確認戦士カクニンダー登場 劇団『おまわりさん』

「犯罪や事故による被害者を一人でも減らしたい」と願う市原警察署。10月中旬の『千葉県安心で安全なまちづくり旬間』に先駆けた10月4日、アリオ市原サンシャインコートで『いちはら防犯フェスタ』を開催した。本物のパトカーと白バイの試乗、警察官の制服試着、マスコットキャラクターとの記念撮影などが行われ、普段、強面に見える警察官たちが親子連れに笑顔で応対した。
 舞台では、市原市警備業連絡会から市内の中学1年生全員に贈られる自転車用ワイヤー錠の贈呈式と『GO ON MOVE』のキッズダンスのあと、実話をもとにした電話de詐欺防止劇が披露された。演じたのは犯人役の警察官たちと母親役の若宮地区の老人会『若寿会』の桑田さん。
 カバンを無くした息子、駅の落し物係や上司を名乗る男たちから次々と電話を受けた母親は、とうとう銀行の預金を引き出してしまう。ところが、いよいよ犯人にお金を渡すという場面で「待て。お金を渡す前にカクニンダー」と叫ぶ確認戦士カクニンダーが現れる。母親は本当の息子に確認して一件落着。行き交う買い物客や観客からは拍手が起こった。 続いて千葉県警察音楽隊、『サギ・さぎ・サンバ』を踊る『若寿会』会員が防犯啓発パフォーマンスで会場を沸かせた。
 今年、市原警察署で認知した電話de詐欺の被害件数は9月末で19件、被害総額は約3500万円。女性警察官が「被害者のなかにはショックで立ち直れない人や家族関係が変わってしまう人もいる。気を付けて」と呼びかけた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る