谷の町、辰巳台の歴史を探る

 4月15日(日)、辰巳公民館主催の講座『ぶらたつみ』が行われ、参加者14名が集った。講師は辰巳台地区まちづくり協議会の北脇義雄さん。全2回の講座の初回となるこの日、約2時間半かけて辰巳台西地区を実際に歩き、周辺の地形や歴史を学ぶ予定だった。が、当日はあいにく、強風と豪雨の悪天候。参加者たちは公民館の一室で、北脇さんの解説に耳を傾けた。
 「私が辰巳台地区について調べようとしたきっかけは、近くの小学校で子ども達に地域の話をする授業をしたことでした。子ども達から、辰巳の昔を聞かれて答えたものの、実際には詳しく知らないと気づいたんです」と北脇さん。講座では、昭和22年から50年までの米軍が撮影した航空写真をスライドで映し、団地がどう形成されたのかを説いた。
 「辰巳台団地は、海岸沿いにある工場労働者の受け皿として着工されました。今は人口1万2千人ほどですが、昭和48年ごろの最盛期は2万5千人が居住していたということです」と話すと、「社宅よりも戸建建築が進んだことも人口減少の背景にあるのでしょうか」などの質問も飛んだ。
 なだらかな丘陵地帯で谷が深く入り込んだ水田の多かった周辺は、山部分を削り崩して住宅街になった。今でも谷の名残を残す団地内を、歴史の一部として確認できなかったのは残念だったが、参加者たちは室内で、かつての辰巳台の風景について懐かしそうに話し合う光景は印象的だった。第2回目は11月下旬に開催予定、好天を祈る。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…
  2. アサギマダラ  渡りをする謎多き美しいチョウ、アサギマダラ。名前の由来は翅の模様が浅葱色(あさぎいろ)と呼ばれる青緑色と、黒い顔に白斑のマ…
  3. 俳画と文 松下佳紀 太陽が沈んでも、まだ明るい夕空。そこに大粒の星がひとつ灯る。一番星だ。それを目敏く見つけた一番蛙が星と目を合わせケロロ…
  4.  山武郡横芝光町で戦前から自家製のぶどうでワインを作り続けてきた『齊藤ぶどう園』では、新たな後継者である齊藤雅子さんが日々奮闘しながら、…
  5.  先日から、各ニュースで報道されていた『5段階の警戒レベルを用いた避難情報』。国が平成30年7月の西日本豪雨の被害を踏まえ改訂したもので…
  6.  5月2日(木)、市原湖畔美術館で開催されたのは『房総里山芸術祭 いちはらアート×ミックス2020 キックオフイベント』。総合ディレクタ…
  7.  5月12日(日)、ゼットエー武道場相撲場にて市原市民体育大会相撲競技が、市原市相撲協会(藤田明男会長)主管で開催された。当日は小中学校…
  8.  4月27日(土)、有秋公民館主催で行われた『フラワーアレンジ』には7名の男女が集まった。5月12日(日)の母の日を控えていたこともあり…
  9.  市原市在住の大水優香(おおみずゆか)さんは昨年5月から今年3月にかけて、国家プログラムの1つ『日本語パートナーズ派遣事業』によりタイの…
  10.  朝起きてから夜寝るまで、私たちの暮らしは守られています。世界各地からニュースとして入ってくる戦争や内乱、飢餓など、国全体を巻き込むよう…

ピックアップ記事

  1.  千葉市文化センターを拠点に稽古を行い、年に一度3月にオリジナル作品を公演している『ちばシニア劇団PPK48』。50歳以上のシニアを中心…

イベント情報まとめ

  1. ◆イベント ●山野草即売会 6/23(日) 9〜15時 房総萬華園(多田ビニール内) 落合 tel.090-6310-9251  ●上総国…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る