草丈なんと4メートル セイコノヨシ

 今の時期、川の土手やその近くに、背丈ほどに伸びたアシやススキより高く飛び出た茎の先端に花が咲いていれば、それはセイコノヨシ(西湖の葦)かもしれない。
 西湖とは中国の湖の名前。斜め上に突きあげるような葉の形が特徴。葉先が垂れ下がるヨシとは形が異なるので、何となく違う種類と感じている方は多いが、名前まで知っている人は少ない、と云うかほとんどいない。
 イネ科ヨシ属の多年草で、丈が4メートルにもなることから別名セイタカヨシ。夏に入ってから草刈りを行ったところのものでも2メートルぐらいに育つ。花序の長さ3070センチ、花序の先端までなら5メートル近くになるものもある。花軸から放射状に出た枝に長さ58ミリの小穂が密につく。紫色の小穂はやがて灰褐色になる。葉の長さ4070センチ、幅24センチ。
 おもに根茎によって繁殖し、地中をはって広がり根茎は長い。春に芽吹き、1年目の秋には直立した茎の頂部に花が咲く。茎の径12センチ、断面は円形で中空。2年目の春に節目から枝を伸ばす。その頃には茎が木化して竹と見紛う形になる。2年目の秋、枝に花は咲かない。2年目のセイコノヨシが竹と大きく異なるのは2点。頂部に残る枯れた花序と茎の断面。
 ヨシズの両端の太いところには、節目が滑らかで丸いセイコノヨシが使われる。お持ちの方は確かめてみるといい。竹と見られがちだがよく見れば少し異なる。身近な所で利用されている野草なのだ。市原の自然は豊かで素晴らしい、いつまでも大切に残したい。

(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る