雑木林に浮き上がるヤマザクラ

 野生のサクラが咲き始めると、雑木林にこんもりした樹形が浮き上がる。何本か一望できる所では白から茶褐色のようなものまで色合いが多彩。その多くは花と葉が同時に展開するヤマザクラ(山桜)だ。
 バラ科サクラ属の落葉高木で高さ10~15メートル。葉腋から散房状に2~5個の花は、直径3センチぐらいの5弁。長さ1センチぐらいの柄がある。つぼみの時は淡紅色で、開いたときは白く先端に少し淡紅が残る。数10本ある雄しべの花糸は白から淡紅、紅色と徐々に変わる。葉の色も新芽は赤、茶、黄、緑と変異が多く、広がるにしたがって緑に変わる。数日経って見直すと、花と葉の色の移り変わりが楽しめる。6月頃、黒く熟すサクランボは大きさ8ミリぐらいで食用には向かない。
 サクラはキクと並び日本の国花として国民に愛されている。今、桜の名所といえばソメイヨシノとカワヅザクラが主流。古くは桜といえばヤマザクラを指し、万葉集で詠われた桜はヤマザクラ。緻密な木肌は加工性に優れ、「真桜」「本桜」といって建築、家具、器具に使われる。カバやミズメを用いた「サクラ材」や外国産の「チェリー材」とは明確に区別される。樹皮は工芸、細工、花は桜茶、葉は桜餅と今でも生活に役立っている。
 市原ではマメザクラ(豆桜)、オオシマザクラ(大島桜)、カスミザクラ(霞桜)という種類も見られる。数が少なく、近くに寄らなければ見分け難い。国府が置かれた時代も咲いていたであろうヤマザクラが、今も普通に見られるのは市原の自然が豊かな証。古い歴史とともにいつまでも大切に残していきたい。
(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…
  2.  市原市立内田小学校が2021年(令和3年)3月に閉校した。明治の開校以来、148年に及ぶ歴史に幕が下りたのだ。個人的には非常に感慨深い。同…
  3.  市原市・市東地区の奈良に、高さ2m余りの釈迦如来像の石仏「奈良の大仏」がある。  平将門が、新皇を名乗りこの地の北方に京を模した都を構え…
  4.  コロナ禍で外での食事を制限されている中、家ではちょっとした工夫を凝らしながら楽しむようにしています。採れたハーブをその日の気分によって何種…
  5. 世界中で新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、アフリカの状況はどうなっているのでしょうか? ルワンダの首都キガリで幼稚園と小学校を設立し、…
  6.  山武市と東金市の境に位置する『成東・東金食虫植物群落』。大正9年(1920年)に日本で初の国天然記念物の1つとして指定され、昨年100年を…
  7.  睦沢町の田園風景のなかに建つ、ギャラリー801。様々な分野の作家が作品を出している常設展と、毎月3週間ほど開催される企画展を行っている。今…
  8.  3月20日(土)から4月5日(月)、及び4月17日(土)から5月16日(日)の2期間にかけて、千葉市中央区にある千葉市科学館では『ポップア…
  9. [caption id="attachment_38464" align="alignright" width="350"] 作業小屋兼ギャ…
  10.  3月の山を歩いていると赤いヤブツバキの花が目立ちます。虫のいない時期ですが、野鳥たちが蜜を目当てに次々と訪れています。椿の花は花びらと雄し…

ピックアップ記事

  1.  市原市出身のマジシャンPiace(ピース)として活躍する内藤淳也さん(26)。マジック界最大のジャパンカップにて、国内で最も活躍した若手マ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る