異常気象、事前の情報入手で身を守ろう

 7月9日、市津公民館で主催講座『異常気象について』が行われ、32名が参加した。銚子地方気象台の調査官、中村敏夫さんが講師を務め、局地的に降る大雨と激しい突風、雷、台風などが発生するしくみと被害状況、対策についてわかりやすく説明した。
 大気中の下層へ流入した暖かく湿った空気が上昇し、上層で冷やされて雲になる。それが積乱雲に発達すると雨が降る。積乱雲の寿命は数十分だが、上空に冷たい空気が入ると暖められた空気がどんどん上昇し、前線や低気圧の影響から次々と積乱雲が発生、局地的な大雨や集中豪雨をもたらすことに。
 近年は短時間強雨が増加しており、年間降水量はほぼ同じだが大雨と雨なしの二極化が進んでいるという。局地的大雨による被害としては、晴天時に川で遊んでいたら上流上空で突然雨が降り、急激に水量が増して流される、都市化が進んだ地域で、地面がコンクリートで覆われていて水が染み込まないために起こる内水氾濫など。特に地下施設は水が大量に流れ込むので危険だ。
 「市原市(牛久のアメダス)では、2011年8月に統計開始以来1位の雨量を観測したが、被害は確認されていません。水はけがいいのでしょうか」との中村さんの一言に、ホッと安心した表情の皆さん。
 だからといって安心はできない。積乱雲が発達すると発生しやすい雷や竜巻から身を守るには建物内に早めに避難すること。雷が飛び移ることを避けるため、木や電柱からは4m以上離れる。避雷針のない建物に落雷すると電流は表面を流れるため軒先も危ない。車の中は安全だが、同様の理由からガラスからは離れること。これからの季節に増えてくる台風を含め、いずれの場合も気象情報を予め入手しておくと対策が立てやすくなる。インターネットをつなぎ『レーダーナウキャスト』で検索すれば、頭上の5分ごとの雲の動きを入手することができるので安心だ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…
  2.  前回、近い将来起こるであろう世界的な食糧問題について書きましたが、多くの学者は、私達が生き延びるには人間が何万年と育んできた古来からの農法…
  3. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  4. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  5. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  6.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  7. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  8.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】チバニアンガイドの皆さん  2020年1月、市原市田淵の地磁気逆転層を含む地層『千葉セクション』がGSSP(地質年…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る