房総往来

房総往来
大多喜城 山里 吾郎

 今風に言えば「フィルムコミッション」。町興しの一環として映画やドラマのロケ地を誘致する活動が県内でも盛んだ。成功すれば全国的に脚光を浴び、観光面など絶大な集客が見込める。「何とかわが町を舞台に」。そんな町のひとつ、大多喜町を訪ねた▼主人公は本多平八郎忠勝。徳川家康に仕えた勇将で、徳川四天王の一人と言われる。「家康に過ぎたるものは二つあり、唐のかしらに本多平八」。こんな狂言の一説を聞いた方も多かろう。「唐の頭」とは家康が好んで集めた中国原産の「ヤク」の角をつけた兜のことだ▼幼少の頃から家康に仕えていた忠勝は天正18年(1590年)、大多喜城主となる。豊臣秀吉の命で関東に移封された家康に従い、東方特に安房里見氏への備えとして着任した。忠勝が開いた上総国大多喜藩は次男忠朝に引き継がれ、本多氏は約26年にわたって大多喜城下を治めた▼現在の大多喜城は昭和50年、県立総南博物館として本丸跡に再現されたものだが、城郭まで続く静寂な木立と合わせ、難攻不落の名城を偲ばせる。また旧道沿いには昔ながらの商家や家並みが広がり、城下町としての名残を今もとどめている▼忠勝は出身が愛知県岡崎市、桶狭間や関ヶ原など多くの合戦に参加。大多喜城を忠朝に継がしたあとは三重県桑名藩の城主を務めるなど生涯の足跡は大河ドラマらしい全国規模の広がりを持つ。ちなみに敵対していた里見氏について館山市が同様に大河ドラマでの誘致を目指しており、大多喜と館山の合戦も見ものだ。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…
  2. 昨年9月、10月の台風は、市原にも大きな被害を出し、ニュースとして連日報道された。今月19日には、気象庁がこの2つの台風に対し、災害における…
  3.  40年余り自宅の一室で開いている洋裁教室で、小物づくりと洋裁を仲間とともに楽しんでいます。私がつるし雛に出会ったのは、平成14年2月、伊…
  4.  冬の代表的スポーツと言えばスキー。今年度の市民スキー教室が1/24(金)夜~1/26(日)、長野県木島平で小学生から70歳代までの市民が…
  5. 1月28日(火)、市原警察署にて、令和元年署長感謝状の贈呈式が行われました。シティライフも、昨年から本紙に掲載する防犯特集記事が支援・協力に…
  6.  五井駅西口から歩いて十分ほどの所にこの神社はある。社伝によると、大宮神社の社名は広大な境内に由来し、鎮座は景行天皇の御代、日本武尊が御東…
  7. 去年の秋の凄まじい台風の影響で、巣箱が全滅に近い被害を受け、いったんは諦めかけた養蜂もどうやら長く寒い冬を生き抜く事ができそうです。桜の花が…
  8.  2018年3月、市原市君塚にオープンした『和み処 白金茶寮(しろがねさりょう)』。『やちばあちゃん秘伝のだんご』をテーマに地元の素材を生…
  9. いすみ市下布施の県道沿いの田んぼでは、冬の間、コハクチョウの群れが餌をついばんでいる。大多喜町在住の土屋治雄さんは、その姿を写真に収め、観察…
  10. 「背筋を伸ばして」と声が掛かり、「おはようございます」と全員で手をつき丁寧に挨拶する。床の間に飾られた掛け軸や花、花入れを愛で、季節や先人た…

ピックアップ記事

  1. 『真冬の温泉ヨガ』『春を見つけるヨガ散歩』『寺ヨガ』『ほたるナイトヨガ』『渓流せせらぎヨガ』……今後、興味津々のプログラムが予定されている…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る