房総ジビエの勧め 山里吾郎

 先日、ジビエ料理を頂く機会を得た。市原市を代表する老舗のうなぎ店。店名を書けば誰もが『あぁ』と頷く著名な和食店だが、ここの主人(中村社長)が市内飲食店の先頭に立ってジビエ料理の創作・普及に力を入れている▼温暖さに加え豊かな自然と竹の子や木の実などの豊富な餌。房総半島は猪や鹿などの野生動物にとって格好の棲み処となり、農作物などの被害は深刻さを増すばかりだ▼棲息地も県央部の房総丘陵が中心だったが年ごとに周辺地域を侵食、最近は都市部でも猪の姿が見られるようになった。県も猟友会などと協力して捕獲に力を入れているが、旺盛な繁殖力の前になかなか実効につながらない▼そこで「市原うまいもの会」を主宰する中村社長がジビエ普及に乗り出した。「嫌われものの有害鳥獣も調理法を工夫すれば素晴らしい食材に生まれ変わる」|これが房総ジビエの原動力だ。いくら捕獲を呼び掛けても廃棄中心の処分法では限界がある。美味しく食べることで有効利用につなげ、県民意識を高める。今では県・市も普及に本腰を入れ、定期的に「房総ジビエフェア」が開かれるまでになった▼話を冒頭に戻すと、まずテーブルに上ったのは薄くスライスした猪肉。脂をまとった牡丹色がいかにも色鮮やか。中村社長自らすき焼き鍋で軽く焼いてくれ、野菜、椎茸などの具材と一緒に特製だれで煮付ける▼「もういいよ。猪は余り煮ない方がね」。社長の合図で箸をのばすと思わず「旨い」。当方の笑顔に社長の顔もほころぶ。さらに猪のコロッケ、ソーセージ、鹿肉の生姜焼き…。どれも野性味たっぷりの旨さ、酒も手伝い体中がポカポカと野生のエネルギーに包まれた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る