文と絵 山口 高弘

 雨の日のある夕方、僕は親友の新居にいました。彼は結婚して一軒家を建て、この夏の終わりに結婚披露宴を控えています。白い邸宅の洒落たリビングで、新郎の彼と僕は、披露宴の話で盛り上がっていました。彼の花嫁は食事会に出かけていて留守でした。新郎が僕に、頼み事をしました。
「披露宴で花嫁がお色直しで退席する時に、寸劇をやりたいんだけど協力してもらえる?」大丈夫だよ、と僕は答えました。彼は続けます。「花嫁が普通に退席するのはありきたりだから、花嫁が『悪魔』に連れて行かれて、新郎の俺が救出しに行く寸劇をしたいんだ。花嫁を追いかけて俺が退席したら、救出の様子が会場のスクリーンに写真で放映されるの。無事に救出した写真が放映されたら、会場の扉が開いて、お色直しを終えた新郎新婦が再登場するってわけ」
 さすが!と僕は笑いました。人を楽しませるのが好きな彼ならではの案です。僕と花嫁も旧知の仲だから、全員の連携も問題ないはず。僕が『悪魔』を演じることに決まって、ディズニー映画に登場する、ある魔女の衣装を着ることになりました。早速ネットで衣装を注文し、『救出劇』の大げさな写真を室内で撮り始めます。いつしか時計は夜12時を回り、「ピンポーン」花嫁が帰宅しました。
 おかえり、と言うなり新郎が報告しました。「例の余興の話、まとまったよ」すると花嫁の血相がみるみる変わりました。「あの案には反対したじゃない!披露宴に『悪魔』なんて不吉だわよ!…あ、お久しぶりです、こんばんは」花嫁の強烈な挨拶に、僕は会釈をするのがやっとでした。「だって、俺らしいじゃないか…」新郎が反論すると、花嫁は、シンデレラのような笑顔で、しかし雪のように冷たく、愛する新郎を諭しました。「ありのままの自分なんて、披露しなくてもいいのよ」

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
 小学4年秋~1年半、毎週、千葉日報紙上 で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月~イラストを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る