季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

案山子は鳥獣などの食害から稲を守るために立てられた人形であるが、彼がその役割を果たしていると思う人は少ないだろう。明治期の小学唱歌「山田の案山子」でさえ一本足で立ち続ける木偶の坊ぶりを揶揄しているのだから▼今時は風船に大目玉を描いたものを吊るしたり、光を反射するテープを張りめぐらしたり、空砲を鳴らして雀などを追い払うが、全ての田にそれらが施されていないところを見ると雀の食害はさほどではないのかも知れない▼とはいえ案山子は健在だ。今や案山子祭りと称し、募集した創作人形を五十体、百体と展示する地域もある。それも面白いが、私としては昔ながらの一本足の案山子がぽつんと立っているほうが好ましく思えるのだが…。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る