今回も引き続き、富里市のHさんの養蜂場に行ってきました。セイヨウミツバチの内見の仕方を教えていただきます。前回は来れなかったアメリカ人のDも、今度は一緒に参加です。Dは20年もの間、ずっと養蜂をやりたいと願いを持ち続け、9年前に来日してからもその夢を胸に抱き、今年の春にようやくセイヨウミツバチ2群を飼う事ができました。ですが、アメリカとはスズメバチなどの天敵、気温や湿度などの条件がまるで違うため、実際の飼い方を誰かに教わる必要性を感じていました。そこでセイヨウミツバチの詳しい飼い方をHさんにお願いしたという次第です。

 さて、今回は夏に行う「巣箱の内見の仕方」を見せていただきました。全部で10箱、確認の項目は、①分蜂を防ぐため、まだ孵化していない女王蜂のいる王台と呼ばれる部屋の除去。②女王蜂の有無や健康状態。③ダニの有無と蜂がそれに感染しているか否か。④蛾の幼虫であるスムシの有無。⑤ミツバチの卵の有無や数。⑥蜂蜜の有無や量など。他にも何か変化がないか確認したら、最後に餌である砂糖水をたっぷりと巣箱の中の容器に補充します。

 前回もお話しましたが、蜂たちの飼い主であるHさん、これからは他の様々な事を経験したいと近々仕事を早期退職し、ご自分の夢に向かって歩き出されるそうです。Hさんの養蜂仲間のKさんは、この前20歳になったばかりですが、蜂歴16年と誰よりも蜂に関する知識を持ち、今後もずっと養蜂に取り組んでいこうとしています。そしてアメリカからやって来たD、彼はいつか孤児院を持ち、身寄りのない子供たちに養蜂の素晴らしさを教えていきたいという夢を持っているそうです。

 ミツバチたちが人々の輪を広め、それぞれの思いを育んでいきます。まだまだ小さな輪ですが、これからも大切にしていこうと思っています。

 

◇長谷川良二

長柄町在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。市原を中心に公民館でのハーブの指導などをしながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  成田市にある宗吾霊堂(鳴鐘山東勝寺)では、6月23日(日)まで、『第19回宗吾霊堂紫陽花まつり』を開催中です。本堂裏手には広大なあじさい園…
  2. 【写真】撮影者:桐谷茂生  2009年に創立された南市原写真クラブ。メンバーそれぞれが様々な課題の追求で撮影し、その成果を…
  3.  市原を中心とした房総の地域歴史を調査・探求している房総古代道研究会は、令和6年4月、会誌『房総古代道研究(七)』(A4版82ページ)を発刊…
  4.  市原市俳句協会は、市原市が誕生した翌年の昭和39年に発足し、今年60周年を迎えた。当初の名称は「市原市俳句同好会」だったが、平成21年に子…
  5.  春に咲いたヤマグワ(山桑)の実を目当てに里山を散策した。  クワ科クワ属で高さ3~15メートルの落葉低木~高木。人の手が入らなくなった雑…
  6.  この写真は数年前の5月下旬、市原市宮原地区で撮ったものです。五井の街の近くなのですが、こんな広大な風景が見られるなんて凄いですね。  私…
  7. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…
  8. ●ハワイアンズでしか見られない迫力のパフォーマンスをお届け 「ハッピードリームサーカスin ハワイアンズ」  いわき湯本の豊富な温泉で、6…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『長南ビブリオカフェ』は毎月最終土曜日に、参加者が紹介したい本を持ち寄る書評合戦・ビブリオバトルを開催している。『長南ビブリオカフェ実行委…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る