雑木林に浮き上がるヤマザクラ

 野生のサクラが咲き始めると、雑木林にこんもりした樹形が浮き上がる。何本か一望できる所では白から茶褐色のようなものまで色合いが多彩。その多くは花と葉が同時に展開するヤマザクラ(山桜)だ。
 バラ科サクラ属の落葉高木で高さ10~15メートル。葉腋から散房状に2~5個の花は、直径3センチぐらいの5弁。長さ1センチぐらいの柄がある。つぼみの時は淡紅色で、開いたときは白く先端に少し淡紅が残る。数10本ある雄しべの花糸は白から淡紅、紅色と徐々に変わる。葉の色も新芽は赤、茶、黄、緑と変異が多く、広がるにしたがって緑に変わる。数日経って見直すと、花と葉の色の移り変わりが楽しめる。6月頃、黒く熟すサクランボは大きさ8ミリぐらいで食用には向かない。
 サクラはキクと並び日本の国花として国民に愛されている。今、桜の名所といえばソメイヨシノとカワヅザクラが主流。古くは桜といえばヤマザクラを指し、万葉集で詠われた桜はヤマザクラ。緻密な木肌は加工性に優れ、「真桜」「本桜」といって建築、家具、器具に使われる。カバやミズメを用いた「サクラ材」や外国産の「チェリー材」とは明確に区別される。樹皮は工芸、細工、花は桜茶、葉は桜餅と今でも生活に役立っている。
 市原ではマメザクラ(豆桜)、オオシマザクラ(大島桜)、カスミザクラ(霞桜)という種類も見られる。数が少なく、近くに寄らなければ見分け難い。国府が置かれた時代も咲いていたであろうヤマザクラが、今も普通に見られるのは市原の自然が豊かな証。古い歴史とともにいつまでも大切に残していきたい。
(ナチュラリストネット/野坂伸一郎)

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…
  2. 江戸絵画の名作を題材とした、新作16点も  既成のイメージへ、新たな視点を提示する現代美術家・福田美蘭。新人洋画家の登竜門・安井賞を最年少…
  3.  茂原市東部台文化会館で活動している、エアロビクス&ヒップホップダンスサークルPSP。代表の鈴木洋美さんは約20年前からエアロビのインストラ…
  4.  モミジの紅葉が関東で一番遅いといわれる房総でも、早くから紅葉する樹々がある。里山の散策路にみられるニシキギ(錦木)もその一つ。ニシキギ科ニ…
  5. 以前、英国の知人に、日本には豊富な食材が揃っていて羨ましいと言われた事があります。英国では数十年前まで、カボチャやトウモロコシ、スイカ、サツ…
  6.  鹿児島県出身。58歳。大学進学のため上京し卒業後、東京学芸大学付属養護学校(現・特別支援学校)にて教職に就く。同校小学部での3年間の勤務を…
  7.  私は事業をやっていますが、未だにうまくいかないことが多いです。子育てもうまくいかないことが多く、悩んだ時期もありました。しかし、今考えると…
  8. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 山武市松尾町在住の並木由美子さん(41)は米農家で、ジュニアフードセラピストとしても活躍している。料理教室では小麦粉の代わりに、生の米を用い…

おすすめ商品

  1. SG-507 ユネスコ世界遺産 フィルム 名入れカレンダー

    世界の自然や遺跡を厳選 – 豪華版・ユネスコ世界遺産シリーズ 1-2月/マチュ・ピチュの歴史保護区…
  2. TD-288 卓上L・大吉招福ごよみ・金運 名入れカレンダー

    金運の黄色と金箔「金運上昇八卦鏡」のW効果!驚異の金運力!金運上昇八卦鏡。 風水で八卦鏡とは、邪悪…
  3. SG-951 卓上 デスクスタンド文字(SB-324)名入れカレンダー

    【人気商品】卓上名入れカレンダーの超ヒット商品! 高級感が漂うシンプルデザイン。重量感のある厚紙を…
  4. SB-103 金澤翔子作品集 名入れカレンダー

    気鋭の書家、金澤翔子さんによる書下ろし作品集。 先天性の障がいを持って生まれた少女が書と出会い、才…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る