市原ブランド「姉崎だいこん」が「日本農業賞」特別賞を受賞!

市原ブランド「姉崎だいこん」が「日本農業賞」特別賞を受賞!

 市原市姉崎地区の特産品「姉崎だいこん」が、農業関係で最も権威のある「日本農業賞」特別賞を受賞。後継者を中心とした産地の建て直し、共同洗浄選別施設導入に伴う省力化による規模拡大と経営向上、障害者らの地域雇用創出などの取り組みが認められた結果だ。関東で初めて導入した大根洗浄機のおかげで農家の出荷作業が軽減され、より品質の高い大根作りに時間をかけられるようになっている。「作業場では約60名のスタッフがローテーションで選別、箱詰めをしています。まず、トラックごと大根を洗い、その後一本一本を自動洗浄。選別と箱詰めも流れ作業で、この出荷作業も短時間になりました。農家の方も作業が軽減された分、多くの生産と化学肥料と農薬を減らした安全・安心な大根作りができます。また組合として一元出荷になり品質も一定、市場での評価も高くなりました」と大根洗浄選果部部長の泉水さんは話します。昨年は秋大根、春大根と合わせ110万ケースを出荷。今年もまもなく組合農家14軒による秋大根の出荷がスタート。市内の直売所にて販売される。また11月10日(日)あねさき門前市にて、姉崎だいこんを使用したオリジナルの「だいこん料理」や「だいこんスイーツ」などが食べられる「姉崎だいこんグルメ市原D・1グランプリ2013」が開催される。この機会に市原が誇る「姉崎だいこん」をぜひ賞味してみては。

問合せ 姉崎蔬菜組合
TEL 0436・66・8950

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  2. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  3. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  4.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  5.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  6.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  7.  小湊鐵道光風台駅から、西方に歩いて15分程にある鶴峯八幡宮。鎌倉時代・建治3年(1277)に本宮大分県の宇佐八幡宮より御分霊を戴き、お祀り…
  8.  昨年も、『こでまりの夢』をお読みいただきありがとうございました。昨年は17年間のコラムをまとめ、出版することが出来ました。これもひとえに、…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る