房総往来

房総往来
大多喜城 山里 吾郎

 今風に言えば「フィルムコミッション」。町興しの一環として映画やドラマのロケ地を誘致する活動が県内でも盛んだ。成功すれば全国的に脚光を浴び、観光面など絶大な集客が見込める。「何とかわが町を舞台に」。そんな町のひとつ、大多喜町を訪ねた▼主人公は本多平八郎忠勝。徳川家康に仕えた勇将で、徳川四天王の一人と言われる。「家康に過ぎたるものは二つあり、唐のかしらに本多平八」。こんな狂言の一説を聞いた方も多かろう。「唐の頭」とは家康が好んで集めた中国原産の「ヤク」の角をつけた兜のことだ▼幼少の頃から家康に仕えていた忠勝は天正18年(1590年)、大多喜城主となる。豊臣秀吉の命で関東に移封された家康に従い、東方特に安房里見氏への備えとして着任した。忠勝が開いた上総国大多喜藩は次男忠朝に引き継がれ、本多氏は約26年にわたって大多喜城下を治めた▼現在の大多喜城は昭和50年、県立総南博物館として本丸跡に再現されたものだが、城郭まで続く静寂な木立と合わせ、難攻不落の名城を偲ばせる。また旧道沿いには昔ながらの商家や家並みが広がり、城下町としての名残を今もとどめている▼忠勝は出身が愛知県岡崎市、桶狭間や関ヶ原など多くの合戦に参加。大多喜城を忠朝に継がしたあとは三重県桑名藩の城主を務めるなど生涯の足跡は大河ドラマらしい全国規模の広がりを持つ。ちなみに敵対していた里見氏について館山市が同様に大河ドラマでの誘致を目指しており、大多喜と館山の合戦も見ものだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  2. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  3.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  4.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  5.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  6.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  7.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  8. 【写真】千葉県調理師体会・第32回料理コンクール「千葉県栄養士会長賞」受賞作  料理教室『ヘルシークッキング』を平成15年…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …

スタッフブログ

ページ上部へ戻る