港町灯した文化遺産 山里 吾郎

 船橋大神宮は船橋市の中心部に位置する。正式には意富比(おおひ)神社と称し、天照大神を祀った太陽信仰に起源する。沿革によればその歴史は平安中期にさかのぼり、中核都市・船橋の中でも最古最大の神社として知られる。正月も多くの初詣で客でにぎわったことだろう▼小欄でもたびたび登場させたが、長男夫婦が同市に居を構えたことで、孫の祝い事など何回となく同宮を訪れた。そのたびに『なかなか由緒ある…』と感じていたが、昨年11月末の七五三参りで新たな発見をした▼拝殿の横の小高い丘に独特のたたずまいで立つ古建築。境内の説明板によると県有形文化財の「灯明台」とある。江戸時代に船橋沿岸を航行する船舶が目印としていた常夜灯が起源だという▼慶応4(1868)年の戊辰戦争でいったんは社殿とともに焼失したが、再建を望む漁業関係者ら地元有志の手によって明治13(1880)年に「灯明台」として生まれ変わった。その後、明治28年までの15年間、政府公認の民設灯台として港町・船橋の海を照らしてきた▼高さ12メートルの3階建て。丘の標高を加えると最上階の灯室は約40メートルの高さ。和洋折衷の“擬洋風建築”で、1、2階は和室だが、灯室は西洋式灯台を意識した6角形。樹間にそびえ立つ雄姿は必見の価値がある▼船橋市も昭和30年代の東京湾埋め立ての歴史とともに発展してきた。現在は人口62万人を数える県下第2位の中核都市だ。しかしそのルーツは間違いなく内湾の豊かな資源に支えられた漁業のまち。大都市の中心部に位置する大神宮の「灯明台」は、漁で賑わう港町の歴史を今に伝えている。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る