房総ジビエの勧め 山里吾郎

 先日、ジビエ料理を頂く機会を得た。市原市を代表する老舗のうなぎ店。店名を書けば誰もが『あぁ』と頷く著名な和食店だが、ここの主人(中村社長)が市内飲食店の先頭に立ってジビエ料理の創作・普及に力を入れている▼温暖さに加え豊かな自然と竹の子や木の実などの豊富な餌。房総半島は猪や鹿などの野生動物にとって格好の棲み処となり、農作物などの被害は深刻さを増すばかりだ▼棲息地も県央部の房総丘陵が中心だったが年ごとに周辺地域を侵食、最近は都市部でも猪の姿が見られるようになった。県も猟友会などと協力して捕獲に力を入れているが、旺盛な繁殖力の前になかなか実効につながらない▼そこで「市原うまいもの会」を主宰する中村社長がジビエ普及に乗り出した。「嫌われものの有害鳥獣も調理法を工夫すれば素晴らしい食材に生まれ変わる」|これが房総ジビエの原動力だ。いくら捕獲を呼び掛けても廃棄中心の処分法では限界がある。美味しく食べることで有効利用につなげ、県民意識を高める。今では県・市も普及に本腰を入れ、定期的に「房総ジビエフェア」が開かれるまでになった▼話を冒頭に戻すと、まずテーブルに上ったのは薄くスライスした猪肉。脂をまとった牡丹色がいかにも色鮮やか。中村社長自らすき焼き鍋で軽く焼いてくれ、野菜、椎茸などの具材と一緒に特製だれで煮付ける▼「もういいよ。猪は余り煮ない方がね」。社長の合図で箸をのばすと思わず「旨い」。当方の笑顔に社長の顔もほころぶ。さらに猪のコロッケ、ソーセージ、鹿肉の生姜焼き…。どれも野性味たっぷりの旨さ、酒も手伝い体中がポカポカと野生のエネルギーに包まれた。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  2.  茂原市にある『ほのおか館(旧本納公民館)』で活動する本納陶芸クラブ。成形や絵付け・釉掛けの講師を担当する山本さんが設立し、約30年になる。…
  3.  仕事が休みの日の午前中は、太陽が昇るか昇らないかくらいの薄暗い、まだ肌寒い時間から庭作りを始めます。前日から明日はあれをやろう、これもやっ…
  4.  2020年1月17日、市原市田淵地区の地磁気逆転地層『千葉セクション』にちなみ、約77万4千年~12万9千年前の地質時代が、正式に『チバニ…
  5.  水が湧き出ている水路で、こんもり茂った花茎に白い小さな花がたくさん見られた。幅いっぱいに数メートルに渡って茂っている所もある。  ヨーロ…
  6.  市原市君塚在住の土井清二さん(72)は、2009年6月に出光興産株式会社アグリバイオ事業部を62歳で退職。以降、バックパッカーで一人アジア…
  7. 新型コロナウイルスの感染拡大に便乗して、大手通販サイトを装ったサイバー犯罪や、買った覚えのないマスクが届く悪質商法など、様々な事件が発生して…
  8. ◇住居に入り窃取する侵入盗を防止!  今年に入り、市原市内で住居に侵入し、金品を窃取する侵入盗が散見されています。被害の多くは、ガラス…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る