手話で表現力もアップ

「手話をはじめたのは長年携わるフラに似ていると思ったから」と話すのは手話サークル『すみれ』の副会長の境さん。23年間会員の鷲野さんは「身振りと表情で伝えるので、表現力がつく。性格が明るくなった」と笑顔を見せる。会長の平松由之さん(69)は「昭和57年発足以来、サークルはろう者に手話を教えてもらい、触れ合う場になっている。興味のある方、学びたい方はぜひ参加して」と呼びかけた。
 取材日は箱の中のカラーボールを引き、出た色と同じ色の食物を言うゲームを行っていた。茶色を引いた女性は50音の指文字でサ・ツ・マ・イ・モと表し、両手でサツマイモを割る仕草の手話をする。青を引いた女性が「流氷ビール」と指文字を描くと、「飲みたい」という声が。黄色を引いたものの食物が思いつかない男性には、周囲から「あるある」とヒントの言葉や手話が四方から飛び、笑いとおしゃべりが続いた。
 活動は毎週月曜日13時30分から市原市福祉会館にて。市原市ろうあ協会への協力、ろう重複障がい者のための施設を作る募金活動なども行っている。現在、会員は38名。楽しそうに参加していた聴覚障がい者の女性の願いは「もっとみんなに手話を教え、普通のスピードで会話をしたい」とのこと。

問合せ 平松さん
TEL 090・1124・0518

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  森や川に生息する動植物などを観察し、親子で自然を楽しみましょう!4月27日(土)、9月7日(土)、11月9日(土)の全3回に渡って行い、講…
  2.  いつの間にか春も盛り。寒いうちに庭木に寒肥(肥料)を与えておこうと思ったのに遅くなってしまいました。寒い時は庭仕事がどうしても億劫になって…
  3. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…
  4. 『リーダーハーフェン』は1982年結成の男声合唱団で、42年間その歌声を響かせてきた。構成は、トップテノール・セカンドテノール・バリトン・…
  5.  多くの映画ファンを虜(とりこ)にした女優オードリー・ヘプバーンを、前半・後半と2回に分けて掲載します。ヘプバーンは今でも日本や欧米諸国で人…
  6.  昔から『言葉3割、行動7割』という言葉があります。「子どもは親の言うことの3割までしか身に付けないが、親の行うことはその7割以上を身に付け…
  7.  市原市姉崎小学校を拠点に活動している剣道『錬心舘市原道場』。設立は1987年と長い歴史を持ち、小中学生を中心にこれまで数多くの卒業生を育て…
  8. 【写真】本須賀海岸(当写真は特別な許可を得て撮影しています)  マリンアクティビティのイメージが強い九十九里エリア。成田国…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】ケヤキ一枚板のカウンターと。左から鈴木さん、悦子さん、智明さん  大谷家具製作所は2011年11月に長南町長南に工…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る