房総往来

房総往来
大多喜城 山里 吾郎

 今風に言えば「フィルムコミッション」。町興しの一環として映画やドラマのロケ地を誘致する活動が県内でも盛んだ。成功すれば全国的に脚光を浴び、観光面など絶大な集客が見込める。「何とかわが町を舞台に」。そんな町のひとつ、大多喜町を訪ねた▼主人公は本多平八郎忠勝。徳川家康に仕えた勇将で、徳川四天王の一人と言われる。「家康に過ぎたるものは二つあり、唐のかしらに本多平八」。こんな狂言の一説を聞いた方も多かろう。「唐の頭」とは家康が好んで集めた中国原産の「ヤク」の角をつけた兜のことだ▼幼少の頃から家康に仕えていた忠勝は天正18年(1590年)、大多喜城主となる。豊臣秀吉の命で関東に移封された家康に従い、東方特に安房里見氏への備えとして着任した。忠勝が開いた上総国大多喜藩は次男忠朝に引き継がれ、本多氏は約26年にわたって大多喜城下を治めた▼現在の大多喜城は昭和50年、県立総南博物館として本丸跡に再現されたものだが、城郭まで続く静寂な木立と合わせ、難攻不落の名城を偲ばせる。また旧道沿いには昔ながらの商家や家並みが広がり、城下町としての名残を今もとどめている▼忠勝は出身が愛知県岡崎市、桶狭間や関ヶ原など多くの合戦に参加。大多喜城を忠朝に継がしたあとは三重県桑名藩の城主を務めるなど生涯の足跡は大河ドラマらしい全国規模の広がりを持つ。ちなみに敵対していた里見氏について館山市が同様に大河ドラマでの誘致を目指しており、大多喜と館山の合戦も見ものだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る