【市原市】ボードに広がる鮮やかな世界

 市原市在住の藤井和子さんはチョークアート作家として、3月21日(祝)にユニモちはら台で開催されるイベント『はぴこら SAKURA2019』に出展する。同イベントは15人の作家が結集して行う教室型合同体験会で、今年で9回目。藤井さんのチョークアート教室は毎年参加しており、大小ふたつのサイズで体験が可能。「オイルパステルを使用して指のぬくもりだけで鮮やかなグラデーションを作り出します。普段は実用的なメモボードやウェディングボード、バースデイボードを手掛けています。絵心がないと心配される方もいますが、大丈夫です。ぜひ体験してみてください」と話す。
  藤井さんがチョークアートを始めたのは7年前。自身も教室体験で魅了されたことがきっかけだった。幼少時代からお絵かきや工作が好きだった藤井さん。趣味で終わることのない探究心から、RSF認定チョークアートインストラクターやパステルPOP認定黒板POPインストラクターを取得。市原市自宅教室をはじめ、柏、八千代、館山、茂原でも教室開催中。イベント、出張も気軽に相談できるのも人気のひとつ。

 「絵は描き手が思うように完成させるもの。私の得意であり、特徴とするのは女の子を描いた作品。ウェディングボードにすることも多いのですが、他の作家さんはあまり使用しない題材です」という藤井さんは、構図をすべて自身で考える。可愛らしい少女や犬、カラフルな花まで作品は多種多様。小さいサイズは15分ほどで完成するとか。子どもからお年寄りまで気軽に楽しめるチョークアートを体験してみてはいかが。イベントは10時から18時まで、当日の受付でOK。 問合せ:藤井さん TEL.090・9808・6697 zukkochan110@ybb.ne.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ


今週のシティライフ掲載記事

  1.  私が生まれ育ったのは、東北地方のある小さな港町。浜辺でよく綺麗な形をした貝殻や、青や緑色をした石のようなガラス玉を見つけて遊んでいた記憶が…
  2.  雑木林を散策すると、頭上の枝先に筆先のようなものが観られることがある。長さ2~3センチ、白っぽい軟毛に覆われている。3月に花開くコブシの花…
  3.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…
  4. 【写真】(前列左から)会長・後藤さん、講師・片岡さん、     (後列左から)会員の常盤さん、後藤さん、市原さん、中村さん …
  5. 【写真】工房の庭にて。小原さん(左)、齊藤さん  睦沢町下之郷に2人の陶芸家が住んでいる。『夢楽工房』を共同で主宰する齊藤…
  6.  寒い冬の真っ只中、皆さんはどうお過ごしでしょうか?家にこもりがちで、外に出ない方も多いかもしれません。こんな時こそ、ウインタースポーツとし…
  7.  秋晴れのなかの11月6日、茂原公園の広場をスタートに『第19回千葉県ウォークラリー大会茂原会場』が開催された。毎年開かれているこの大会も、…
  8.  ツグミという野鳥をご存じの方も多いだろう。体長23~25㎝、白い眉斑で、頭から背面は黒褐色。羽が茶褐色で、胸から腹にかけてはうろこ状の黒い…
  9. シティライフ編集室では、公式Instagramを開設しています。 千葉県内、市原、茂原、東金、長生、夷隅等、中房総エリアを中心に長年地域に…

ピックアップ記事

  1.  コロナ禍で中止していた観音寺(鴨川市)の『ひなまつり』が3年ぶりに開催される。慶応元年(1865年)、現在の鴨川市に生まれ日本のためにと自…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る