古都に眠る友  山里 吾郎

 友は鎌倉の地に眠っている。1986年というから29年も前のことか。38歳の若さ、まさに早世だった▼小欄では度々書いたが、学生運動真っ盛りの頃、大学時代を過ごした。一時は民主化闘争に奔走したが、長期のロックアウトで行き場を失うと多くがノンポリへと変身した。友もそんな一人だった▼「墓参りを兼ね久しぶりに会うか」。70歳近くにもなり、懐かしい顔を思い出したのだろう、何人かから声が上がった。2、3人で会うことはあったが、全員集合は友の3回忌以来、27年ぶり。全員の便を考え集結は東京としたが、遠くは北海道、大阪、愛知からも懐かしい顔が並んだ▼宴が大いに盛り上がったのは言うまでもないが、嬉しかったのは友の奥方が駆けつけてくれたことだ。今でも夫の姓を名乗り、子どもたちを育て上げた。「せめて俺たちにできるのは墓参りか」。一泊した有志は翌日、鎌倉へ向かった▼古都の駅からバスで15分、長勝寺は鎌倉市材木座にある。着くと観光バスが数台、平日にもかかわらず境内には多くの参拝客。「もっと静かなたたずまいだった」はずが、30年近い歳月は寺院の印象すらも大きく変えていた▼境内の中央には高村光雲作、房州は鴨川生まれの日蓮上人像。頼朝伝説を持ち出すまでもなく、房総と鎌倉の強い結びつきを改めて知らされた▼遠い記憶を頼りに寺院の高所に眠る友の墓石を確認。『久しぶりに尋ねてきたよ』30年分の思いを込めて手を合わせた。別れ際、「次は33回忌かな。必ずまた来よう」。そんな約束を交わし、2日間にわたる友人らとの再会紀行を終えた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもの房総丘陵の奥で、シイ属の朽木に五百円玉くらいの変わったキノコの幼菌を発見!一カ月ほど経つと表皮が破れ、中からタールのようなテラテラ…
  2.  およそ20年もの間、秋から冬の気温の低い時期にかけて、毎年一年分の手作りベーコンを作ってきました。肉の表面に塩、胡椒、ハーブ類を擦り付け、…
  3.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…
  4.  5月24日(火)、五井公民館で『房総太巻き寿司教室』が開催された。主催は市原市ボランティア連絡協議会(以下V連協・鈴木幹夫会長)のFF部。…
  5.  周囲に迷惑をかけず人生を終わらすための『終活』。身の回りの品や資産の整理などの準備を行い、人生のセカンドステージをより良く過ごすためにライ…
  6.  人間誰しも間違いや失敗は起こします。子どもなら尚更です。子どもが間違いや失敗した後に、周りの大人がどのような対応をするかで、その子の考え方…
  7.  茂原市在住・黛葉(まゆずみよう)さんが初めて本を出版しました。飼っていた2匹の猫、マミ&モモのエピソードを抜粋した体験記と、モモのファンタ…
  8.  初夏になると近所にある水路の斜面一画に、藤の花のような紫のグラデーションがきれいな、ナヨクサフジの花が咲き誇ります。  ナヨクサフジは、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  8月28日(日)まで、千葉市中央区にある千葉市科学館では『科学捜査展season3~真実の相棒~』が開催されている。ミステリーは、小説やド…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る