健康調味料 ただ今開発中

 4月27日、戸田コミュニティセンター主催事業『麹職人に学ぶ 発芽玄米塩麹作り』が開かれ、16名が参加した。「健康は食から」と講座をスタートしたのは講師の赤石匠司(しょうじ)さん。市内南岩崎の赤石味噌糀店の店主で発酵食品の研究をしてきた。
 塩麹は塩の代用品として、浅漬け、煮物や炒め物など何にでも使える健康調味料。塩の3倍量入れても、塩分は塩の4割にしかならず、抗酸化作用、食品のうま味を引き出す効用もある。今回、赤石さんは「玄米は発芽するとき酵素が活性化し、アミノ酸のギャバほかビタミンやミネラルが増える」と原料に栄養価の高い発芽玄米麹を使った。
 作り方は普通の塩麹と同じ。発芽玄米麹に米麹2割加えた混合麹に天塩をまぶしたあと、煮沸した水を加え、かき混ぜるだけ。簡単なので、参加者は「いい香り」、「おいしくなあれ」と楽しそうに作業を進める。あとは自宅で常温に置き、季節により異なるが、春から初夏にかけては10日ほど1日1回混ぜるとできる。すぐ使えるようにと赤石さんが完成品を配ると、参加者は「いろいろ試せる」と喜んだ。「はじめて使う」という男性は保存法や使い方を熱心に質問していた。
 発芽玄米はまだ店頭販売していないが、「いずれ商品化する予定」なのでお楽しみに。

問合せ 赤石さん
TEL 0436・95・3075

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る