少年野球選手のメディカルチェックを実施

市原市少年野球協会

 12月13日(日)、市原市臨海体育館において、市原市少年野球協会に所属する選手のうち、4~6年生210名を対象にメディカルチェックが行われました。これは、市原市地域振興財団主催・市原市少年野球協会共催で、千葉メディカルセンターの全面的なサポートを受け開催されたものです。
 肘のエコー検診は千葉メディカルセンター、千葉大学、千葉ろうさい病院の医師5名に実施していただきました。検診箇所は肘の外側の肘関節ネズミ(離断性骨軟骨炎)です。肘関節ネズミは加療に時間がかかり、最も後遺症を残す可能性のある障害です。これを初期段階で見つけて治療すれば、後遺症を残すことなく回復させられるとのことです。体の可動域チェックは千葉メディカルセンターの理学療法士5名に担当していただきました。肩・肘・股関節・体幹チェックをし、体が柔らかいか、硬いかを診断、また、全員が理学療法士2名からストレッチの方法も指導していただきました。
 今回のメディカルチェックの目的は、市原市少年野球協会とチームが一体となって選手たちの健康管理を行い、安心して野球ができる環境システム作りの一環とすることでした。千葉メディカルセンター・藤田スポーツ医学センター長(全日本女子バレーボールチームドクター)のお話によりますと、このような検診をした場合、肘の故障者の約95%は初期段階で見つかり、痛くなってから病院に行った場合は、故障者の約70%が進行期・終末期となっていることが多いそうです。このように検診の重要性は明らかになっており、また、藤田医師は、肘痛だからといって安易に休ませることもしない、とのことでした。現在集計中のデータですが、結果が出た時点で活用し、チーム監督とさらに予防的なストレッチやフォーム指導に役立てていきたいと考えております。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  2.  大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート…
  3.  年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談…
  4.  出産後すぐのお母さんは、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で、体調を崩しやすくなっています。この時期に、医師、助産師、保健師等の専門職…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る