雑木林に浮き上がるヤマザクラ

 野生のサクラが咲き始めると、雑木林にこんもりした樹形が浮き上がる。何本か一望できる所では白から茶褐色のようなものまで色合いが多彩。その多くは花と葉が同時に展開するヤマザクラ(山桜)だ。
 バラ科サクラ属の落葉高木で高さ10~15メートル。葉腋から散房状に2~5個の花は、直径3センチぐらいの5弁。長さ1センチぐらいの柄がある。つぼみの時は淡紅色で、開いたときは白く先端に少し淡紅が残る。数10本ある雄しべの花糸は白から淡紅、紅色と徐々に変わる。葉の色も新芽は赤、茶、黄、緑と変異が多く、広がるにしたがって緑に変わる。数日経って見直すと、花と葉の色の移り変わりが楽しめる。6月頃、黒く熟すサクランボは大きさ8ミリぐらいで食用には向かない。
 サクラはキクと並び日本の国花として国民に愛されている。今、桜の名所といえばソメイヨシノとカワヅザクラが主流。古くは桜といえばヤマザクラを指し、万葉集で詠われた桜はヤマザクラ。緻密な木肌は加工性に優れ、「真桜」「本桜」といって建築、家具、器具に使われる。カバやミズメを用いた「サクラ材」や外国産の「チェリー材」とは明確に区別される。樹皮は工芸、細工、花は桜茶、葉は桜餅と今でも生活に役立っている。
 市原ではマメザクラ(豆桜)、オオシマザクラ(大島桜)、カスミザクラ(霞桜)という種類も見られる。数が少なく、近くに寄らなければ見分け難い。国府が置かれた時代も咲いていたであろうヤマザクラが、今も普通に見られるのは市原の自然が豊かな証。古い歴史とともにいつまでも大切に残していきたい。
(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る