菊間児童館のキッズボランティアが花壇を飾る

 5月14日(土)、菊間保健福祉センターで行われたキッズボランティアクラブ。年間を通して活動日は全8回、第1回目に参加したのは菊間地区在住の小4女児。
 初回は、児童館職員と一緒にまずは館内を見学した。大きな声で来館者に挨拶を、と職員と約束した女児はちょっぴり緊張した面持ち。「現在のボランティア登録メンバーは4人です。昨年から引き続きのメンバーもいて、みんな自分の意志で参加しているので、明るく楽しく活動しています。個を大切に、認められる喜びを感じて欲しいです」と職員は話す。
 そして、この日のメインである花壇作りがスタート。ケイトウやサルビア、マリーゴールドなど色んな種類の花々を児童館の窓から見える花壇に運ぶ。「ケイトウはあまり背が伸びないから、手前に植えるといいよ」とアドバイスをもらいながら、女児はどんな風に植えるか試行錯誤。「色は交互が綺麗かな」と悩みながら、きちんとまっすぐ並んでいるか、ポット全体に土を盛れているかをチェック。水をあげながら、「暑いけれど、楽しかったです」と女児も満足そうに話した。
 完成した花壇は名付けて『カラフル花壇』。立てかける看板も花と同様にカラフルに手作りして1回目のボランティアクラブは大成功。同館は小4から中3までのボランティアを募集中。今後メンバーはセンターを訪れる赤ちゃんと遊んだり、介護施設の訪問や同館開催の祭りで活動していく予定。詳細は問合せを。

問合せ 菊間保健福祉センター
TEL 0436-42-3424

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  年数回、様々な分野の講師が招かれる、袖ケ浦市教育委員会主催『市民三学大学講座』。今年2月には、第38期第4回が生涯学習推進大会の記念講演会…
  2.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…
  3.  トンボはどんな色?と尋ねると、「アカトンボ」などに歌われるような赤、オニヤンマのような黒と黄色の縞模様、シオカラトンボの粉を帯びた灰青色、…
  4.  私は水には何よりもこだわりを持っています。東日本大震災以前は、十数本の大きな水の容器を車に積み込み、実家のある福島まで月に一度、山の奥深く…
  5.  子育てのことわざで、「大きいやかんは沸きが遅い」というものがあります。小さいやかんでは、すぐにお湯が沸きますが、実は大した量ではありません…
  6.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  7.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  8.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  9.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…

ピックアップ記事

  1.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る