日本の伝統芸能、和の響きを楽しむ

 3月6日、五井会館で『邦楽のつどい』が開催され、約30人が日本の伝統芸能を鑑賞した。35年ほど続いている同つどいは小唄端唄(はうた)教室『寿美(としみ)会』門下生の発表の場。外部からの参加もあり、邦楽のよさを広く伝えようと毎年2回開かれている。
 小唄はもともと江戸時代の芸者が、四畳半の和室で三味線を爪弾きしながら客に向けて唄っていたもの。情緒あるゆっくりとした節回しで静かに唄う。心に秘めた男女間の思いを表現したものも多く、艶っぽさと物悲しげな雰囲気が聴く人の心を打つ。一方、端唄は小唄よりも賑やかで、三味線にはバチを用い太鼓が加わることもある。
 同つどいでは小唄、端唄を中心に民謡なども含め約40曲もの邦楽が披露された。小唄を一緒に口ずさむ人、おこさ節や直実節では威勢のいい手拍子がかかり、『大和家一座』の都々逸(どどいつ)が始まると「待ってました!」と客席から合いの手が。迫力のある節回しと「よっ!」、「こりゃこりゃ」と粋な掛け声に大きく盛り上がる場面も見られた。来場していた男性は「邦楽を聴ける場所はそうない。いつも楽しみにしている」と話した。「自分もいつかやってみたい」と毎年足を運ぶ女性も。
『寿美会』には小5から80代までの約15名が所属。光風台と池和田の教室での個人レッスンが基本。「邦楽は味がある」、「三味線は静かに楽しむことのできる楽器。1人でも家でお茶を飲みながら弾いてます」と門下生。「何にでも挑戦することは大事。三味線は両手の指先を使い、楽譜を読むので頭も使う。続けていれば、ずっと元気でいられますよ。一緒に邦楽を楽しみませんか?」と師範の小谷愛子さん。次回の同つどいは9月4日(日)。入場無料。

問合せ 小谷さん
TEL 0436・36・0857

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…
  2. 「スマイルシンデレラ」渋野日向子選手が、42年ぶりに日本人メジャー優勝を遂げた全英オープン。パッと明るく爽やかなプレースタイルは多くの人に注…
  3.  8月16日(金)、市原市ボランティア連絡協議会(V連協)主催の『夏休み親子体験教室 つくってあそぼう』が、アネッサ(市原市姉崎保健福祉セン…
  4.  現在、市原鶴舞郵便局で開催中の『写真と資料から振り返る市原市の誕生』展。昭和38年5月1日、五井・姉崎・市原・市津・三和の5町が合併して…
  5.  夏から秋、山道を歩くと突然クモの糸に引っかかることがある。クモには申し訳ないが、その後は木の枝を手に、巣を除去しながら歩く。この季節、大き…
  6.  6月の終わり頃になると、いつもの散歩コースに『くちなしの花』が可憐な香りを漂わせて咲いています。私はそこを通るたびに花の香りに癒されて幸せ…
  7.  山武市で食育に力を入れるボランティア団体『アグリさんむ』。平成18年、4町村合併の際に成東、松尾、蓮沼の旧町村の食育グループが統合、3つの…
  8.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  9. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1. 額縁の中で、少女が膝を抱えて座っている。母が子を抱いている。林はどこまでも続き、月は海を照らす。孤独、不安、慈しみ、希望。静謐をたたえる絵画…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る