ふるさとビジター館 ヤマコウバシ

ヤマコウバシ

 里山保全された雑木林の中を歩くと、褐色の枯れ葉が纏わりついている木を見かける。クスノキ科クロモジ属のヤマコウバシ。枝を折るといい香りがするので「山香ばし」。
クスノキやクロモジ同様、香りが特徴の落葉低木で高さ3~5メートル。
もう一つの特徴は3月頃まで枝に付いたまま残る枯れ葉。枝から「落ちない」枯れ葉は、合格祈願のお守りに使われる。
4月頃、淡黄色の花は2ミリととても小さく、7ミリの丸い果実は秋に黒く熟す。葉は互生、大きさ5~10センチの長楕円形。
葉が落ちてスカスカ状態になった林は陽が射し込んでとても明るい。葉を残した常緑樹も少しあるので風が遮られ、林の外よりも暖かく感じる。枯れた下生えに積もった落ち葉はフカフカ、歩くとガサガサ鳴る。
足音に驚いた野鳥が飛び回る音が聞こえる。鳥の気配が消えるとまた静寂に包まれる。
冬の里山をのんびりと散策できるのも市原の自然が豊かな証。いつまでも大切に残したい。

ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…
  2.  大月昭和(あきかず)さん(79)・ユキさん夫妻(74)は、揃って日本絵手紙協会公認の絵手紙講師を務めている。昭和さんはよみうりカルチャーセ…
  3.  長南町の山あい、山形俊男さん(77)の自宅には、1枚A4サイズにプリントされ、地域ごとにまとめられた140冊の写真ファイルがある。タイトル…
  4.  茂原市三ヶ谷の服部農園あじさい屋敷は、2万7000㎡の敷地を擁し、山の斜面に広がる1万8000㎡に250品種、1万株以上ものあじさいが優美…
  5.  近年の集中豪雨や大型台風などで起こる風水害。これからのシーズンは特に発生しやすくなる。また、新型コロナウイルス感染症が収束しない中でも、災…
  6. 新型コロナ感染防止対策が長引くなか、新しい詐欺の手口が確認されています。あらためて注意し、被害を未然に防止しましょう。 ◇予兆電話、自宅訪…

ピックアップ記事

  1.  長柄町との境・市原市金剛地にあるブルーベリーの里・ふるさとファーム。5面の畑で180アール・3000株以上が植えられた、県内最大級のブルー…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る