ふるさとビジター館 ヤマコウバシ

ヤマコウバシ

 里山保全された雑木林の中を歩くと、褐色の枯れ葉が纏わりついている木を見かける。クスノキ科クロモジ属のヤマコウバシ。枝を折るといい香りがするので「山香ばし」。
クスノキやクロモジ同様、香りが特徴の落葉低木で高さ3~5メートル。
もう一つの特徴は3月頃まで枝に付いたまま残る枯れ葉。枝から「落ちない」枯れ葉は、合格祈願のお守りに使われる。
4月頃、淡黄色の花は2ミリととても小さく、7ミリの丸い果実は秋に黒く熟す。葉は互生、大きさ5~10センチの長楕円形。
葉が落ちてスカスカ状態になった林は陽が射し込んでとても明るい。葉を残した常緑樹も少しあるので風が遮られ、林の外よりも暖かく感じる。枯れた下生えに積もった落ち葉はフカフカ、歩くとガサガサ鳴る。
足音に驚いた野鳥が飛び回る音が聞こえる。鳥の気配が消えるとまた静寂に包まれる。
冬の里山をのんびりと散策できるのも市原の自然が豊かな証。いつまでも大切に残したい。

ナチュラリストネット/野坂伸一郎

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…
  2.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  3. ここに踏み込んでいいのだろうか…と足が止まってしまうほど美しい場所に着いた。市原市島野在住の和紙絵作家、星かづをさん宅の玄関には、宵闇色のタ…
  4. これから開催される市原近郊の『秋祭り』を紹介します。各お祭りは地域毎に様々な特徴があり、とても魅力的です。ぜひ皆さんも気になるお祭りに足を運…
  5. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  2020年東京オリンピックでサーフィンの会場となる、長生郡一宮町の釣ヶ崎海岸。この一宮の砂浜には、絶滅危惧種のアカウミガメが産卵にやって…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 還暦軟式野球・市原クラブ銀杏 (火)(金)9~12時 三和運動広場 第21回全日本選抜還暦軟式野球大会が9/28~10/1、…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る