草丈なんと4メートル セイコノヨシ

 今の時期、川の土手やその近くに、背丈ほどに伸びたアシやススキより高く飛び出た茎の先端に花が咲いていれば、それはセイコノヨシ(西湖の葦)かもしれない。
 西湖とは中国の湖の名前。斜め上に突きあげるような葉の形が特徴。葉先が垂れ下がるヨシとは形が異なるので、何となく違う種類と感じている方は多いが、名前まで知っている人は少ない、と云うかほとんどいない。
 イネ科ヨシ属の多年草で、丈が4メートルにもなることから別名セイタカヨシ。夏に入ってから草刈りを行ったところのものでも2メートルぐらいに育つ。花序の長さ3070センチ、花序の先端までなら5メートル近くになるものもある。花軸から放射状に出た枝に長さ58ミリの小穂が密につく。紫色の小穂はやがて灰褐色になる。葉の長さ4070センチ、幅24センチ。
 おもに根茎によって繁殖し、地中をはって広がり根茎は長い。春に芽吹き、1年目の秋には直立した茎の頂部に花が咲く。茎の径12センチ、断面は円形で中空。2年目の春に節目から枝を伸ばす。その頃には茎が木化して竹と見紛う形になる。2年目の秋、枝に花は咲かない。2年目のセイコノヨシが竹と大きく異なるのは2点。頂部に残る枯れた花序と茎の断面。
 ヨシズの両端の太いところには、節目が滑らかで丸いセイコノヨシが使われる。お持ちの方は確かめてみるといい。竹と見られがちだがよく見れば少し異なる。身近な所で利用されている野草なのだ。市原の自然は豊かで素晴らしい、いつまでも大切に残したい。

(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る