ほろっと崩れる食感 本格和菓子

 2月27日、優しい食感の小豆時雨と香り高い柚子まんじゅうを作る『季節の和菓子(冬)』が加茂公民館主催で開かれた。講師はJA女性部白鳥支部の大曽根実ゑ子さんとアシスタント4名。「調理工程をそれぞれ体験し、家でも作ってほしい」という同館の配慮で、参加者19名は一人2種類を12個ずつ作った。
「丁寧に作れば和菓子店のようになる」と講師が話す、小豆時雨の作り方は以下の通り。皮は電子レンジに4分かけ、水分を飛ばしたこしあん280gと固ゆでの卵黄1個を2回裏ごし。上新粉小さじ1とベーキングパウダー小さじ10分の1をふるい、皮の材料に混ぜる。茶こしで濾した生の卵黄小さじ2程度加えて耳たぶぐらいの固さにする。12等分し、中身用のこしあん180gを15gずつ包む。最後に栗の甘露煮と大納言甘納豆をのせて5分蒸す。出来上がると参加者は蒸気の上った蒸し器を覗き込んで、程良い口当たりのための「ひびが入った」と歓声をあげた。
 柚子まんじゅうは、皮にする薄力粉に柚子皮のすりおろしを入れる。「こねすぎないのがコツ」。薄い皮であんを包むのだが、うまくいかず中身を減らす女性も。料理教室の常連だという男性は「和菓子店に就職できるかも」と女性たちに包み方のお手本を見せていた。たとえ、あんがはみ出しても蒸せば美味しそうになる。試食時間には貴重な在来品種である『加茂菜の漬物』も提供され、参加者はお互いの出来栄えを見せあいながら、「楽しかった」、「次回も参加したい」とおしゃべりに興じた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る