【市原市】ボードに広がる鮮やかな世界

 市原市在住の藤井和子さんはチョークアート作家として、3月21日(祝)にユニモちはら台で開催されるイベント『はぴこら SAKURA2019』に出展する。同イベントは15人の作家が結集して行う教室型合同体験会で、今年で9回目。藤井さんのチョークアート教室は毎年参加しており、大小ふたつのサイズで体験が可能。「オイルパステルを使用して指のぬくもりだけで鮮やかなグラデーションを作り出します。普段は実用的なメモボードやウェディングボード、バースデイボードを手掛けています。絵心がないと心配される方もいますが、大丈夫です。ぜひ体験してみてください」と話す。
  藤井さんがチョークアートを始めたのは7年前。自身も教室体験で魅了されたことがきっかけだった。幼少時代からお絵かきや工作が好きだった藤井さん。趣味で終わることのない探究心から、RSF認定チョークアートインストラクターやパステルPOP認定黒板POPインストラクターを取得。市原市自宅教室をはじめ、柏、八千代、館山、茂原でも教室開催中。イベント、出張も気軽に相談できるのも人気のひとつ。

 「絵は描き手が思うように完成させるもの。私の得意であり、特徴とするのは女の子を描いた作品。ウェディングボードにすることも多いのですが、他の作家さんはあまり使用しない題材です」という藤井さんは、構図をすべて自身で考える。可愛らしい少女や犬、カラフルな花まで作品は多種多様。小さいサイズは15分ほどで完成するとか。子どもからお年寄りまで気軽に楽しめるチョークアートを体験してみてはいかが。イベントは10時から18時まで、当日の受付でOK。 問合せ:藤井さん TEL.090・9808・6697 zukkochan110@ybb.ne.jp

関連記事

今週の地域情報紙シティライフ

今週のシティライフ掲載記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…
  2. ◇新型コロナで不審な電話が増加中!  県内の個人宅では、「コロナのことで調べている」という不審な電話が確認されています。市役所職員を…
  3.  2020年は「更級日記」作者・菅原孝標娘(すがわらのたかすえのむすめ)の帰京から1000年。作者は父の上総介(かずさのすけ)任務に伴い、上…
  4.  市原市内の古道に道標を作成・設置し、椎津城跡の整備に協力するなど、文化遺産啓発活動や地域行事に協力を続けている姉崎高校の生徒らが、この…
  5.  サッカー場施設の「市原スポレクパーク」は、子どもから大人までサッカー愛好家が集まる市民・県民のための施設です。広大なピッチはナイター設備を…
  6.  分蜂の季節。ニホン蜜蜂を飼っている者にとっては待ち遠しい、期待に胸膨らむ季節です。桜の花が咲いた2週間後くらいが目安で、偵察蜂が新しい棲み…
  7. 「ダメダメッ、沼の主がいるよ。行っちゃだめー」と、子どもたちが人形に向かって必死に叫ぶ。人形劇『やまなしもぎ』の一場面でのことだ。上演…
  8. ◇多発する車上荒らし、部品盗難に注意!  市原警察署管内では最近、車上ねらいやナンバープレートを狙った部品ねらいの盗難が多発していま…
  9. 11月23日(土)、千葉市中央区のそごう千葉店で開催された『市原市・房総 災害復興フェア』。9月、10月に千葉県を襲った台風15号や暴風雨は…
  10.  毎年、年末は空き巣などの被害が増加する。また、今年は台風15号・19号の被害を狙った悪質商法や盗難事件等も発生しており、千葉県警察で…

ピックアップ記事

  1.  山武市本須賀海岸のほど近く、住宅街の一角に、和泉奏平美術館がある。1993年に48才と若くして逝った画家・和泉奏平の遺作を、自宅アト…

イベント情報まとめ

  1. ※イベントの開催につきまして、ご確認の上ご参加いただきますようお願い申し上げます。 ◆サークル ・よさこいチーム飛翠迅 毎(月) 19~2…

スタッフブログ

ページ上部へ戻る