人生を面白くする十七文字【東金市】

 毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も高めだが、多くののメンバーが積極的に参加し楽しんでいる。「川柳は江戸時代中期に大ブームとなった文学。多くの庶民が投句し、選句されると反物などの賞品が提供されていました。今も昔も人情を表現する、五七五の世界一短い小説といえます。どれもその人の様々な知識と体験から生み出されるものなので、自分の人生を現す一句になりますね」と、講師の安延春彦さんは話す。
 安延さんは若いころから川柳や短歌に親しみ、時折投稿すると入選していたという。本格的に始めたのは65歳の定年後。朝日新聞全国版の『朝日川柳』や千葉版、地方紙などに投句し、掲載された作品は1000句以上。本紙の『お好きに川柳』も2007年8月号から連続入選し、記録を更新中だ。「ときがね川柳会は2008年に開講。会員には会社役員や教員、役所職員、美容師など、退職した方も現役の方もいます。どなたも頭脳と気は若く、東金市の広報誌に投稿し掲載されたりします。句作はどんな切り口で物事を見るか、どれだけ観察し、掘り下げ、どんなユーモアを効かせるか、です。その過程で興味や発見が増え、人生の面白さにもなっていきます。ですから10年以上と続く方が多いんです」と安延さん。
 会では毎月2つのお題で句を提出し、会員それぞれが匿名の作品に点数をつける。そこに安延さんが添削・加点、選句して表彰。さらに昔流行ったことや現在の社会情勢など、様々な話題を取り上げて勉強もするという。また、通常の活動のほかに年1回の文化祭にも参加。コロナ禍で開催されなかったこの2年間は、東金市の広報紙上で『川柳大会』を開催し、小学生~社会人まで多くの市民が応募、とても好評だったそうだ。会員は随時募集中、会費は月2000円。詳細は問合せを。

 

問合せ:安延さん Tel.090・4957・5595

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  2. 「茂原七夕まつり」に合わせ、「第4回茂原七夕まつりスリッパ飛ばし選手権」が開催されます。  子どもの頃、「明日天気になーれ」と叫びながら…
  3.  女優オードリー・ヘプバーンについての後半。主な出演作と受賞歴などを時系列でお届けします。  「ローマの休日」1953年(昭和28年)、監…
  4. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  5. 【写真】大人のサポートでよりダイナミックな動きが楽しめるファンクショントンネル  更級に『いちはら子ども未来館・通称we(…
  6. 【写真】「川面に映える」Ⓒ市原光恵  6月6日から11日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される…
  7.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  8.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る