学習能力があるニホンアマガエル

 この時期、耳を澄ますと「ケッケッケッケッ」とアマガエルの初鳴きを聴くことができます。アマガエルの仲間は世界に約700種、日本で見られるのは全国に生息するお馴染みのニホンアマガエルと沖縄地方に生息するハロウエルアマガエルの2種類です。
 カエルは基本的には、縄張りの主張やメスへの求愛のためにオスだけが鳴きます。アマガエルが他のカエルと違うのは、その由来のとおり湿度や気圧の変化に敏感で、雨などの天候の変化に反応して鳴くことです。最近の研究では、アマガエル達の合唱に一定のパターンがあることも判明しました。それぞれのアマガエルは一定のリズムで鳴き、同時に他のアマガエルの鳴声を聴き、自分の鳴くタイミングを調整しているとのことです。
 夏などにアマガエルが電灯の近くでジッとしている姿を見かけますが、これは電灯の光に寄ってくる虫を食べるためです。以前にアマガエルを数匹飼育し観察しました。棒の先につけた虫を近づけたところ、最初の数日間は見向きもしませんでしたが、そのうち棒の先につけた虫を食べるようになり、更にエサをつけていない棒を近づけただけで口をつけるようになりました。このようなことからアマガエルは学習能力が高いと思われます。
 また、アマガエルはご存知のとおり体色を変化させます。黄、黒、青の3つの色素を持ち、この組み合わせで黄緑色、茶色、灰色に変化させ周囲の色に合わせることで外敵から身を守っています。
 アマガエルをはじめとするカエル達は虫など食べ、また、自らも鳥などの食物となります。カエル達の合唱が聞こえるところは多様性の自然がまだ残っている証かもしれません。
(ナチュラリストネット/時田良洋)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…
  2.  12月15日(日)、茂原市市民体育館で、茂原市教育委員会主催の『もばらスポーツフェスティバル2019』が開催された。バレーボールⅤリーグ…
  3. 「ソフトテニス」、以前は「軟式テニス」と言い、日本発祥の伝統的なスポーツです。学校の部活動ではポピュラーなスポーツの一つです。現在は、ジュニ…
  4.  市原市在住の倉持光吉さんは、もうすぐ86歳になる。定年退職後、別の会社に暫く勤めていたが、体調を崩し、医者に診て貰うことになった。「自分…
  5.  ◆自転車の盗難、多発中!  市原警察署管内では自転車盗難が多発中だ。被害の多くは無施錠での駐輪による被害が多数を占め、特に、自宅など持…
  6.  昨年末、JR勝浦駅に誰でも自由に弾けるピアノが設置された。寄贈したのは平野清(きよ)さん。平野さんが長年暮らしたバンクーバーから帰国し、…
  7.  勝浦市にあるSGT美術館(東急ハーヴェストクラブ近く)では、3月29日(日)まで「ユーラシア大陸の美術展~朝鮮半島から欧州」を開催中。高…
  8. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  9.  冬枯れの草原に鮮やかに映える赤い鳥「ベニマシコ」、バードウオッチャー憧れの鳥である。体長15~16センチ、全身が紅色で黒い翼に鮮やかな二…
  10. 9月から11月にかけて茂原市総合市民センターで開催された『ばか面踊り講習会』。月1度の講習会は三度にわけて行われ、参加者約30名はひょっとこ…

ピックアップ記事

  1.  『千葉県生涯大学校』は、『生きがい』『健康』『仲間づくり』を三本柱として掲げ、シニア世代の社会参加を促進する目的で、県内5地域に設置され…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る