月出工舎のカフェトーク『新しい学校』が目指すこと

 11月下旬に開催されたアートいちはら2015秋。来年4月からの本格的開校に向け、改修工事を始める月出工舎(旧月出小学校)では、21日から23日、28日、29日の5日間、カフェトークを開催した。月出工舎は地方創生モデル事業で、全国8カ所選定の公共施設提案事業のなかから、廃校利用事業のひとつとして選ばれている。今回は月出のこれからを考えるきっかけにしたいと、 『つながること・みんなでつくるがっこう』をテーマに、『匠』『食』『遊』『創生』『学』を切り口として、全国各地で独自の事業や活動を行う講師と、市内からのゲストを日替わりで迎え、参加者には温かいお茶とお菓子を配り、アットホームな講座とした。 
 2日目に行われた『食』は、30年後にも愛される添加物のない優しいおやつ作りをする岐阜の老舗油屋・山本佐太郎商店。ゲストは福祉施設経営の林さんと、しいたけ園代表の根本さん。3日目は『遊』で、新潟県の山間部で古民家民宿を経営し、日本第1号のどぶろく特区で製造免許を持つ若井さん。ゲストは地域ブランド作りを展開する商工会議所の征矢さん、ふるさと写真家の石川さん。最終日は『学』。美術教育のリサーチでドイツに滞在、現在は短大講師、東京で谷根千こどもアトリエを主宰する山成さん。ゲストは旧市原市水と彫刻の丘館長の新保さん、美術教諭の阿久津さんだった。
 各日のトークでは、「こだわり、手を抜かず、志を同じくする人とお客様も含め、皆に喜んでもらえるように信じてやりつづけること」、「地元の財産をいかに魅力あるものとして作り、発信し、リピーターを増やす。それには手間を惜しまず、常に新しい提案をする」、「アートは心を動かすもの。表現することで自分を認め、自分の居場所作りとなり、お互いを認め合うつながりもできる。そのコミュニティ作りが必要」など、多くのことが語られた。ディレクターの岩間さんは「月出は10年後の未来に向けて分野や世代を超え、ふらりと訪ねてくれる方たちも含め、皆の新しい学校を目指します。ぜひ注目していてください」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る