毒痛みか毒溜めかドクダミ

 里山の陽があたる所とあたらない所の境目で白い花が咲き始めた。半日陰地に好んで群生するドクダミ(蕺草)だ。しぶき(蕺)という見慣れない字はドクダミの古語。
 ドクダミ科ドクダミ属の多年草で、高さ15~30センチ、地下の白い根茎が横に伸びて繁茂する。地上の茎はよく分枝してやや赤みを帯びる。葉は互生、長さ5センチ、先が短くとがる心形。暗緑色の葉は柄や縁に赤みがある。茎上部の白い十字花冠のように見えるのは総苞片。その上に長さ1~3センチの花穂を出し、小さな花を多数つける。一つ一つの花に花弁はなく、黄色は飛び出した雄しべの葯。柔らかな葉をもむと一種独特の臭いがする。
 名前の由来は、毒や痛みに効くという「毒痛み」と、なにかの毒が入っている臭気ではと「毒溜め」の二通りある。ドクダミは古書の「わが国の馬医、これを馬に用いると、十種の薬の効能があるので、十薬という」から、漢方の生薬名が十薬(じゅうやく)。民間薬としても万病に向く薬草として塗布剤、入浴剤、お茶などに使われてきた。アニメのアンパンマンに登場するドクダミ夫人はドクダミ茶を作ることから子供たちにはなじみのキャラクター。
 野草料理に参加した時は臭いに敬遠して、食材から除いた。紙に挟んで火に炙ったり、茹でて水にさらすなど、高熱処理でいやな臭いは消失するそうだ。生の葉も揉まなければ臭わないようで、白い花の群生を見たとき、臭いに気付かなかった。群生地の奥も見たかったが踏み歩いて靴に臭いが残ると困るので思いとどまった。
 市原の自然は豊かで美しい、いつまでも大切に残していきたい。

(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  2.  丘陵地と広がる水田は、緑も水も豊かな房総の里山を象徴する風景。いすみ市万木にある千葉県いすみ環境と文化のさとは、この身近な里山の自然や長年…
  3.  日本ではあまり浸透していない様ですが、欧米ではヴィーガン(完全菜食主義・注1)レストランがたくさんあります。さらに殆どの店がヴィーガンメニ…
  4.  京成千葉寺駅から徒歩7分、千葉市ハーモニープラザ内に今年新たにコミュニティセンターができました。当初は4月オープン予定でしたが、新型コロナ…
  5. [caption id="attachment_36983" align="alignright" width="300"] 黄縮緬葉瑠璃筒…
  6.  市原市国分寺台のいちはら市民ネットワークギャラリーで、小田慶子さんによる『バングラデシュと日本の手仕事展』が今月末まで開催されている。ハー…
  7.  本協会は昭和50年(1975年)設立、ピーク時の傘下チームは60を数えましたが、昨今の少子化により、現在は17チームで活動しています。三和…
  8.  東金市ではオリーブの産地化を目指し、市で公募した43軒の農家が3000本のオリーブの木を栽培している。昨年秋には台風により、収穫を控えてい…
  9.  緊急事態宣言が解除され、詐欺の犯人など動きが活発になると予想されています。事例を参照に、注意していきましょう。 ◇警察官を騙る ・XX…

ピックアップ記事

  1.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る