確認戦士カクニンダー登場 劇団『おまわりさん』

「犯罪や事故による被害者を一人でも減らしたい」と願う市原警察署。10月中旬の『千葉県安心で安全なまちづくり旬間』に先駆けた10月4日、アリオ市原サンシャインコートで『いちはら防犯フェスタ』を開催した。本物のパトカーと白バイの試乗、警察官の制服試着、マスコットキャラクターとの記念撮影などが行われ、普段、強面に見える警察官たちが親子連れに笑顔で応対した。
 舞台では、市原市警備業連絡会から市内の中学1年生全員に贈られる自転車用ワイヤー錠の贈呈式と『GO ON MOVE』のキッズダンスのあと、実話をもとにした電話de詐欺防止劇が披露された。演じたのは犯人役の警察官たちと母親役の若宮地区の老人会『若寿会』の桑田さん。
 カバンを無くした息子、駅の落し物係や上司を名乗る男たちから次々と電話を受けた母親は、とうとう銀行の預金を引き出してしまう。ところが、いよいよ犯人にお金を渡すという場面で「待て。お金を渡す前にカクニンダー」と叫ぶ確認戦士カクニンダーが現れる。母親は本当の息子に確認して一件落着。行き交う買い物客や観客からは拍手が起こった。 続いて千葉県警察音楽隊、『サギ・さぎ・サンバ』を踊る『若寿会』会員が防犯啓発パフォーマンスで会場を沸かせた。
 今年、市原警察署で認知した電話de詐欺の被害件数は9月末で19件、被害総額は約3500万円。女性警察官が「被害者のなかにはショックで立ち直れない人や家族関係が変わってしまう人もいる。気を付けて」と呼びかけた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市は市制施行60周年を記念し、『エンジン01(ゼロワン)in市原』を2024年1月26日(金)~28日(日)に開催する。先月8月25日…
  2.  マザー牧場(富津市)では、ひと足早く秋先取りの絶景が登場。まきばエリア 『花の大斜面・東』にて、 2年目となる『コキア』が9月上旬より紅葉…
  3.  心ない行動や言葉が、人を追い詰め事件になるケースも多い昨今。この本『慈雨』の筆者・大木太枝(たえ)さんも、20数年前、愛する家族が他人の中…
  4.  9月30日(土)・10月1日(日)の2日間、上総更級公園や上総大路などで、『上総いちはら国府祭り』が4年ぶりに開催される(主催:上総いちは…
  5.  絵本作家の五味太郎さんが書いた本に『じょうぶな頭とかしこい体になるために』という本があります。「何をしたいか自分でもよくわからないんだ」と…
  6.  今回から前後編で、世界に名を轟かせた黒澤明監督に関するお話です。黒澤明:1910年(明治43年)3月23日生~1998年(平成10年)9月…
  7.  牛久石名坂1号墳跡は、市原市のほぼ中央に位置し、国道が縦横に走る養老川中域の標高37メートルの河岸段丘上にあります。周囲には大小の古墳が9…
  8.  8月21日から23日の3日間、野田市にある江崎グリコ株式会社の工場見学施設『グリコピアCHIBA』にて、小学生とその家族を対象としたワーク…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  9月30日(土)・10月1日(日)の2日間、上総更級公園や上総大路などで、『上総いちはら国府祭り』が4年ぶりに開催される(主催:上総いちは…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る