月出工舎のカフェトーク『新しい学校』が目指すこと

 11月下旬に開催されたアートいちはら2015秋。来年4月からの本格的開校に向け、改修工事を始める月出工舎(旧月出小学校)では、21日から23日、28日、29日の5日間、カフェトークを開催した。月出工舎は地方創生モデル事業で、全国8カ所選定の公共施設提案事業のなかから、廃校利用事業のひとつとして選ばれている。今回は月出のこれからを考えるきっかけにしたいと、 『つながること・みんなでつくるがっこう』をテーマに、『匠』『食』『遊』『創生』『学』を切り口として、全国各地で独自の事業や活動を行う講師と、市内からのゲストを日替わりで迎え、参加者には温かいお茶とお菓子を配り、アットホームな講座とした。 
 2日目に行われた『食』は、30年後にも愛される添加物のない優しいおやつ作りをする岐阜の老舗油屋・山本佐太郎商店。ゲストは福祉施設経営の林さんと、しいたけ園代表の根本さん。3日目は『遊』で、新潟県の山間部で古民家民宿を経営し、日本第1号のどぶろく特区で製造免許を持つ若井さん。ゲストは地域ブランド作りを展開する商工会議所の征矢さん、ふるさと写真家の石川さん。最終日は『学』。美術教育のリサーチでドイツに滞在、現在は短大講師、東京で谷根千こどもアトリエを主宰する山成さん。ゲストは旧市原市水と彫刻の丘館長の新保さん、美術教諭の阿久津さんだった。
 各日のトークでは、「こだわり、手を抜かず、志を同じくする人とお客様も含め、皆に喜んでもらえるように信じてやりつづけること」、「地元の財産をいかに魅力あるものとして作り、発信し、リピーターを増やす。それには手間を惜しまず、常に新しい提案をする」、「アートは心を動かすもの。表現することで自分を認め、自分の居場所作りとなり、お互いを認め合うつながりもできる。そのコミュニティ作りが必要」など、多くのことが語られた。ディレクターの岩間さんは「月出は10年後の未来に向けて分野や世代を超え、ふらりと訪ねてくれる方たちも含め、皆の新しい学校を目指します。ぜひ注目していてください」と話した。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る