学習能力があるニホンアマガエル

 この時期、耳を澄ますと「ケッケッケッケッ」とアマガエルの初鳴きを聴くことができます。アマガエルの仲間は世界に約700種、日本で見られるのは全国に生息するお馴染みのニホンアマガエルと沖縄地方に生息するハロウエルアマガエルの2種類です。
 カエルは基本的には、縄張りの主張やメスへの求愛のためにオスだけが鳴きます。アマガエルが他のカエルと違うのは、その由来のとおり湿度や気圧の変化に敏感で、雨などの天候の変化に反応して鳴くことです。最近の研究では、アマガエル達の合唱に一定のパターンがあることも判明しました。それぞれのアマガエルは一定のリズムで鳴き、同時に他のアマガエルの鳴声を聴き、自分の鳴くタイミングを調整しているとのことです。
 夏などにアマガエルが電灯の近くでジッとしている姿を見かけますが、これは電灯の光に寄ってくる虫を食べるためです。以前にアマガエルを数匹飼育し観察しました。棒の先につけた虫を近づけたところ、最初の数日間は見向きもしませんでしたが、そのうち棒の先につけた虫を食べるようになり、更にエサをつけていない棒を近づけただけで口をつけるようになりました。このようなことからアマガエルは学習能力が高いと思われます。
 また、アマガエルはご存知のとおり体色を変化させます。黄、黒、青の3つの色素を持ち、この組み合わせで黄緑色、茶色、灰色に変化させ周囲の色に合わせることで外敵から身を守っています。
 アマガエルをはじめとするカエル達は虫など食べ、また、自らも鳥などの食物となります。カエル達の合唱が聞こえるところは多様性の自然がまだ残っている証かもしれません。
(ナチュラリストネット/時田良洋)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る