港町灯した文化遺産 山里 吾郎

 船橋大神宮は船橋市の中心部に位置する。正式には意富比(おおひ)神社と称し、天照大神を祀った太陽信仰に起源する。沿革によればその歴史は平安中期にさかのぼり、中核都市・船橋の中でも最古最大の神社として知られる。正月も多くの初詣で客でにぎわったことだろう▼小欄でもたびたび登場させたが、長男夫婦が同市に居を構えたことで、孫の祝い事など何回となく同宮を訪れた。そのたびに『なかなか由緒ある…』と感じていたが、昨年11月末の七五三参りで新たな発見をした▼拝殿の横の小高い丘に独特のたたずまいで立つ古建築。境内の説明板によると県有形文化財の「灯明台」とある。江戸時代に船橋沿岸を航行する船舶が目印としていた常夜灯が起源だという▼慶応4(1868)年の戊辰戦争でいったんは社殿とともに焼失したが、再建を望む漁業関係者ら地元有志の手によって明治13(1880)年に「灯明台」として生まれ変わった。その後、明治28年までの15年間、政府公認の民設灯台として港町・船橋の海を照らしてきた▼高さ12メートルの3階建て。丘の標高を加えると最上階の灯室は約40メートルの高さ。和洋折衷の“擬洋風建築”で、1、2階は和室だが、灯室は西洋式灯台を意識した6角形。樹間にそびえ立つ雄姿は必見の価値がある▼船橋市も昭和30年代の東京湾埋め立ての歴史とともに発展してきた。現在は人口62万人を数える県下第2位の中核都市だ。しかしそのルーツは間違いなく内湾の豊かな資源に支えられた漁業のまち。大都市の中心部に位置する大神宮の「灯明台」は、漁で賑わう港町の歴史を今に伝えている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…
  2.  市原市不入の市原湖畔美術館にて、企画展『レイクサイドスペシフィック!─夏休みの美術館観察』が7月20日(土)に開幕する。同館は1995年竣…
  3. 【写真】長沼結子さん(中央)と信啓さん(右) 『ちょうなん西小カフェ』は、長生郡長南町の100年以上続いた小学校の廃校をリ…
  4.  沢沿いを歩いていたら、枯れ木にイヌセンボンタケがびっしりと出ていました。傘の大きさは1センチほどの小さなキノコです。イヌと名の付くものは人…
  5. 『道の駅グリーンファーム館山』は、館山市が掲げる地域振興策『食のまちづくり』の拠点施設として今年2月にオープン。温暖な気候と豊かな自然に恵…
  6.  睦沢町在住の風景写真家・清野彰さん写真展『自然の彩り&アートの世界』が、7月16日(火)~31日(水)、つるまい美術館(市原市鶴舞)にて開…
  7.  子育て中の悩みは尽きないものですが、漠然と考えている悩みでも、種類別にしてみると頭の整理ができて、少し楽になるかもしれません。まずは、悩み…
  8.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】教室の講師と子どもたち  JR浜野駅前と五井駅前でダンススタジオを経営する堀切徳彦さんは、ダンス仲間にはNALUの…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る