元気いっぱい、我ら『南総ボーイズ』

 8月に行われた『日本ハム旗第17回関東学童軟式野球秋季千葉県大会』の地区予選を勝ち抜き、市原市の代表として10年ぶりに県大会へと進んだ『南総ボーイズ』。牛久小、戸田小、内田小と加茂学園の4校から集まった小1から小6までの19人が、ニコニコ笑いながら楽しそうに練習に励んでいる。子どもたちは監督とコーチのことが大好き。聞きたいことや意見を素直に自由に言える関係。だが、指示を与えられたら「はい!」、指導してもらったら「ありがとうございました」と全員が腹の底から大きな声を出す。
 「野球の技術だけではなく、挨拶や返事が元気よくできるように指導しています。楽しさと厳しさ、両方とも伝えていきたい」と監督の中條丈廣(ちゅうじょうたけひろ)さん。
 同大会では、5年の吉田健星くんが最終回に逆転サヨナラヒットを放ち、勝利を決めた。「打った瞬間は実感がなかったが、みんなの歓声を聞いて嬉しさがこみ上げてきた。2アウトで得点圏にランナーが2人。プレッシャーもあったが強気でいけた」と頼もしいコメント。「みんなが諦めずに、心をひとつにして頑張ったことが勝因です」と中條さん。県大会では不運にも見舞われ、惜しくも初戦敗退したが「いつも明るくのびのびとやっています。少人数のせいか、競争心に欠けるところがあるのでいい経験になりました」と保護者。
 子どもたちを見守る父母会も和気あいあいとして仲がいい。ある母親は「弟や妹を連れてきても、誰かが面倒を見てくれる。家族のようです」と話す。
 元気いっぱいのメンバーを率いる5年、キャプテンの冨士枝空翔(そらと)くんは「次の大会で優勝を狙いたい」と力強く話した。
 練習は土日祝日、旧高滝小グラウンドで。入会金、月会費ともに2500円。

問合せ 冨士枝さん
TEL 090・6145・8218

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る