スポ協通信 ~パークゴルフを楽しみましょう 市原市パークゴルフ協会~

 パークゴルフは1983年(S58年) 北海道幕別町の公園で発祥したスポーツです。クラブ1本で、ボールをティーグランドからプレーしてカップに入れるまでの打数を競うゲームです。コースは9ホールごとに設定します。コース内にはOB(プレー禁止区域)もあります。3~4人1組で回ります。
 パークゴルフにはその発祥以来の基本的な考え方が3点あります。
①自然を大切にするスポーツ:公園で発祥したことからコース内の樹木・花・芝生等、自然物保護育成に努める。
②三世代交流のスポーツ:世代を問わず多世代で楽しむことができる。年齢・男女差のハンデはない。
③安全で楽しいスポーツ:ルール、マナー、コース、用具は安全に配慮し、楽しさを損なわないようにする。
 このようにパークゴルフは誰もが気軽に楽しむことができる、生涯・世代交流・健康コミュニティスポーツで、その愛好者は現在135万人と言われています。
 市原市パークゴルフ協会は平成10年10月に発足して、本年で23年目を迎えました。三和運動広場に2コースを設定し、毎週3日(月・水・金)に会員相互の親睦と、明る<楽しく元気に練習ゲームをして、会員の健康はもちろん、地域のスポーツ振興にも大いに役立っていると思います。練習とは別に、年4回の定期大会、春秋の2回の親睦大会、別の場所での忘年大会等も実施しています。
 自然を大切に、安全で誰もが楽しめる生涯スポーツとして、さらに多くの人に広めたいと思っています。パークゴルフを通じて日常生活に潤いを求めて楽しむ方も多いです。パークゴルフは楽しい社交場です。みんながルール・マナーを守り、楽しくプレーが出来るようにしていきたいと思っています。

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…
  2.  毎月第2・4(火)・13時半~15時半、東金コミュニティセンターで開かれている『ときがね川柳会』。会員は17名、最高齢は93歳で平均年齢も…
  3.  鴨川市にある私設房総郷土美術館では、6月5日(日)まで『房総が生んだモダニズムの日本画家・酒井亜人展』を開催している。美術館館主の黒川さん…
  4.  来月9日から14日、夢ホール(市原市更級)で『小湊鐵道を撮る仲間たち』展が開催される。この写真展は、写真家の故加賀淺吉氏が中心となり、6年…
  5.  敷地の中にわずか1・5畳ほどの小さな物置小屋を作りました。本来ならもっと早くに作るはずでしたが、次第に物が増え置き場所に困り始めたので、や…
  6.  ちはら台の街には公園が沢山あり、訪れた人の憩いの場となっています。  西には、テニス場がある「堂坂公園」、滑り台がある「睦月公園」、スプ…
  7.  5月になると私は、フクロウが巣を構えるような大きなスダジイを順番に回ります。運が良ければ巣立ったヒナがいるからです。でも今年は声もしないの…
  8.  市原市在住の田波武さんは、昨年4月、パズル界初の『イロハ』3文字を使ったクロスワードパズル、『ひらめきの右脳 理詰めの左脳を覚醒させるイロ…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1. 『一宮ウミガメを見守る会』は3~5月にかけて、『ウミガメがやってくる町・一宮の海をもっと知ろう!』と題し、3回の連続ワークショップを開催し…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る