湿津小少年消防クラブ 総務大臣賞受賞

歴代の児童がポンプ操法訓練

 市原市湿津小学校の少年消防クラブが、平成27年度優良少年消防クラブ表彰において総務大臣賞を受賞した。同校が表彰されたタイトルは最高峰の『特に優良な少年消防クラブ』。選ばれたのは全国でわずか28団体という栄えある賞だ。表彰式は3月25日に都内で行われた。
 平成7年に市原市消防局から少年消防クラブ設置指定校に選ばれた。消防施設で働く人々について学習する4年生を対象に、毎年同局から委嘱状と少年消防クラブ員手帳が配られる。27年度は36人が少年消防クラブ員となった。社会科のほか「総合的な学習の時間」に、消防士の消火活動や安全について調べるなど、日頃から防火・防災に対する取り組みを意識的に行ってきた。
 そして市内で唯一行っている活動が、ポンプ操法訓練。立候補した5人の児童が、隊長1人、副隊長2人、班長2人と役割を決め市津消防署員の指導のもと、3日間にわたり訓練を受ける。27年度の隊長を務めたのは女子。最初は緊張していたが、練習を重ねていくうちに「もっと大きな声を出して頑張ろうよ!」と隊員に声をかけるようになってきた。規律を守って意欲的に取り組み、「また来年もやりたい」との声があがるほど。訓練中、実際に緊急の出動要請が入りレスキュー隊員が現場に向かうという場面があった。「仕事に対する真摯な姿勢から緊迫感が伝わってきました。子どもたちも尊敬の眼差しで見ていました。いい社会勉強になったと思います」と団長を務めた教頭の三橋礼子さん。訓練の成果は全校児童の前で披露した。
 少年消防クラブ員手帳には、火災予防について、ロープの結び方や応急手当の仕方などがわかりやすく書かれている。「興味を持って読み、『見て見て、こんなことが書いてあるよ』と目を輝かせながら教えてくれた男子もいた」と嬉しそうに話す。
 ポンプ操法を務めた5人は「27年度の代表に選ばれて嬉しい。先輩たちが頑張って続けてきたからだと思う。火災予防活動について、もっと勉強していきたい」と誇らしげに話した。
「自然豊かな環境にある当校。市津消防署員を含め、資源回収や防犯・交通安全パトロールなど地域の人たちに支えられながら児童たちは素直に育っている。これからも防火活動を続けていくとともに、地域に根付く新しい取り組みについても考えてみたい」と三橋さんは穏やかな笑みを浮かべた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…
  2.  茂原市の東部台文化会館において昨年7月~11月、同館主催の『公式ワナゲ教室』が開催された。教室は全8回、新型コロナウィルス感染拡大の影響で…
  3.  この4年間、ハーブを使った料理を中心に話をしてきました。以前にもこのコラムの中で述べましたが、人類の誕生以来、ハーブは薬草として日常の生活…
  4.  明けましておめでとうございます。昨年は、新型コロナウイルスが猛威を振るい、世界は一変しました。暗いニュースが多い一年でしたが、新しい年を迎…
  5.  大多喜町は、徳川四天王の1人で近世大多喜城初代城主となった本多忠勝によって整備された城下町だ。大多喜城とその城下町に多く残された古い家並み…
  6.  今月1月24日(日)、夢ホールプレゼンツ『新春ドリームコンサート』が夢ホール(市原市更級)にて行われます。第1部は平安時代の文学作品の朗読…
  7.  ホキ美術館は世界初の写実絵画専門美術館として2010年11月3日、千葉市緑区に開館。10周年を記念して、5月16日(日)まで『ベストコレク…
  8.  パラパラとキノコの図鑑を見ていると、様々な変わった形のものが出てきます。へー面白いなぁと名前を見て、妙に納得してしまったのがこのカブラテン…
  9.  大多喜町の『大多喜食品工房』は、地元特産のシイタケやタケノコを幅広く販売している。昨年11月9日、同社社長の千葉貞郎さんには木更津市渡辺芳…
  10.  パークゴルフは1983年(S58年) 北海道幕別町の公園で発祥したスポーツです。クラブ1本で、ボールをティーグランドからプレーしてカップに…

ピックアップ記事

  1.  大網白里市在住の大森良三さんが長年描いてきた作品を飾る小さな美術館が昨年9月、同市ながた野にオープンした。そこは私設『よこい美術館』。永田…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る