元気いっぱい、我ら『南総ボーイズ』

 8月に行われた『日本ハム旗第17回関東学童軟式野球秋季千葉県大会』の地区予選を勝ち抜き、市原市の代表として10年ぶりに県大会へと進んだ『南総ボーイズ』。牛久小、戸田小、内田小と加茂学園の4校から集まった小1から小6までの19人が、ニコニコ笑いながら楽しそうに練習に励んでいる。子どもたちは監督とコーチのことが大好き。聞きたいことや意見を素直に自由に言える関係。だが、指示を与えられたら「はい!」、指導してもらったら「ありがとうございました」と全員が腹の底から大きな声を出す。
 「野球の技術だけではなく、挨拶や返事が元気よくできるように指導しています。楽しさと厳しさ、両方とも伝えていきたい」と監督の中條丈廣(ちゅうじょうたけひろ)さん。
 同大会では、5年の吉田健星くんが最終回に逆転サヨナラヒットを放ち、勝利を決めた。「打った瞬間は実感がなかったが、みんなの歓声を聞いて嬉しさがこみ上げてきた。2アウトで得点圏にランナーが2人。プレッシャーもあったが強気でいけた」と頼もしいコメント。「みんなが諦めずに、心をひとつにして頑張ったことが勝因です」と中條さん。県大会では不運にも見舞われ、惜しくも初戦敗退したが「いつも明るくのびのびとやっています。少人数のせいか、競争心に欠けるところがあるのでいい経験になりました」と保護者。
 子どもたちを見守る父母会も和気あいあいとして仲がいい。ある母親は「弟や妹を連れてきても、誰かが面倒を見てくれる。家族のようです」と話す。
 元気いっぱいのメンバーを率いる5年、キャプテンの冨士枝空翔(そらと)くんは「次の大会で優勝を狙いたい」と力強く話した。
 練習は土日祝日、旧高滝小グラウンドで。入会金、月会費ともに2500円。

問合せ 冨士枝さん
TEL 090・6145・8218

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いちはら地域ネコの会は、不幸なノラネコがいない地域社会を目指すことを目的に、平成24年に設立されたボランティア団体。地域ネコとは地域の理解…
  2.  いつも通る雑木林の奥に、輝いているかのように際立つ赤褐色の木を見つけた。マツ科マツ属の常緑高木、アカマツ(赤松)であった。  大きなもの…
  3.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…
  4.  社交ダンスに限らず、特に魅せるスポーツにおいては選手の「表情」が大きな意味をもっていますが、このコロナ禍において、すでに2年近くの間、表情…
  5.  昨年10月19日、山武市の松尾IT保健福祉センターにて、山武市保健推進員協議会主催の『知ってる?パッククッキング~災害時常備食クッキング~…
  6.  明けましてておめでとうございます。草花や野菜と共に生活をしていると、四季の移り変わりもよりあっという間のような感じがします。昨年は園芸だけ…
  7.  東金市の八鶴湖畔に建つ『八鶴館(はっかくかん)』は、明治創業の割烹旅館として長年人々に愛されてきた。現存する建物は大正から昭和初期に建てら…
  8.  袖ケ浦市久保田在住の淡彩画家、澤井幸男さん。自身の作品『渓流の詩』がドイツ・エアバッハブドウ栽培組合ブランドワインのボトルラベルに採用され…
  9.  先月12月4日(土)、栃木県那須塩原市で行われた第30回関東中学校駅伝競走大会で、千葉県代表として出場した五井中学校と有秋中学校が優秀な成…
  10.  市原市は東京湾に面していても、残念ながら海で楽しめる場所がほとんど無い。唯一楽しめる場所は養老川河口で、海釣り公園があり、数多くの子供から…

ピックアップ記事

  1.  昨年11月21日(日)、千葉市中央区にある青葉の森公園芸術文化ホールにて開催された『もんきりワークショップ』。午前と午後の2回行われたワー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る