健康調味料 ただ今開発中

 4月27日、戸田コミュニティセンター主催事業『麹職人に学ぶ 発芽玄米塩麹作り』が開かれ、16名が参加した。「健康は食から」と講座をスタートしたのは講師の赤石匠司(しょうじ)さん。市内南岩崎の赤石味噌糀店の店主で発酵食品の研究をしてきた。
 塩麹は塩の代用品として、浅漬け、煮物や炒め物など何にでも使える健康調味料。塩の3倍量入れても、塩分は塩の4割にしかならず、抗酸化作用、食品のうま味を引き出す効用もある。今回、赤石さんは「玄米は発芽するとき酵素が活性化し、アミノ酸のギャバほかビタミンやミネラルが増える」と原料に栄養価の高い発芽玄米麹を使った。
 作り方は普通の塩麹と同じ。発芽玄米麹に米麹2割加えた混合麹に天塩をまぶしたあと、煮沸した水を加え、かき混ぜるだけ。簡単なので、参加者は「いい香り」、「おいしくなあれ」と楽しそうに作業を進める。あとは自宅で常温に置き、季節により異なるが、春から初夏にかけては10日ほど1日1回混ぜるとできる。すぐ使えるようにと赤石さんが完成品を配ると、参加者は「いろいろ試せる」と喜んだ。「はじめて使う」という男性は保存法や使い方を熱心に質問していた。
 発芽玄米はまだ店頭販売していないが、「いずれ商品化する予定」なのでお楽しみに。

問合せ 赤石さん
TEL 0436・95・3075

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る