線地域の活性化に寄与しようと開催されているスタンプラリー。第10回となる今年は、関東を「東京」「千葉」「埼玉・群馬…

ピックアップ記事

  1.  昨年秋の相次ぐ台風と豪雨災害。何度も被災し一部区間が不通だった小湊鐵道が、3カ月間に及ぶ復旧作業によって、全線開通を果たしてから半年後の夏…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る