自己ベストに挑戦

 7月13日、市原緑地運動公園内の臨海プールにおいて『第46回市原市民体育大会水泳競技会』が開催された。主催は市教育委員会と(公財)市体育協会。小学校低学年から60代まで約60名の参加者たちは、それぞれの得意な泳ぎを披露した。
 1つ目の種目、200m個人メドレーで友人たちの声援を受けて立派に泳ぎ切った小2の霜﨑結衣(しもざきゆい)さんは、50m背泳ぎ、小学生低学年女子の部で大会新の50秒34を記録した。自己ベストではなかったもののやはり嬉しそう。「背泳ぎが一番好き。練習がしんどい時もあるけれど楽しい」と話した。喘息によいと聞き、2歳から水泳を始めたのだとか。
 50m背泳ぎ、中学生男子の部で1位になったのは市立辰巳台中3年生の高橋優太朗さん。「自信はありました。絶好調ではなかったけれど嬉しい。来年も頑張りたい」と冷静に意気込みを語った。中学生男子200mリレーで2位だった同中学校のチームメンバーは「他のチームに負けたくない、との思いで泳ぎました」と満足した様子。また、50m背泳ぎ、50歳以上女子の部にエントリーした女性は「15年続けています。泳ぎに集中すると、仕事でのストレスなどが吹き飛んで気持ちがリフレッシュできる」と笑った。
 ダイナミックに泳ぐ人、きれいなフォームで泳ぐ人、自分のペースでゆっくり泳ぐ人、様々だが「人と競うのではなく、前回の自分と競う。記録会とはそういうものです。ぜひ人前に出て、自分を試してみて下さい」と市水泳協会会長の増山至(いたる)さん。
 今年から無料で参加できる未就学児の部を新たに創設。多くのスタッフの監視も徹底しており「安全面はお任せ下さい」とのこと。来年、チャレンジしてみては?

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る