季節のスケッチ

俳画と文 松下佳紀

年末に用が生じ東京へ出向いた。田舎に引っ込み、年も取り、めったに東京へ行かなくなったので、都心の人混みに改めて驚いた。街のどこを歩いても人、人、人、特に師走の駅は人間の坩堝だ。この一句はそんな中で出来た▼生かされて、とは宗教的観点を示す。この地球上に存在する生命、人間をはじめ象も蟻も花も蝶も、あらゆる生き物は神仏に加護され、生も死も運命づけられているという意味合いである▼が、多くの人々はそんなことを考えもせず確かな明日を信じて日々懸命に生きているのである。蟻一匹にも等しい私もまた、日が暮れないうちに家に帰ろうと、濁流のような雑踏の中をせかせかと歩くばかりであった。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…
  2. 「オレオレ詐欺」「振り込め詐欺」と言われ、現在も全国で多くの被害が報告されている特殊詐欺事件。千葉県警では、これらの詐欺がまず電話でコンタ…
  3.  市原特産といえば、今が旬の梨。養老川沿いの栄養豊かな土地で大事に育てられた「いちはら梨」は、大きくて歯ごたえの良いのが特徴です。これから…
  4.  6月16日、市原市少年相撲教室が開催され、豪栄道関、妙義龍関、佐田の海関はじめ境川部屋の力士たちが会場のゼットエー武道場を訪れた。朝稽古…

ピックアップ記事

  1.  袖ケ浦公園には現在およそ80匹の『地域猫』がいる。どのような猫たちをこう呼ぶのか。千葉県が作成した『地域ねこ活動に関するガイドライン』に…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 国際交流・市原市オリンピック準備委員会 月2回 姉崎地区(海外と交信あり) 外国人と定期的に交流したい、その準備のために英語…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る