異常気象、事前の情報入手で身を守ろう

 7月9日、市津公民館で主催講座『異常気象について』が行われ、32名が参加した。銚子地方気象台の調査官、中村敏夫さんが講師を務め、局地的に降る大雨と激しい突風、雷、台風などが発生するしくみと被害状況、対策についてわかりやすく説明した。
 大気中の下層へ流入した暖かく湿った空気が上昇し、上層で冷やされて雲になる。それが積乱雲に発達すると雨が降る。積乱雲の寿命は数十分だが、上空に冷たい空気が入ると暖められた空気がどんどん上昇し、前線や低気圧の影響から次々と積乱雲が発生、局地的な大雨や集中豪雨をもたらすことに。
 近年は短時間強雨が増加しており、年間降水量はほぼ同じだが大雨と雨なしの二極化が進んでいるという。局地的大雨による被害としては、晴天時に川で遊んでいたら上流上空で突然雨が降り、急激に水量が増して流される、都市化が進んだ地域で、地面がコンクリートで覆われていて水が染み込まないために起こる内水氾濫など。特に地下施設は水が大量に流れ込むので危険だ。
 「市原市(牛久のアメダス)では、2011年8月に統計開始以来1位の雨量を観測したが、被害は確認されていません。水はけがいいのでしょうか」との中村さんの一言に、ホッと安心した表情の皆さん。
 だからといって安心はできない。積乱雲が発達すると発生しやすい雷や竜巻から身を守るには建物内に早めに避難すること。雷が飛び移ることを避けるため、木や電柱からは4m以上離れる。避雷針のない建物に落雷すると電流は表面を流れるため軒先も危ない。車の中は安全だが、同様の理由からガラスからは離れること。これからの季節に増えてくる台風を含め、いずれの場合も気象情報を予め入手しておくと対策が立てやすくなる。インターネットをつなぎ『レーダーナウキャスト』で検索すれば、頭上の5分ごとの雲の動きを入手することができるので安心だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る