市原ブランド「姉崎だいこん」が「日本農業賞」特別賞を受賞!

市原ブランド「姉崎だいこん」が「日本農業賞」特別賞を受賞!

 市原市姉崎地区の特産品「姉崎だいこん」が、農業関係で最も権威のある「日本農業賞」特別賞を受賞。後継者を中心とした産地の建て直し、共同洗浄選別施設導入に伴う省力化による規模拡大と経営向上、障害者らの地域雇用創出などの取り組みが認められた結果だ。関東で初めて導入した大根洗浄機のおかげで農家の出荷作業が軽減され、より品質の高い大根作りに時間をかけられるようになっている。「作業場では約60名のスタッフがローテーションで選別、箱詰めをしています。まず、トラックごと大根を洗い、その後一本一本を自動洗浄。選別と箱詰めも流れ作業で、この出荷作業も短時間になりました。農家の方も作業が軽減された分、多くの生産と化学肥料と農薬を減らした安全・安心な大根作りができます。また組合として一元出荷になり品質も一定、市場での評価も高くなりました」と大根洗浄選果部部長の泉水さんは話します。昨年は秋大根、春大根と合わせ110万ケースを出荷。今年もまもなく組合農家14軒による秋大根の出荷がスタート。市内の直売所にて販売される。また11月10日(日)あねさき門前市にて、姉崎だいこんを使用したオリジナルの「だいこん料理」や「だいこんスイーツ」などが食べられる「姉崎だいこんグルメ市原D・1グランプリ2013」が開催される。この機会に市原が誇る「姉崎だいこん」をぜひ賞味してみては。

問合せ 姉崎蔬菜組合
TEL 0436・66・8950

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る