ほろっと崩れる食感 本格和菓子

 2月27日、優しい食感の小豆時雨と香り高い柚子まんじゅうを作る『季節の和菓子(冬)』が加茂公民館主催で開かれた。講師はJA女性部白鳥支部の大曽根実ゑ子さんとアシスタント4名。「調理工程をそれぞれ体験し、家でも作ってほしい」という同館の配慮で、参加者19名は一人2種類を12個ずつ作った。
「丁寧に作れば和菓子店のようになる」と講師が話す、小豆時雨の作り方は以下の通り。皮は電子レンジに4分かけ、水分を飛ばしたこしあん280gと固ゆでの卵黄1個を2回裏ごし。上新粉小さじ1とベーキングパウダー小さじ10分の1をふるい、皮の材料に混ぜる。茶こしで濾した生の卵黄小さじ2程度加えて耳たぶぐらいの固さにする。12等分し、中身用のこしあん180gを15gずつ包む。最後に栗の甘露煮と大納言甘納豆をのせて5分蒸す。出来上がると参加者は蒸気の上った蒸し器を覗き込んで、程良い口当たりのための「ひびが入った」と歓声をあげた。
 柚子まんじゅうは、皮にする薄力粉に柚子皮のすりおろしを入れる。「こねすぎないのがコツ」。薄い皮であんを包むのだが、うまくいかず中身を減らす女性も。料理教室の常連だという男性は「和菓子店に就職できるかも」と女性たちに包み方のお手本を見せていた。たとえ、あんがはみ出しても蒸せば美味しそうになる。試食時間には貴重な在来品種である『加茂菜の漬物』も提供され、参加者はお互いの出来栄えを見せあいながら、「楽しかった」、「次回も参加したい」とおしゃべりに興じた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…
  2. 「人生100年時代、どうやったら幸福な終活の日々を送れるのか。そのひとつとして、ヨーロッパで人気の体験・滞在型農園の菜園版的な、交流できる…
  3.  平成22年度から毎年、千葉県内各地で公演を行っている『おやこ de オペラ』。年齢制限を設けず0歳の子どもから入場でき、子どもたちが舞台に…
  4.  最近、市原市内の小湊鐡道沿線で、白と緑色の気動車が走っているのをご存じでしょうか。  この車両は、キハ40といい、小湊鐡道が2020年に…
  5.  夏鳥として本州以南にオーストラリアなどから渡って来るコアジサシ。全長26㎝程、体と尾は白色で、背と翼上面はうすい灰色、頭部はヘルメットをか…
  6.  とうとうアロエベラを買ってしまいました。ずっと気になっていた植物のひとつで、いつかは欲しいと思っていたアロエの仲間です。昔はどこの家庭にも…
  7.   富里市七栄にある国登録有形文化財『旧岩崎家末廣(すえひろ)別邸』。ここは三菱財閥の創業者一族、三菱グループ第3代社長・岩崎久彌(ひさや)…
  8.  大多喜ハーブガーデンで毎年開催される『ストーンサファリ』。2018年の第1回から好評で、回を重ねるごとに出展数も来場者も増えている。第6回…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  日没後に花が咲き、翌朝になると萎む1日花の月見草。御宿海岸の『月の沙漠記念公園』の一角では、大きめの黄色い花が咲くオオマツヨイグサが、毎…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る