手話で表現力もアップ

「手話をはじめたのは長年携わるフラに似ていると思ったから」と話すのは手話サークル『すみれ』の副会長の境さん。23年間会員の鷲野さんは「身振りと表情で伝えるので、表現力がつく。性格が明るくなった」と笑顔を見せる。会長の平松由之さん(69)は「昭和57年発足以来、サークルはろう者に手話を教えてもらい、触れ合う場になっている。興味のある方、学びたい方はぜひ参加して」と呼びかけた。
 取材日は箱の中のカラーボールを引き、出た色と同じ色の食物を言うゲームを行っていた。茶色を引いた女性は50音の指文字でサ・ツ・マ・イ・モと表し、両手でサツマイモを割る仕草の手話をする。青を引いた女性が「流氷ビール」と指文字を描くと、「飲みたい」という声が。黄色を引いたものの食物が思いつかない男性には、周囲から「あるある」とヒントの言葉や手話が四方から飛び、笑いとおしゃべりが続いた。
 活動は毎週月曜日13時30分から市原市福祉会館にて。市原市ろうあ協会への協力、ろう重複障がい者のための施設を作る募金活動なども行っている。現在、会員は38名。楽しそうに参加していた聴覚障がい者の女性の願いは「もっとみんなに手話を教え、普通のスピードで会話をしたい」とのこと。

問合せ 平松さん
TEL 090・1124・0518

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『市原にハワイの風を』をキャッチフレーズに活動する市原ハワイアンフラ協会は、フラダンスを通して市民との交流と市原市の活性化を図ることを目的…
  2.  小湊鐵道上総久保駅には、訪れた人を魅了する見事な大銀杏が聳え立っています(銀杏の木って市原市の木に指定されているんですよ)。  のどかな…
  3.  皆さんはラクロス(Lacross)というスポーツをご存じですか? カナダの国技と言われ、クロスと呼ばれる先に網の付いたスティックを用いてゴ…
  4. 【写真】アデレードのローズ トライアル ガーデンにて  今秋、オーストラリアで開催された世界バラ会連合の『第19回世界大会…
  5. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…
  6.  茂原市の小学生男子ソフトボールチーム『茂原SBC』は4月、茨城県で開催された第32回関東小学生男・女選抜ソフトボール大会で初優勝を飾った。…
  7.  10月25日(火)、東金市家徳公民館にて第2回『通いの場 元気ステーションまさき』が開催された。主催の『正気地区介護予防・生活支援サービス…
  8.  再び小屋作りに夢中になっています。前回は物置小屋作りで、今回、最初のうちはゲストハウスを作る予定でしたが、いつの間にやらその意識が薄れてし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】優勝 亡き会長の写真と  横芝光町の『スポーツGYMドリーム』のトレーナー・椎名拓也さんは、今年度のボディビル競技…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る