谷の町、辰巳台の歴史を探る

 4月15日(日)、辰巳公民館主催の講座『ぶらたつみ』が行われ、参加者14名が集った。講師は辰巳台地区まちづくり協議会の北脇義雄さん。全2回の講座の初回となるこの日、約2時間半かけて辰巳台西地区を実際に歩き、周辺の地形や歴史を学ぶ予定だった。が、当日はあいにく、強風と豪雨の悪天候。参加者たちは公民館の一室で、北脇さんの解説に耳を傾けた。
 「私が辰巳台地区について調べようとしたきっかけは、近くの小学校で子ども達に地域の話をする授業をしたことでした。子ども達から、辰巳の昔を聞かれて答えたものの、実際には詳しく知らないと気づいたんです」と北脇さん。講座では、昭和22年から50年までの米軍が撮影した航空写真をスライドで映し、団地がどう形成されたのかを説いた。
 「辰巳台団地は、海岸沿いにある工場労働者の受け皿として着工されました。今は人口1万2千人ほどですが、昭和48年ごろの最盛期は2万5千人が居住していたということです」と話すと、「社宅よりも戸建建築が進んだことも人口減少の背景にあるのでしょうか」などの質問も飛んだ。
 なだらかな丘陵地帯で谷が深く入り込んだ水田の多かった周辺は、山部分を削り崩して住宅街になった。今でも谷の名残を残す団地内を、歴史の一部として確認できなかったのは残念だったが、参加者たちは室内で、かつての辰巳台の風景について懐かしそうに話し合う光景は印象的だった。第2回目は11月下旬に開催予定、好天を祈る。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  キセキレイは、よく街中で見かけるハクセキレイの仲間ですが、個体数が少なくなっていることや、渓流や川原などの水辺を好んで生息しているため、ハ…
  2. 【写真】神明さん(左)と宗形さん  丸みのある可愛いフォルムから奏でられる心地よい音。それこそ、オカリナの最大の特徴である…
  3.  今年の夏休みのこと。学童保育のイベントで夏祭りを企画し、子どもたちは、紙で作ったお金で出店屋さんで買い物をしました。一人5百円をどう使うか…
  4.  9月の終わり頃にチャドクガの幼虫(毛虫)の毛に触れてしまったようです。チャドクガは蛾の一種で毛先に強力な毒を含んでおり、お茶の木、サザンカ…
  5.  私の生まれ育った芦別は北海道のほぼ中央に位置し、四季折々の美しい自然と星空に恵まれた町です。  昭和59年に「星の降る里」を宣言し、昭和…
  6.  きつね色にこんがり揚がった生地と香り高いカレーの取り合わせが人気のカレーパン。市原市五井西の『クロワッサンファクトリー五井店』の『じっくり…
  7. 【写真】「陰陽師と式神・外道」復元模型 国立歴史民俗博物館蔵  佐倉市の国立歴史民俗博物館にて、企画展示『陰陽師とは何者か…
  8.  市原市在住の俳人である大関博美さんは、俳句結社「春燈(しゅんとう)」と俳人協会の会員であり、今年7月『極限状況を刻む俳句 ソ連抑留者・満州…
  9.  今年は黒澤明監督生誕100年記念。前回に続き、48年前に行った『黒澤明監督5作品48時間フエスティバル』について、上映作品を時系列に紹介し…
  10. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 【写真】神明さん(左)と宗形さん  丸みのある可愛いフォルムから奏でられる心地よい音。それこそ、オカリナの最大の特徴である…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る