湿津小少年消防クラブ 総務大臣賞受賞

歴代の児童がポンプ操法訓練

 市原市湿津小学校の少年消防クラブが、平成27年度優良少年消防クラブ表彰において総務大臣賞を受賞した。同校が表彰されたタイトルは最高峰の『特に優良な少年消防クラブ』。選ばれたのは全国でわずか28団体という栄えある賞だ。表彰式は3月25日に都内で行われた。
 平成7年に市原市消防局から少年消防クラブ設置指定校に選ばれた。消防施設で働く人々について学習する4年生を対象に、毎年同局から委嘱状と少年消防クラブ員手帳が配られる。27年度は36人が少年消防クラブ員となった。社会科のほか「総合的な学習の時間」に、消防士の消火活動や安全について調べるなど、日頃から防火・防災に対する取り組みを意識的に行ってきた。
 そして市内で唯一行っている活動が、ポンプ操法訓練。立候補した5人の児童が、隊長1人、副隊長2人、班長2人と役割を決め市津消防署員の指導のもと、3日間にわたり訓練を受ける。27年度の隊長を務めたのは女子。最初は緊張していたが、練習を重ねていくうちに「もっと大きな声を出して頑張ろうよ!」と隊員に声をかけるようになってきた。規律を守って意欲的に取り組み、「また来年もやりたい」との声があがるほど。訓練中、実際に緊急の出動要請が入りレスキュー隊員が現場に向かうという場面があった。「仕事に対する真摯な姿勢から緊迫感が伝わってきました。子どもたちも尊敬の眼差しで見ていました。いい社会勉強になったと思います」と団長を務めた教頭の三橋礼子さん。訓練の成果は全校児童の前で披露した。
 少年消防クラブ員手帳には、火災予防について、ロープの結び方や応急手当の仕方などがわかりやすく書かれている。「興味を持って読み、『見て見て、こんなことが書いてあるよ』と目を輝かせながら教えてくれた男子もいた」と嬉しそうに話す。
 ポンプ操法を務めた5人は「27年度の代表に選ばれて嬉しい。先輩たちが頑張って続けてきたからだと思う。火災予防活動について、もっと勉強していきたい」と誇らしげに話した。
「自然豊かな環境にある当校。市津消防署員を含め、資源回収や防犯・交通安全パトロールなど地域の人たちに支えられながら児童たちは素直に育っている。これからも防火活動を続けていくとともに、地域に根付く新しい取り組みについても考えてみたい」と三橋さんは穏やかな笑みを浮かべた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  里山では、初夏に散房花序の白い小さな花をたくさん咲かせたガマズミが実っている頃です。スイカズラ科ガマズミ属のガマズミは高さ5メートルほどの…
  2. 『ほう ほう ほたる来い♪』『ひらいた ひらいた なんの花がひらいた♪』。毎月第1・第3水曜日、茂原市本納のほのおか館の2階からは『かなりや…
  3.  東金こども科学館にて、『自然の中のオオカミを知ろう』と題したパネル展が10/10(月・祝)まで開催されている。主催の『オオカミと里山を考え…
  4.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…
  5.  毎月第1・3月曜日に、市原市福祉会館で開催されているのは『障がい者のヨーガ教室』。13時半から14時50分まで、講師の小林正子さんとアシス…
  6.  上総国の豪族・上総広常(?~1183)は、鎌倉幕府設立の功労者として歴史に名が刻まれる。NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』では、広常が源頼…
  7.  茂原市谷本の住宅街で、工房・蔓gali(ツルガリ)を構える村越達也さんは、山葡萄(ぶどう)の籠バッグや財布を制作している。もとは旅行関係の…
  8.  大福山は市原市の最高峰。標高285mの山頂には日本武尊を祭った白鳥神社が鎮座し、東側の展望台からは北にスカイツリー、南には房総の山々が見渡…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  JR内房線姉ケ崎駅から南東へおよそ3㎞、約3200世帯9400人が暮らす市原市青葉台地区。高齢化が進む中、地域活性化を目指す『39PJ(サ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る