「子どもが食事を『まずい』と言ったら?」

 あるお母さんが、こんなことをおっしゃっていました。「うちの子は、食事が口に合わないと『まずい』と言います。でも、言ってもらった方が私の料理の腕も上がるのでいいことだと思います」と。時代は変わったな…。
 私の子どもの頃は、親にそんなことを言おうものなら、「文句を言うなら食うな!」でした。この違いは何でしょう?冒頭のお母さんは、子どもの気持ちを大切にすることと、自分の料理の腕を上げるために必要な意見だと受け取ったのだと思います。
 しかし、昔の親は、料理を作ってくれた人の気持ちを大切にしたのだと思います。口に合わないから「まずい」と言ったら、料理を作った人に失礼であると。私の親世代は戦争を体験した世代です。食べ物はとても貴重でした。食べ物があるだけで有難かったのです。それを「まずい」と言うこと自体が許せないことなのでしょう。震災で大変な思いをされている方も、食べ物の有難さは、身に染みて感じられたことと思います。何でも好きなものを食べられること自体が、世界でも希なことですよね。
 私はもう一つ、気をつけなければならないことがあると思います。親に「まずい」と言ってもOKとしてしまっては、子どもは外でも同じことを言います。先日、レストランで「これってまずいよね」と言っていた女子高生を見かけました。社会に出て困るかも…。
 子どもには、食事を作ってくれた人の気持ちや作物を育ててくれた農家の大変さなどを、時折話して聞かせてあげるといいですね。

中嶋 悦子(なかしま えつこ)
1965年生まれ。宮崎県出身。二男二女の母。大網白里市在住。エンカレッジ・ステーション(株)代表取締役社長。NPO法人民間児童館おおきなかぶ理事長。ありんこ親子保育園理事長。エッセイスト。
http://www.en-sta.jp
連絡先 TEL.0475-53-3509

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る