学習能力があるニホンアマガエル

 この時期、耳を澄ますと「ケッケッケッケッ」とアマガエルの初鳴きを聴くことができます。アマガエルの仲間は世界に約700種、日本で見られるのは全国に生息するお馴染みのニホンアマガエルと沖縄地方に生息するハロウエルアマガエルの2種類です。
 カエルは基本的には、縄張りの主張やメスへの求愛のためにオスだけが鳴きます。アマガエルが他のカエルと違うのは、その由来のとおり湿度や気圧の変化に敏感で、雨などの天候の変化に反応して鳴くことです。最近の研究では、アマガエル達の合唱に一定のパターンがあることも判明しました。それぞれのアマガエルは一定のリズムで鳴き、同時に他のアマガエルの鳴声を聴き、自分の鳴くタイミングを調整しているとのことです。
 夏などにアマガエルが電灯の近くでジッとしている姿を見かけますが、これは電灯の光に寄ってくる虫を食べるためです。以前にアマガエルを数匹飼育し観察しました。棒の先につけた虫を近づけたところ、最初の数日間は見向きもしませんでしたが、そのうち棒の先につけた虫を食べるようになり、更にエサをつけていない棒を近づけただけで口をつけるようになりました。このようなことからアマガエルは学習能力が高いと思われます。
 また、アマガエルはご存知のとおり体色を変化させます。黄、黒、青の3つの色素を持ち、この組み合わせで黄緑色、茶色、灰色に変化させ周囲の色に合わせることで外敵から身を守っています。
 アマガエルをはじめとするカエル達は虫など食べ、また、自らも鳥などの食物となります。カエル達の合唱が聞こえるところは多様性の自然がまだ残っている証かもしれません。
(ナチュラリストネット/時田良洋)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る