ありのまま

文と絵 山口 高弘

 雨の日のある夕方、僕は親友の新居にいました。彼は結婚して一軒家を建て、この夏の終わりに結婚披露宴を控えています。白い邸宅の洒落たリビングで、新郎の彼と僕は、披露宴の話で盛り上がっていました。彼の花嫁は食事会に出かけていて留守でした。新郎が僕に、頼み事をしました。
「披露宴で花嫁がお色直しで退席する時に、寸劇をやりたいんだけど協力してもらえる?」大丈夫だよ、と僕は答えました。彼は続けます。「花嫁が普通に退席するのはありきたりだから、花嫁が『悪魔』に連れて行かれて、新郎の俺が救出しに行く寸劇をしたいんだ。花嫁を追いかけて俺が退席したら、救出の様子が会場のスクリーンに写真で放映されるの。無事に救出した写真が放映されたら、会場の扉が開いて、お色直しを終えた新郎新婦が再登場するってわけ」
 さすが!と僕は笑いました。人を楽しませるのが好きな彼ならではの案です。僕と花嫁も旧知の仲だから、全員の連携も問題ないはず。僕が『悪魔』を演じることに決まって、ディズニー映画に登場する、ある魔女の衣装を着ることになりました。早速ネットで衣装を注文し、『救出劇』の大げさな写真を室内で撮り始めます。いつしか時計は夜12時を回り、「ピンポーン」花嫁が帰宅しました。
 おかえり、と言うなり新郎が報告しました。「例の余興の話、まとまったよ」すると花嫁の血相がみるみる変わりました。「あの案には反対したじゃない!披露宴に『悪魔』なんて不吉だわよ!…あ、お久しぶりです、こんばんは」花嫁の強烈な挨拶に、僕は会釈をするのがやっとでした。「だって、俺らしいじゃないか…」新郎が反論すると、花嫁は、シンデレラのような笑顔で、しかし雪のように冷たく、愛する新郎を諭しました。「ありのままの自分なんて、披露しなくてもいいのよ」

☆山口高弘 1981年市原生まれ。
 小学4年秋~1年半、毎週、千葉日報紙上 で父の随筆イラストを担当し、本紙では97年3月~イラストを連載。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…
  2.  今年の梅雨前線は活発化と停滞によって、南九州に集中豪雨をもたらした。一週間で1カ月分の雨量が降ってしまった場所もあるという。地盤が多量…
  3.  ふらりと入ってきた男性が、食い入るように海の生物たちの絵画を眺めて歩き、呟いた。「水族館に来たみたいだ」。田園の美術館(いすみ市郷土資料…
  4. ハンノキ  夏の眩しい陽光を浴びて輝き、風に揺れるハンノキの葉を見ていると、どことなく風情を感じます。市内では、長年放置された休耕田や湿…
  5.  長生郡長南町在住の田邉智和さんは、昨年10月に福井県で開催された第18回全国障害者スポーツ大会『福井しあわせ元気大会』の一般卓球部門に千…
  6.  市原市バスケットボール協会は昨年度、創立50周年を迎え、8月末グランドホテルにてご来賓の方々をはじめ役員、選手と多くの懐かしい顔ぶれに大…
  7. 『オペラ』は敷居の高い芸術…。そんな一般的イメージを払拭するかのように老若男女が楽しみながら和気藹々と稽古し舞台を重ねる『勝浦歌劇団』。総…
  8. ~助けていただいた命~ 私には4人の子どもがおりますが、3番目の子どもが妊娠4カ月の頃、切迫早産で大量出血し、緊急入院したことがありました…
  9.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  10. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…

ピックアップ記事

  1.  「全然当たりません。どこがいけないですか?」「どうしたらもっと飛びますか?」と、自分から熱心に質問したり、ボールを入れた籠が空になるま…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る