ありのまま

文と絵 山口 高弘

 雨の日のある夕方、僕は親友の新居にいました。彼は結婚して一軒家を建て、この夏の終わりに結婚披露宴を控えています。白い邸宅の洒落たリビングで、新郎の彼と僕は、披露宴の話で盛り上がっていました。彼の花嫁は食事会に出かけていて留守でした。新郎が僕に、頼み事をしました。
「披露宴で花嫁がお色直しで退席する時に、寸劇をやりたいんだけど協力してもらえる?」大丈夫だよ、と僕は答えました。彼は続けます。「花嫁が普通に退席するのはありきたりだから、花嫁が『悪魔』に連れて行かれて、新郎の俺が救出しに行く寸劇をしたいんだ。花嫁を追いかけて俺が退席したら、救出の様子が会場のスクリーンに写真で放映されるの。無事に救出した写真が放映されたら、会場の扉が開いて、お色直しを終えた新郎新婦が再登場するってわけ」
 さすが!と僕は笑いました。人を楽しませるのが好きな彼ならではの案です。僕と花嫁も旧知の仲だから、全員の連携も問題ないはず。僕が『悪魔』を演じることに決まって、ディズニー映画に登場する、ある魔女の衣装を着ることになりました。早速ネットで衣装を注文し、『救出劇』の大げさな写真を室内で撮り始めます。いつしか時計は夜12時を回り、「ピンポーン」花嫁が帰宅しました。
 おかえり、と言うなり新郎が報告しました。「例の余興の話、まとまったよ」すると花嫁の血相がみるみる変わりました。「あの案には反対したじゃない!披露宴に『悪魔』なんて不吉だわよ!…あ、お久しぶりです、こんばんは」花嫁の強烈な挨拶に、僕は会釈をするのがやっとでした。「だって、俺らしいじゃないか…」新郎が反論すると、花嫁は、シンデレラのような笑顔で、しかし雪のように冷たく、愛する新郎を諭しました。「ありのままの自分なんて、披露しなくてもいいのよ」

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
 小学4年秋~1年半、毎週、千葉日報紙上 で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月~イラストを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…
  2.  大網白里市を拠点に活動する『浜太鼓』は、今年結成20周年を迎えた。11月30日(土)には、大網白里アリーナで『結成20周年記念コンサート…
  3.  年々増加している児童虐待。子どもが死亡する痛ましい事件も後を絶ちません。市原市でも平成30年度では新規の虐待相談が399件と、多数の相談…
  4.  出産後すぐのお母さんは、ホルモンバランスの変化や慣れない育児で、体調を崩しやすくなっています。この時期に、医師、助産師、保健師等の専門職…
  5. パスカルの原理(化学の力)を利用したおもちゃを作ったり、スライムづくりに興じたり。8月17日、小学生を対象にyouホール(市原市勤労会館・…
  6.  鹿児島県出身で、市原市美術会・市原市文化団体連合会を設立し、フランスの近代美術館やイギリス王室にも作品が所蔵されている日本画家、故・古城…
  7. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  8.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  9.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  10. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  いつもご愛読、ありがとうございます。地域情報紙『シティライフ市原版』は、おかげさまで今号で1500号の発行を迎えることができました。これ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る