小湊鐵道で行く、銀河の旅へ

旧里見小学校では『時速30㎞の銀河の旅 乗換駅』が展示された。市原市在住の洋画家である前田麻里さんと脚本家の坂口理子さん、振付師の美木マサオさんがタッグを組んだ同展示はアートいちはら2018春に引き続き2回目の開催。
 宮沢賢治作の『銀河鉄道の夜』と市原で愛される『小湊鐵道』が見事に融合されていた。「部屋に設置された大きなパネルは『銀河鉄道の夜』を抜粋したもの。小さなパネルは、坂口さんによる融合作品です。地質学者が出てくる場面ではチバニアン、リンゴが出てくる場面では市原の名産の梨が登場します。物語の世界に浸りながら、日々の大切な物は何かなって考えてもらえたら」と、前田さんは穏やかに話した。
部屋には、前田さんの描かれた絵の他、天井からは帽子の飾りやメッセージカードが吊るされている。そして前田さんは、「壁にできた影法師にうまく身体を合わせると、帽子をかぶっているような影ができます。吊るされた電車の飾りは回転しているので、これも壁には走っているように映るんです。小さな仕掛けを楽しんで」と続けた。
今回の展示のために制作したという150号のキャンバスの大作には、銀河鉄道と小湊鐵道が一緒に描かれている。前回の始発駅から、今回のテーマは『乗換駅』へと変化。そして次回へと続くのだが、詳細は未定。乞うご期待!

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…
  2.  毎年行われている千葉県調理師大会と料理コンクール。食材が豊富な千葉県の「千産千消」の推進寄与も目的とした同コンクールは、応募の料理を場内に…
  3.  ムラサキシキブ(紫式部)の見ごろである。弓なりに張り出した枝の葉の付け根ごとに3ミリの核果を沢山付ける。6月に咲いた淡紅紫色の花(4ミリ…
  4. 今も健在、観音掘りトンネル  日本には古来から「観音掘り」と言うトンネルの掘削工法があり、将棋の駒に似た上部の尖った形状をしています。トンネ…
  5.  市原市在住の中森敏夫さん(64)は、子どもの頃から好きだったプラモデル作りが高じて、大人になってからは鉄道のジオラマや建築の模型などを含め…
  6.  市原市の上総更級公園を中心に開催される『上総いちはら国府祭り』は、今年で第9回を迎える。10月5日(土)、6日(日)の両日に渡って開催時…
  7.  防犯特集第2回は、第1回に続き「電話de詐欺」について、その手口の変遷と、最も新しい方法を紹介する。  手口の変化は、犯人グループが警察…
  8. きかんしゃトーマス ファミリーミュージカル ソドー島のたからもの 5年間で30万人以上を動員した大人気ミュージカルがみんなの街にやってくる!…

ピックアップ記事

  1.  来週26日(土)に新しい住宅展示場プロジェクト『ちば家博』が東金市北之幸谷にグランドオープン。従来の展示場は大手住宅メーカーが多いが、こ…

イベント情報まとめ

  1. ◆サークル 名曲を歌う会 第2・4(火)  14時半~16時 ギャラリーMUDA(ちはら台駅2分) 1回1,300 円、体験半額 ピアノ…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る