少年野球選手のメディカルチェックを実施

市原市少年野球協会

 12月13日(日)、市原市臨海体育館において、市原市少年野球協会に所属する選手のうち、4~6年生210名を対象にメディカルチェックが行われました。これは、市原市地域振興財団主催・市原市少年野球協会共催で、千葉メディカルセンターの全面的なサポートを受け開催されたものです。
 肘のエコー検診は千葉メディカルセンター、千葉大学、千葉ろうさい病院の医師5名に実施していただきました。検診箇所は肘の外側の肘関節ネズミ(離断性骨軟骨炎)です。肘関節ネズミは加療に時間がかかり、最も後遺症を残す可能性のある障害です。これを初期段階で見つけて治療すれば、後遺症を残すことなく回復させられるとのことです。体の可動域チェックは千葉メディカルセンターの理学療法士5名に担当していただきました。肩・肘・股関節・体幹チェックをし、体が柔らかいか、硬いかを診断、また、全員が理学療法士2名からストレッチの方法も指導していただきました。
 今回のメディカルチェックの目的は、市原市少年野球協会とチームが一体となって選手たちの健康管理を行い、安心して野球ができる環境システム作りの一環とすることでした。千葉メディカルセンター・藤田スポーツ医学センター長(全日本女子バレーボールチームドクター)のお話によりますと、このような検診をした場合、肘の故障者の約95%は初期段階で見つかり、痛くなってから病院に行った場合は、故障者の約70%が進行期・終末期となっていることが多いそうです。このように検診の重要性は明らかになっており、また、藤田医師は、肘痛だからといって安易に休ませることもしない、とのことでした。現在集計中のデータですが、結果が出た時点で活用し、チーム監督とさらに予防的なストレッチやフォーム指導に役立てていきたいと考えております。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…
  2. ホソミオツネントンボ(越冬中)  日本では200種ほどのトンボが生息しているとされています。主に、春から秋に観察でき、身近…
  3. 【写真】いちはらフィールドマップ巡り・市原にて  市原市姉崎在住の石黒修一さん(76)は、『地域を知り・守り・愛する』とい…
  4.  近年、湾岸沿いの工場夜景が注目され、ナイトクルーズが運航されるほどになっていますが、多くの石油・化学工場が林立する市原市の五井・姉崎海岸付…
  5. 【写真】ダリア花(茂原市立美術館蔵)  2月14日(水)~3月24日(日)、茂原市立美術館で、千葉県誕生150周年記念事業…
  6.  今回は、自分の好きなベストスリーに入る監督を取り上げます。読者の方々には、作品は知っているけれど、監督には馴染みがない、という方もいらっし…
  7.  今回と次回で、未来の話をしたいと思います。今世紀の中頃までに世界の人口は100億人を超えると言われています。気候変動により農作物の生産がま…
  8. 【写真】人々に語りかける中村医師 写真提供:PMS(平和医療団・日本)  昨年11月25日、ちはら台コミュニティセンター(…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】『音楽堂in市原《私の十八番》ガラコンサート』にて。ヴァィオリン・川井郁子さん、ピアノ・熊本マリさん  市原市市制…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る