市原ブランド「姉崎だいこん」が「日本農業賞」特別賞を受賞!

市原ブランド「姉崎だいこん」が「日本農業賞」特別賞を受賞!

 市原市姉崎地区の特産品「姉崎だいこん」が、農業関係で最も権威のある「日本農業賞」特別賞を受賞。後継者を中心とした産地の建て直し、共同洗浄選別施設導入に伴う省力化による規模拡大と経営向上、障害者らの地域雇用創出などの取り組みが認められた結果だ。関東で初めて導入した大根洗浄機のおかげで農家の出荷作業が軽減され、より品質の高い大根作りに時間をかけられるようになっている。「作業場では約60名のスタッフがローテーションで選別、箱詰めをしています。まず、トラックごと大根を洗い、その後一本一本を自動洗浄。選別と箱詰めも流れ作業で、この出荷作業も短時間になりました。農家の方も作業が軽減された分、多くの生産と化学肥料と農薬を減らした安全・安心な大根作りができます。また組合として一元出荷になり品質も一定、市場での評価も高くなりました」と大根洗浄選果部部長の泉水さんは話します。昨年は秋大根、春大根と合わせ110万ケースを出荷。今年もまもなく組合農家14軒による秋大根の出荷がスタート。市内の直売所にて販売される。また11月10日(日)あねさき門前市にて、姉崎だいこんを使用したオリジナルの「だいこん料理」や「だいこんスイーツ」などが食べられる「姉崎だいこんグルメ市原D・1グランプリ2013」が開催される。この機会に市原が誇る「姉崎だいこん」をぜひ賞味してみては。

問合せ 姉崎蔬菜組合
TEL 0436・66・8950

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…
  2. 【写真】メインビジュアルデザイン:岡﨑 真理⼦(REFLECTA, Inc.)  千葉県誕⽣150周年記念事業の⼀環と…
  3.  初夏のこの時期、夕暮れから夜にかけて「ホッホウ、ホッホウ」と繰り返す声を耳にすることがある。アオバズクの鳴き声だ。木の樹洞を巣にするので、…
  4.  移住者の視点で、いすみ市と周辺の魅力的な場所をまとめたガイドブック『田舎歩き方・ 暮らし方♯1 千葉県いすみ市とその周辺2024』が4月2…
  5.  ティラノサウルス、トリケラトプス親子、ベロキラプトルなど、紀元前3000年前に存在した巨大な恐竜たちが千葉港に大集結。  リアルな恐竜ロ…
  6.  文学を愛する仲間たちが発刊する文学同人誌『槇』。46年前の1977年(昭和52年)に設立された『槇の会』が発行している。  同会は、『雪…
  7. 【写真】アブドゥルラーマン・アブダラ『最後の3人』(平三)  千葉県誕生150周年記念事業『百年後芸術祭~環境と欲望~内房…
  8.  市原湖畔美術館では、百年後芸術祭|内房総アートフェス|の一環として『ICHIHARA×ART×CONNECTIONS|交差する世界とわたし…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  5月26日(日)、市原市市民会館の大ホールで『第17回 シニアアンサンブル全国大会 創立25周年記念』が開催される。主催はNPO法人全日本…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る