夏もあっという間に終わり、いよいよ秋の到来ですが、まだまだ暑い日々が続いています。皆さん夏バテなどしていませんか?今回はそんな夏バテで食欲がないという方にオススメのメニュー、ハーブのピクルスを紹介したいと思います。まずは使用する酢とローズマリー、タイムの効用から。

  1. 酢の効用:
  2. 食欲増進。香りが嗅覚を、酸味が味覚を刺激することにより脳が刺激され、唾液や胃液が分泌される。
  3. 疲労回復、肩こり解消。 筋肉に溜まった乳酸の代謝を促進させる。
  4. ダイエット効果。内臓脂肪の減少、血糖値の上昇抑制、便通の改善(腸内環境の改善)。
  5. 美肌効果。血液をサラサラにする効果があるので組織に溜まった老廃物を排出しやすくなる。
  6. 殺菌効果。/ローズマリーの効用:抗菌、新陳代謝・血行促進、老化防止。/タイムの効用:疲労回復、殺菌、強壮、防腐、抗ウィルス。

・材料(ピクルス液)
バルサミコ酢50ml、白ワインビネガー50ml、白ワイン200ml、唐辛子1本、黒胡椒10粒、塩少々、黒糖小さじ1、ニンニク 一片(スライス)、ローリエ1枚、ローズマリー&タイム各2枝(各1本は飾り付け用)。野菜は大根、ニンジン、キュウリ、セロリ、オリーブ、パプリカなどお好みで。

  1. ・作り方
  2. 鍋に白ワイン、唐辛子、黒胡椒、砂糖、ニンニク、ローズマリー&タイム各1本ずつ入れる。
  3. ①を沸騰させ、アルコール分を十分に飛ばしたら火を止め、バルサミコ酢、白ワインビネガーを入れる。
  4. ②が冷める間にお好みの野菜をスティック状に切る(容器の高さよりも低く、揃うように切る)。
  5. 野菜スティックを瓶の中に立てるように入れたら、ある程度冷めたピクルス液を容器の中に野菜が隠れるまで注ぐ。
  6. 飾りのローズマリー&タイムを乗せ出来上がり。

約2時間ほど経てば食べられますが、一晩くらい寝かせるのが理想。約一週間程(常温でも可)で食べきります。

長谷川良二。市原市在住。ハーブコーディネーター、ガーデニングコーディネーター、歯科医師。公民館でのハーブの指導や、料理教室を開催しながら自然栽培で野菜を育て、養鶏、養蜂にもトライ中。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…
  2.  現在ブームが続いているキャンプ。アウトドアで密にならないこともあり、キャンプ場だけでなく、自宅の庭などで楽しむ手軽なタイプも人気だ。ただ、…
  3.  千葉市緑区のホキ美術館では11月7日(日)まで、『STORIES─永遠の人物画展』を開催中。写実絵画を専門とする同館で最も所蔵が多い人物画…
  4. 木々に囲まれた家で暮らしたい、理想の庭を作りたい、そんな思いで長い間ずっと温めてきた自身の夢、『森の中の家』に住まいを移してから今年の9…
  5.  市原市在住、須田和人さんのスポーツ指導者としての実績が素晴らしい。市内の高校陸上競技部顧問として15年連続、計62種目、延べ128名をイン…
  6.  長柄ダム湖畔の高台に建つロングウッドステーション。隣の大きな駐車場の一角には、昨年オープンした『太陽ファーム加工場』と、今年オープンした『…
  7.  皆さんはアリにキノコが生えるのをご存じですか? この写真はムネアカオオアリに寄生しているマルミアリタケです。森の中の朽木からミニチュアのミ…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  一宮川流域では過去30年で4回の浸水被害に見舞われている。中でも令和元年10月の豪雨は未曽有の被害をもたらした。この災害を受けて県は昨年度…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る