薬剤師による健康談話

 9月から10月にかけて姉崎公民館主催講座『健やかに暮らそう』(全3回)が開かれた。初回の9月27日、参加者42人を前に『薬と健康について』を講義したのは市原薬業会代表で薬剤師の井口昌樹さん(75)。
 高齢者で数種類以上の薬を服用する人は多い。薬局を営み漢方薬の専門家でもある井口さんは、複数の病院から処方された血圧の薬を重複して飲み、認知症のような症状がでたお年寄りの例などをあげ、「お薬手帳を管理し、かかりつけ薬局をつくり、薬剤師に相談してほしい」と話す。「でも相談は無料だから薬局は儲からないよ」との言葉に会場からは笑いが。 体を温めたり、冷やしたりする食物の陰陽と病気の関係、お茶を巡る戦争についてほか、井口さんは漢方と健康にまつわる話を次から次に幅広く語る。「菊の花を乾燥させたお茶は首から上の血行がよくなり、視力、耳鳴り、めまい、認知症に効果がある」。「お茶は種類にかかわらずガンや心疾患の発生率を押さえる、血圧を安定させるなどの作用がある」など話すと参加者は熱心にメモを取っていた。「昭和7年、100歳以上の高齢者は日本にたった17人。彼らは良く働き、お酒をたしなんだ。但し量は1合以下、たまの飲み会でも大酒はしない」と健康長寿の秘訣も説いた。
 講座は『皆で学び、考え、やってみよう』がもうひとつのテーマ。2回目は労災病院リハビリ科による転倒防止体操、3回目は鉄道博物館と川越へのバスツアーで、車中にて再び井口さんの話を聞いた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る