ほろっと崩れる食感 本格和菓子

 2月27日、優しい食感の小豆時雨と香り高い柚子まんじゅうを作る『季節の和菓子(冬)』が加茂公民館主催で開かれた。講師はJA女性部白鳥支部の大曽根実ゑ子さんとアシスタント4名。「調理工程をそれぞれ体験し、家でも作ってほしい」という同館の配慮で、参加者19名は一人2種類を12個ずつ作った。
「丁寧に作れば和菓子店のようになる」と講師が話す、小豆時雨の作り方は以下の通り。皮は電子レンジに4分かけ、水分を飛ばしたこしあん280gと固ゆでの卵黄1個を2回裏ごし。上新粉小さじ1とベーキングパウダー小さじ10分の1をふるい、皮の材料に混ぜる。茶こしで濾した生の卵黄小さじ2程度加えて耳たぶぐらいの固さにする。12等分し、中身用のこしあん180gを15gずつ包む。最後に栗の甘露煮と大納言甘納豆をのせて5分蒸す。出来上がると参加者は蒸気の上った蒸し器を覗き込んで、程良い口当たりのための「ひびが入った」と歓声をあげた。
 柚子まんじゅうは、皮にする薄力粉に柚子皮のすりおろしを入れる。「こねすぎないのがコツ」。薄い皮であんを包むのだが、うまくいかず中身を減らす女性も。料理教室の常連だという男性は「和菓子店に就職できるかも」と女性たちに包み方のお手本を見せていた。たとえ、あんがはみ出しても蒸せば美味しそうになる。試食時間には貴重な在来品種である『加茂菜の漬物』も提供され、参加者はお互いの出来栄えを見せあいながら、「楽しかった」、「次回も参加したい」とおしゃべりに興じた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  2.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  3.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  4.  最近は本格的に寒くなってきましたね。こうなるとキノコ狩りのシーズンも終わり。今年はバカマツタケに出会えなかったな~とか、シカが食べちゃった…
  5.  高齢化社会やコロナ禍など、私たちの生活で薬局の果たす役割は日々増している。昨年6月、市原市辰巳台東5丁目にオープンした『みつば薬局 辰巳東…
  6.  10月16日(日)、青葉の森公園芸術文化ホールで、伝統文化への興味関心を喚起し日常の中で身近に触れることを目指し「和紙角あんどんづくり」の…
  7.  市原市平蔵にある『集い広場へいさん』は、児童数の減少で2016年に閉校になった旧平三小学校の施設を利用した交流の場。教室、体育館、グラウン…
  8.  顔から腹、足や目が鮮やかな赤色で、背が茶褐色の可愛らしい全長23㎝程の鳥。生息地は主に水田などの湿地、泥地。長い指で泥に脚をとられず自由に…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る