自己ベストに挑戦

 7月13日、市原緑地運動公園内の臨海プールにおいて『第46回市原市民体育大会水泳競技会』が開催された。主催は市教育委員会と(公財)市体育協会。小学校低学年から60代まで約60名の参加者たちは、それぞれの得意な泳ぎを披露した。
 1つ目の種目、200m個人メドレーで友人たちの声援を受けて立派に泳ぎ切った小2の霜﨑結衣(しもざきゆい)さんは、50m背泳ぎ、小学生低学年女子の部で大会新の50秒34を記録した。自己ベストではなかったもののやはり嬉しそう。「背泳ぎが一番好き。練習がしんどい時もあるけれど楽しい」と話した。喘息によいと聞き、2歳から水泳を始めたのだとか。
 50m背泳ぎ、中学生男子の部で1位になったのは市立辰巳台中3年生の高橋優太朗さん。「自信はありました。絶好調ではなかったけれど嬉しい。来年も頑張りたい」と冷静に意気込みを語った。中学生男子200mリレーで2位だった同中学校のチームメンバーは「他のチームに負けたくない、との思いで泳ぎました」と満足した様子。また、50m背泳ぎ、50歳以上女子の部にエントリーした女性は「15年続けています。泳ぎに集中すると、仕事でのストレスなどが吹き飛んで気持ちがリフレッシュできる」と笑った。
 ダイナミックに泳ぐ人、きれいなフォームで泳ぐ人、自分のペースでゆっくり泳ぐ人、様々だが「人と競うのではなく、前回の自分と競う。記録会とはそういうものです。ぜひ人前に出て、自分を試してみて下さい」と市水泳協会会長の増山至(いたる)さん。
 今年から無料で参加できる未就学児の部を新たに創設。多くのスタッフの監視も徹底しており「安全面はお任せ下さい」とのこと。来年、チャレンジしてみては?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…
  2. [caption id="attachment_37361" align="alignright" width="150"] 稲荷の祠[/c…
  3.  明治時代から天然ガスの採掘が行われている茂原市で、天然ガスに焦点を当てたご当地検定「もばら検定ガス博士」が8月29日・30日に行われました…
  4.  先日のこと。いつものようにパソコンデスクにコーヒーカップを置きました。その時、フッと『こぼしそうだな…』と思ったんです。その後、席を立って…
  5.  つぶらな黒い眼が愛くるしい『ウリ坊まん』。大多喜町特産のタケノコと、同じく町内で獲れるイノシシの肉が具材の肉まんだ。 [capt…
  6. 「持続化給付金」は新型コロナウイルスの影響で売り上げが大きく落ち込んだ事業者が対象で、確定申告の書類や通帳の写しなどを添付し申請、認められれ…
  7.  写真は、昨年10月25日、台風21号の影響による豪雨の直後に、市原市・新番場橋の上から撮影したものです。川幅いっぱいに増水した川の水が今に…
  8.  昨秋の集中豪雨で作品・建物共に被災し、休館していたホキ美術館(千葉市緑区)が8月1日、約9カ月ぶりにリニューアルオープンした。新たなスター…

ピックアップ記事

  1.  今年8月1日、スタートしたばかりの『茂原シニアアンサンブル(以下、茂原SE)』。茂原市ほのおか館(本納公民館)にて、毎週土曜日に練習を行っ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る