草丈なんと4メートル セイコノヨシ

 今の時期、川の土手やその近くに、背丈ほどに伸びたアシやススキより高く飛び出た茎の先端に花が咲いていれば、それはセイコノヨシ(西湖の葦)かもしれない。
 西湖とは中国の湖の名前。斜め上に突きあげるような葉の形が特徴。葉先が垂れ下がるヨシとは形が異なるので、何となく違う種類と感じている方は多いが、名前まで知っている人は少ない、と云うかほとんどいない。
 イネ科ヨシ属の多年草で、丈が4メートルにもなることから別名セイタカヨシ。夏に入ってから草刈りを行ったところのものでも2メートルぐらいに育つ。花序の長さ3070センチ、花序の先端までなら5メートル近くになるものもある。花軸から放射状に出た枝に長さ58ミリの小穂が密につく。紫色の小穂はやがて灰褐色になる。葉の長さ4070センチ、幅24センチ。
 おもに根茎によって繁殖し、地中をはって広がり根茎は長い。春に芽吹き、1年目の秋には直立した茎の頂部に花が咲く。茎の径12センチ、断面は円形で中空。2年目の春に節目から枝を伸ばす。その頃には茎が木化して竹と見紛う形になる。2年目の秋、枝に花は咲かない。2年目のセイコノヨシが竹と大きく異なるのは2点。頂部に残る枯れた花序と茎の断面。
 ヨシズの両端の太いところには、節目が滑らかで丸いセイコノヨシが使われる。お持ちの方は確かめてみるといい。竹と見られがちだがよく見れば少し異なる。身近な所で利用されている野草なのだ。市原の自然は豊かで素晴らしい、いつまでも大切に残したい。

(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る